「ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢」のネタバレあらすじと結末の感想

アニメ映画

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢の紹介:イギリスの大人気クレイアニメ。本国では2008年にテレビ放送された作品だが、日本では翌年に全国で劇場公開。国内での配給は三鷹の森ジブリ美術館。毎度のこと騒動を起こす主人のウォレスと、健気な愛犬グルミットに怪しい影が忍び寄る。クレイアニメとは思えない緻密な動きや、著名映画のパロディが散りばめられたシュールさは大人でも楽しめる作品。

ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢の主な出演者

ウォレス(ピーター・サリス 吹替:津川雅彦)、パイエラ(サリー・リンジー 吹替:森公美子)
※グルミット、フラフルスは台詞なし

ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢のネタバレあらすじ

【起】- ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢のあらすじ1

発明家のウォレスはいつも騒動を起こすものの、気にも留めないのんびり屋。忠犬のグルミットはそんなご主人様を助けるしっかり者です。
二人は『トップ・バン』というパン屋を始め、ウォレスが発明した愉快な機械でパンを製造し、配達しています。
最近街ではパン屋が殺害されるという事件が12件も起き、グルミットは気が気ではありません。しかしウォレスは商売敵が減ったと悠長に構えていました。
二人は配達中に、気球に乗ったパンのCMでかつて人気を博した女優のパイエラに遭遇します。パイエラの自転車のブレーキが壊れ暴走したため、二人は必死で止めようとします。ワニの池に落ちそうになったところで、なんとかパイエラを助け出しました。
現在はぽっちゃり気味のパイエラですが、ウォレスは憧れの女性に会え、舞い上がります。一方グルミットは、自転車のブレーキが壊れていないことに気付き、彼女に不信感を抱きました。

【承】- ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢のあらすじ2

飼い犬のフラフルスがウォレスを誘いたいという理由で、パイエラがグルミットの工場を訪れます。早速ウォレスは仕事を放り投げ、出かけて行きました。ウォレスはその後もパイエラと交流を重ね、もう彼女の虜です。パイエラはウォレスの家にも上がり込み、インテリアを自分仕様にし、グルミットの荷物まで勝手に捨てました。おもしろくないグルミットですが、彼の荷物を拾い届けてくれたフラフルスに恋心を抱きます。
パイエラが財布を忘れたのでグルミットが届ける際、屋敷にこっそりと侵入すると、パン屋殺害事件の犯人がパイエラで、ウォレスを明日殺害予定だという事実を掴みました。
翌朝証拠品のアルバムを持って慌てて帰宅したグルミットですが、家には既にパイエラがおり、ウォレスと婚約したと言うのです。アルバムに気付いたパイエラは、ウォレスに隠れて暖炉に捨てました。グルミットはウォレスを守るため、監視技術を勉強し始めます。

【転】- ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢のあらすじ3

グルミットが厳重警戒するため、計画の邪魔をされて苛立ったパイエラは自分で腕を噛み、グルミットが噛んだことに仕立て上げます。お仕置きとしてグルミットは鎖で繋がれてしまいました。そんな中パイエラがウォレスを機械につき落とそうとしていることにグルミットは気づきますが、助け出すことができません。この危機を救ったのは、フラフルスでした。激怒したパイエラは「パンもパン屋も嫌い。あなたは最低の蒸しパン頭」とウォレスを罵り、家に帰ってしまいます。
何故パイエラが怒ったのか分からずウォレスが落込んでいると、仲直りの印にとパイエラが大きなケーキを持ってきます。喜ぶウォレスですが、パイエラはフラフルスの具合が悪いと言ってすぐに帰ってしまいました。
不安を覚えたグルミットは一人、パイエラの家に向かいます。しかしこれはパイエラの罠で、見つかったグルミットはフラフルスと共に気球の保管庫へ監禁されました。それでも知恵を絞ったグルミットとフラフルスは気球に乗って、ウォレスのもとへ向かいます。

【結】- ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢のあらすじ4

ウォレスはケーキに爆弾が仕掛けられていることを知り、一連の殺人犯がパイエラだとようやく察知します。パイエラはパンを食べすぎたせいで気球に乗れなくなり、女優業がお払い箱になった恨みで、パン屋を殺害していたのです。再び現れたパイエラはウォレスに襲い掛かりますが、窮地を救ったのはまたもやフラフルスでした。
行方が分からなくなった爆弾が、ウォレスのズボンの中に入ってしまいます。グルミットとフラフルスはパン生地をズボンの中に流し込むと、爆弾が爆発してもグルミットはお尻の軽いやけどで済みました。
気球に乗って逃げたパイエラですが、彼女の重さで気球は降下し、ワニの池に落ちて食べられてしまいました。
一件落着し、ウォレスとグルミットが配達へ出かけようとすると、行き場を無くしたフラフルスがポツンといました。ウォレスは「可愛い子は大歓迎」と言い、3人は仲良く配達に出掛けました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ウォレスとグルミットベーカリー街の悪夢」の商品はこちら