映画:ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年

「ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年の紹介:2015年公開の日本アニメーション映画。ちびまる子ちゃんの映画化第3弾で、アニメ放送25周年を記念して作られた。まる子の住む町にホームステイで訪れた外国の子どもたちと、まる子たちの友情を軸に、京都&大阪を訪れる様子を描く。

あらすじ動画

ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年の主な出演者

まる子(TARAKO)、お父さん(屋良有作)、お母さん&小杉太(一龍斎貞友)、おじいちゃん(島田敏)、おばあちゃん&長山治(佐々木優子)、お姉ちゃん(水谷優子)、たまちゃん(渡辺菜生子)、花輪和彦(菊池正美)、丸尾末男&穂波真太郎&浜崎辰五郎(飛田展男)、野口笑子(田野めぐみ)、はまじ(カシワクラツトム)、ブー太郎(永澤菜教)、山田笑太&はまじの母(山本圭子)、永沢君男&ヒデじい(茶風林)、藤木茂&たまちゃんの母(中友子)、みぎわ花子(ならはしみき)、山根強(陶山章央)、大野けんいち(沼田祐介)、杉山さとし(真山亜子)、前田ひろみ(浦和めぐみ)、戸川先生(掛川裕彦)、野口笑助(園部啓一)、マーク(菅沼久義)、隣のオヤジ(田中一成)、たこ焼き屋のおじさん(西脇保)、若者(高塚正也)、マルコ(真地勇志)、ナレーション(キートン山田)

ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①花輪宅に世界中から6人の少年少女が10日間のホームステイにやってきた。日本らしさを満喫したいとのことで、自己紹介時からまる子に興味津々だったイタリアの少年・アンドレアがやってくる。半年前に亡くなったアンドレアの祖父の名は、マルコだった。 ②大好きな祖父が生前仲良くしていた夫婦に会いに、アンドレアとまる子は大阪へ行くが、夫婦は東京へ引っ越していた。最後の日ぎりぎりまで探したまる子は夫婦の店を見つけ、アンドレアは満足して帰って行った。

【起】– ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年のあらすじ1

ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年のシーン1

画像引用元:YouTube / ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年トレーラー映像

まる子は本名をさくらももこと言いますが、小さいので「ちび」、丸顔なので「まる」、女の子なので「子」とつけて、ちびまる子ちゃんというあだなで呼ばれています。さらに縮めて「まる子」と呼ばれることが一般的でした。

まる子は静岡県清水市の入江地区に住む小学生です。親友の穂波たまえ、通称・たまちゃんやクラスメイトたちと仲良く学校生活を送り、家では祖父母、両親、姉と暮らしています。

…その日もまる子は大好きなプリンの夢を見て、寝坊してしまいました。夢では幸福でしたが、遅刻しそうになってまる子は急いで学校に出かけます。

初夏。

まる子の住む静岡県清水市の、花輪くんの通っている英会話スクールの先生の紹介で、世界中から6人の少年少女がホームステイにやってきました。みんな小学5年生です。

日本が大好きな子どもたちということで、外国の子たちですが日本語はある程度しゃべれます。

花輪くん宅には昨日から6人の少年少女が来ていました。滞在期間は昨日をふくめて10日間の予定です。

裕福で洋風の花輪くん家だけだと「日本らしさ」を味わえない、もっと日本風の家に滞在したいということで、花輪くんは困っていました。そこでまる子たちを家に招き、外国の子たちを紹介すると言います。

もしホームステイを受け入れられそうであるならば、その旨教えてくれとも発言しました。

まる子、たまちゃん、眼鏡をかけたクラス委員長の丸尾くん、三つ編みにめがねをかけたみぎわさん、鼻の下が長いはまじ、内気なおかっぱの野口さん、細い山根、三角目玉の藤木、たまねぎ頭の永沢、でぶの小杉がパーティーに招待されます。

パーティーは盛大に行なわれました。そこで花輪くんは、6人の少年少女を紹介します。

・マーク…アメリカから来た少年。金髪碧眼の男の子。

・シン…インドから来た少年。黒髪で肌は浅黒く、眠たそうな目。

・ネプ…ハワイから来た少年。天然パーマの茶髪で小太り。

・シンニー…香港から来た少女。髪は肩まで。可愛らしくて一番人気だった。

・アンドレア…イタリアから来た少年。髪の毛と目は茶色っぽく背が高い。

・ジュリア…ブラジルから来た少女。ロングヘアに短パン。いつも少しへそが見えている。

日本側もみんな順番に自己紹介をしたところ、まる子が「あだなはまる子です」と名前を言った時に、アンドレアが反応し「僕はマルコが大好きです」といきなりの告白をしました。イタリア人は女性に積極的だと、みんなはおどろきます。

パーティーが始まってから、小杉とネプは食べる戦いをし、はまじはインド人のシンにやたら気に入られていました。

そんな中、アンドレアはまる子のところへ来て「僕はまる子を知りたい。どうしてそんなニックネームになったのか教えてくれ」と言います。まる子が説明しようとすると、アンドレアと仲良くなりたくて、やきもちを焼いた丸尾が割って入り、話題はそのままになりました。

家に帰ったまる子は、その日、花輪家であったことを話します。日本の暮らしを満喫できる家を募集中ということも伝えた時、おじいちゃんが「日本語が分かるのなら、1人くらいなら、うちでも迎えられそうだな」と言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×