「つみきのいえ」のネタバレあらすじと結末の感想

アニメ映画

つみきのいえの紹介:海の中に建っている積木のようなちいさな家に独りで暮らす老人を描いた短編アニメーション。2008年公開。上映時間12分3秒。アカデミー短編アニメ賞、アヌシー国際アニメーション映画祭 アヌシー・クリスタル賞(最高賞)受賞。脚本:平田研也、監督:加藤久仁生。

つみきのいえの主な出演者

登場人物の台詞なし。ただし、日本語版には長澤まさみによるナレーションが加えられたバージョンがある。

つみきのいえのネタバレあらすじ

【起】- つみきのいえのあらすじ1

おじいさんは、海の上に突き出た煙突のような家にひとりで住んでいました。この家も昔は街の中にあったのですが、だんだん海の水が上がってきて、街は水の底に沈んでしまったのです。
部屋の壁には家族との思い出の写真がたくさん飾られています。床には穴が開いていて、おじいさんはパイプをくわえながらその穴に釣り糸を垂らしてのんびり魚を釣ります。毎晩夕食に1杯のワインを飲むのがささやかな楽しみです。
ある朝起きると、部屋の床は水浸しになっていました。
やれやれ・・・おじいさんは積木を積むように、屋根の上にレンガを積み上げてゆきます。水面が上がるたびに上に部屋を建てるので、部屋はだんだん小さくなって行きました。
ようやく新しい部屋ができあがりました。おじいさんは船で部屋の中の荷物を運びます。その時、くわえていたお気に入りのパイプをうっかり落してしまいました。パイプは床の穴から下の部屋へと落ちて行ってしまいました。

【承】- つみきのいえのあらすじ2

行商の船がやって来ました。おじいさんが新しいパイプを買うか迷っていると、船の中の潜水道具が目にとまりました。
潜水服を着込み、酸素ボンベを背負ったおじいさんは、床の穴から下の部屋に潜ります。パイプは、その下の部屋へと続く穴の扉の上に落ちていました。
パイプを拾い上げた時、ふいにおばあさんの記憶がよみがえります。思わずおじいさんは扉を開けて、下の部屋へと潜ってゆきました。
その部屋には小さなベッドがありました。ベッドに寝ているおばあさんに、おじいさんがスプーンで薬を飲ませている光景が浮かびます。
おばあさんは、もういません。
さらにその下の部屋に潜りました。
ソファが残されていました。思い出の中のおじいさんは、おばあさんと娘夫婦と孫たちと、ソファで記念写真を撮ろうとしていました。おじいさんはシャッターのタイマーを押してソファに駆け寄りますが、転んでしまったところでシャッターが下りました。

【転】- つみきのいえのあらすじ3

その下の部屋では、娘が初めて恋人を家に連れて来た日がよみがえります。とまどうおじいさんに、おばあさんは優しく背中を押します。
結婚式の後、みんなで記念写真を撮りました。その写真を部屋の壁にかけたおばあさんは、おじいさんに微笑みます。
ひとつ下の部屋では、若い頃のおじいさんとおばあさんが小学生の娘と朝の食卓にいました。娘は玄関で迎えの船に乗り込み学校に通います。
若い頃のおばあさんが娘を見送ります。周りにはまだたくさんの家が残っていました。
更に下の部屋にはゆりかごがありました。若い頃のおばあさんが赤ん坊の娘を積木で遊ばせています。
おじいさんは天井を見上げました。いくつもの床の穴は重なって、まるでトンネルのようです。
その下の部屋は、この家の1階でした。
玄関のドアから出たおじいさんは、家を見上げます。建て増しを重ね続けた家は、こどもが積み上げた積木のような不思議な形ではるか上まで伸びていました。

【結】- つみきのいえのあらすじ4

おじいさんは水底を歩きながら、ここが地面だった頃のことを思い出します。
大きな木の下で、男の子と女の子が遊んでいます。やがて2人は少年と少女になり、さらに成長して青年になったおじいさんは、その木の下でおばあさんにプロポーズします。
2人は自分たちの手でレンガを積み上げて、ちいさな家を作ります。つつましい家でしたが、2人はワインで乾杯して笑い合いました。
おじいさんは家の1階で、しばらくぼんやりとしていました。ふと見ると、ワイングラスが床に落ちていました。おじいさんはそれを拾い上げて見つめます。
その晩、新しくできた部屋でおじいさんは夕食のテーブルにつきました。テーブルの上にはおじいさんのワイングラスと、1階で拾ってきたワイングラスが並べられています。
2つのグラスにワインを注いだおじいさんは、自分のグラスを持ち上げておばあさんのグラスにそっと乾杯しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「つみきのいえ」の商品はこちら