映画:カニーニとカニーノ

「カニーニとカニーノ」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

カニーニとカニーノの紹介:2018年公開。「メアリと魔女の花」で知られているスタジオポノックの新プロジェクト「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間」のうちの一つの作品。擬人化されたカニの家族のあたたく、心温まる生活の様子を描いた作品。監督は、スタジオジブリでは「千と千尋の神隠し」などで原画を担当し、「仮ぐらしのアリエッティ」では監督も務めた米林宏昌。音楽は村松崇継。

あらすじ動画

カニーニとカニーノの主な出演者

カニーニ(木村文乃)、カニーノ(鈴木梨央)

カニーニとカニーノのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- カニーニとカニーノのあらすじ1

カニーニとカニーノのシーン1 大きな自然が広がる場所。その奥深くは人間の手もつかない状態の場所。そこに流れる川の底で生活しているカニの兄弟、兄のカニーニと弟のカニーノ。二匹は父カニのトトと、魚を取りながら生活していました。かつては母カニのカカも共に生活をしていましたが、川の流れに巻き込まれて行方が分からなくなってしまっていました。そんな中でも3匹は懸命に暮らしていました。

【承】- カニーニとカニーノのあらすじ2

カニーニとカニーノのシーン2 ある夜、眠っていた弟カニのカニーノは、つられるように川の外に出てしまいました。しかしそこは悪天候に見舞われており、激流となっていた川の上流に体をすくわれたカニーノは、流されて行ってしまいました。慌てて助けをもとめるカニーノ。気づいたトトがなんとか間一髪でカニーノを救出しますが、代わりにトトが激流に流されていってしまいました。どうすることもできないカニーニとカニーノ。
季節が移り替わる頃。カニーノは自分のせいでトトが犠牲になってしまったと悲しんでいましたが、、カニーニはトトを探しにいこうと言い出します。カニーノも決意を固め、兄弟カニの二匹は旅に出ました。

【転】- カニーニとカニーノのあらすじ3

カニーニとカニーノのシーン3 二匹は川に潜む巨大魚に遭遇しますが、海藻で巨大魚の眼を覆ってなんとかそこを突破します。そしてなんとか水辺まで上がりました。すると今度はそこにはアライグマの集団が。なんとかからがら逃げてきたカニーニとカニーノ。ヘトヘトになる二匹でしたが、川に浮かぶトンボの翅を発見しました。二匹がそこをめがけて潜ると、そこにはなんと、重症を負いながらもなんとか生き延びているトトの姿がありました。

【結】- カニーニとカニーノのあらすじ4

カニーニとカニーノのシーン2 ようやくトトを発見したカニーニとカニーノ。急いでトトに近づこうとしますが、そこに巨大魚が襲い掛かってきました。逃げ回りますが、けがをしているトトはうまく逃げることができません。とうとう3匹が食べられそうになった次の瞬間、水面に近づいた鳥によってその魚は食べられました。奇跡的に助かった3匹。カニーニとカニーノはトトを連れて家に帰りました。

家に戻った3匹。するとそこへ、行方不明となっていたカカと他の兄妹たちが現れました。カカたちも懸命に生き延びていたのでした。

数年後。立派に育ったカニーニとカニーノは、巣を旅立って行くのでした。

関連する映画

アニメ映画

みんなの感想

ライターの感想

3作品からなるプロジェクトは、どれも素晴らしい作品でした。小さな子供にもおすすめできる、家族愛が感じられる作品でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「カニーニとカニーノ」の商品はこちら