「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星の紹介:2018年に公開された作品。バイキンマンのゴミ置場にクルンという女の子が現れる。クルンは自分が何の為に生まれてきたのかを忘れてしまっていた。そんな時、空から黒い星が落ちて来て町が黒くなってしまう…。

あらすじ動画

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星の主な出演者

アンパンマン(戸田恵子)、バイキンマン(中尾隆聖)、ジャムおじさん(増岡弘)、バタコさん(佐久間レイ)、ドキンちゃん(冨永みーな)、コキンちゃん(平野綾)、ホラーマン(八尾一樹)、ショクパンマン(島本須美)、カレーパンマン(柳沢三千代)、メロンパンナ(かないみか)、クルン(杏)、町の住人(藤井恒久、岡田結実)、ゴロンゴロ(児嶋一哉)、だだんだん(渡部健)

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星のネタバレあらすじ

【起】– それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星のあらすじ1

それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星のシーン1

画像引用元:YouTube / それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星トレーラー映像

子どもたちは星まつりの為に踊りを練習していました。すると、みみ先生が子ども達にいのちの星について知っているかという質問をしました。ちびぞうくんが元気に手をあげて宇宙から飛んでくると答えたのでした。先生は頷くと説明をしだすのでした。

昔昔そのまた昔、何もない荒れ野だったこの辺りにキラキラしたいのちの星が空から沢山降って来ると、荒れ野は水も湧いて川も流れ、緑の草や木も生えて今みたいに綺麗な場所になったというのです。毎年この町ではいのちの星に感謝する為に星まつりを開きありがとうを伝える文化があったのでした。話が終わると、次の歌を練習しだすのでした。そして星まつりを楽しみにしていると、バイキンマンがやって来て星まつりの準備の邪魔をするのでした。みんなは大きな声でアンパンマンを呼び無事バイキンマンを倒してくれたのです。

倒されたバイキンマンは自分の家に飛ばされたのでした。そして、ドキンちゃんの部屋に落ちてしまいドキンちゃんにとても叱られたのです。そして一緒に飛ばされたロボットの破片はどうするのかとドキンちゃんに聞かれると、バイキンマンは穴の中にゴミを捨てるのでした。穴が通じている場所を宇宙だったのです。そして穴に引っ掛かっているゴミを無理矢理押し込もうとすると、装置が壊れ穴から沢山のゴミが溢れてきたのでした。そしてその中に星の形をしたものが飛んできたのです。その星は形を変え可愛い女の子に変身したのでした。ドキンちゃんがその子に名前を聞くとわからないというのです。バイキンマンはめんどくさいのでクルンという名前をつけたのでした。みんなはクルンと一緒にゲームや花火などをして遊んだのです。クルンはとても喜んだのでした。

みんなが寝静まった夜、チーズが鳴いていたので、ジャムおじさん達は外に出て見ると黒い星が飛んでいたのでした。毎年この時期になると空にいのちの星が沢山見えるはずなのにまだ見えない事にみんなは不安を抱いていました。バイキンマン達も空を眺めているとクルンはあの星を知っているというのでした。バイキンマンが何か尋ねるとわからないと答えるのでした。黒い星は森の中に流れ落ち、土などが黒くなっていたのでした。

クルンはバイキンマンを遊びに誘うのですが、アンパンマンを倒す為に忙しいと言って断られてしまいます。すると、ドキンちゃんとホラーマンがクルンにバイキンマンがアンパンマンに倒されている映像を見せてあげるのでした。アンパンマンを見たクルンは胸の星が少し光るのでした。そして何度も倒されるバイキンマンを見て弱いと答えるのでした。バイキンマンは弱いと言われた事に腹が立ち、クルンを無理矢理連れてある場所へ向かったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×