映画:ぼろぼろタイヤ

「ぼろぼろタイヤ」のネタバレあらすじと結末

ぼろぼろタイヤの紹介:1943年に製作された、ウォルト・ディズニー・プロダクションによる作品。ドナルド・ダッグを主人公とするシリーズの第44作目となる作品である。監督を務めたのは、ディズニー所属時代にドナルド・ダッグシリーズを多く手掛けたディック・ランディー。日本ではDVDが発売されている他、ディズニーデラックスで鑑賞することができる。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ぼろぼろタイヤの主な出演者

ドナルド・ダッグ(クラレンス・ナッシュ)

ぼろぼろタイヤのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ぼろぼろタイヤのあらすじ1

ぼろぼろタイヤのシーン1  山道を猛スピードで車に乗って下ってくるドナルド。とても荒っぽい運転を繰り広げます。すると途中で突然ハンドルが効かなくなってしまい、スピードを落としました。見るとタイヤがパンクしていました。ドナルドはがっかりして、すぐに修理に取り掛かりました。

【承】- ぼろぼろタイヤのあらすじ2

ぼろぼろタイヤのシーン2  タイヤを取り外して修理に取り掛かるドナルドでしたが、上手くいきません。黒いシャフトを広げようとすると間に挟まれたり、部品が頭に刺さったり。上手くいかない修理にドナルドは苛立ちを募らせていきました。

【転】- ぼろぼろタイヤのあらすじ3

ぼろぼろタイヤのシーン3  タイヤを外しチューブを確認すると、穴だらけになっていました。このチューブを修理しようとしますが、弾力の強いチューブに翻弄されます。なかなか空気が入らないチューブを試行錯誤しているうちに、ドナルド自身がタイヤの中に入り込んでしまいました。

【結】- ぼろぼろタイヤのあらすじ4

ぼろぼろタイヤのシーン2  すっぽりとタイヤの中に納まってしまったドナルド。なんとかタイヤの中からはい出しましたが、伸びたタイヤが縮んだ弾みで飛んでいき、車にぶつかってしまいました。自動的にタイヤが車にはまりましたが、すぐに空気が抜けてしまいました。車にぶつかった衝撃でパニックになってしまったドナルドは、そのままペタンコになったタイヤで運転し始めました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

テンポよくギャグが挟み込まれて、飽きることなく楽しむことができました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ぼろぼろタイヤ」の商品はこちら