映画:つみきのいえ

「つみきのいえ」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

つみきのいえの紹介:海の中に建っている積木のようなちいさな家に独りで暮らす老人を描いた短編アニメーション。2008年公開。上映時間12分3秒。アカデミー短編アニメ賞、アヌシー国際アニメーション映画祭 アヌシー・クリスタル賞(最高賞)受賞。脚本:平田研也、監督:加藤久仁生。

つみきのいえの主な出演者

登場人物の台詞なし。ただし、日本語版には長澤まさみによるナレーションが加えられたバージョンがある。

つみきのいえのネタバレあらすじ

【起】– つみきのいえのあらすじ1

おじいさんは、海の上に突き出た煙突のような家にひとりで住んでいました。この家も昔は街の中にあったのですが、だんだん海の水が上がってきて、街は水の底に沈んでしまったのです。

部屋の壁には家族との思い出の写真がたくさん飾られています。床には穴が開いていて、おじいさんはパイプをくわえながらその穴に釣り糸を垂らしてのんびり魚を釣ります。毎晩夕食に1杯のワインを飲むのがささやかな楽しみです。

ある朝起きると、部屋の床は水浸しになっていました。

やれやれ・・・おじいさんは積木を積むように、屋根の上にレンガを積み上げてゆきます。水面が上がるたびに上に部屋を建てるので、部屋はだんだん小さくなって行きました。

ようやく新しい部屋ができあがりました。おじいさんは船で部屋の中の荷物を運びます。その時、くわえていたお気に入りのパイプをうっかり落してしまいました。パイプは床の穴から下の部屋へと落ちて行ってしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「つみきのいえ」の商品はこちら

IMAGE

つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]

DVD > アニメ
東宝
長澤まさみ(出演・声の出演),加藤久仁生(監督)

¥1,996
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20