「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

2015年公開のアメリカの作品。日本でも大ヒットを記録した2013年公開の「アナと雪の女王」のスピンオフ作品で、実写映画 『シンデレラ』 と同時上映された作品です。 大ヒット作「アナと雪の女王」に登場した、アナ、エルサ、クリストフ、スヴェンなどおなじみのキャラクターたちのその後を描いた短編アニメーションです。アナの誕生日をサプライズで祝うべく一生懸命準備していたエルサとクリストフでしたが、エルサの魔法の力のせいで、サプライズ誕生日パーティはちょっとおかしなことになってしまい…。  

あらすじ動画

アナと雪の女王/エルサのサプライズの主な出演者

アナ(クリスティン・ベル / 神田沙也加)、エルサ(イディナ・メンゼル / 松たか子)、クリストフ(ジョナサン・グロフ / 原慎一郎)、オラフ (ジョシュ・ギャッド / 武内駿輔)、オーケン(クリス・ウィリアムズ / 北川勝博)、ハンス(サンティノ・フォンタナ / 津田英佑)

アナと雪の女王/エルサのサプライズのネタバレあらすじ

【起】– アナと雪の女王/エルサのサプライズのあらすじ1

アナと雪の女王/エルサのサプライズのシーン1

画像引用元:YouTube / アナと雪の女王/エルサのサプライズトレーラー映像

 今日はアナの誕生日。エルサとクリストフは、アナを喜ばせるためにサプライズで開く誕生日パーティの準備をしていました。エルサは、バースデーケーキの飾りを氷の魔法でいくつもデザインし、クリストフは、誕生日パーティの会場の飾り付けをしていました。

 オラフは、アナのアイスクリームケーキをつまみ食いしているところをエルサに見つかり、「アナのケーキでしょ」と叱られます。オラフは、「アナのケーキなんだ…」と言いながら、一度口の中に入れたケーキを口から取り出し元に戻します。エルサは、「会場に誰も入れないように」「何も触らないように」「ケーキから目を離さないように」とクリストフに依頼します。

 エルサは、アナを起こしに向かいます。寝ぼけるアナにエルサは、ハッピーバースディの歌を歌います。アナは、今日が自分が誕生日である事を思い出して、飛び起きます。

2人が誕生日をお祝いするのは今回が初めてで、エルサは、アナに素敵な誕生日を送ってもらうために一生懸命準備してきたのでした。

 アナが着替えていると、エルサはくしゃみをします。くしゃみの反動で可愛い雪だるまが2つ生まれます。アナは、エルサが風邪を引いてしまっているのではないかと心配しますが、エルサは「風邪なんてひかない」「少しも寒くないわ」と歌います。エルサは、魔法でアナのスカートや洋服に可愛いひまわりデザインをつけてあげます。

 エルサは、アナに「この赤い糸をたどって」と言います。アナと、エルサはその赤い糸をたどって、サプライズ誕生日パーティの会場に向かいます。赤い糸をたどっていくと、仮面の中に綺麗なブレスレットが隠されており、エルサはアナにそのブレスレットをつけてあげます。

 一方、誕生日パーティの会場では、クリストフとオラフとスヴェンは昼寝をしており、エルサのくしゃみで生まれた雪だるま2つが会場広場に入ってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×