「キャプテンハーロック」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【転】– キャプテンハーロックのあらすじ3

キャプテンハーロックのシーン3

画像引用元:YouTube / キャプテンハーロックトレーラー映像

太陽系に出たアルカディア号は連合艦隊に挟み撃ちにされてしまう。ハーロックはそのまま進むように指示を出す。

イソラはアルカディア号を最大限引きつけて砲撃を開始するがアルカディア号の姿はなく味方同士の攻撃になってしまう。

アルカディア号にイソラから通信が入り、アルカディア号の目的を告げて攻撃を止めるように説得するヤマだがイソラは聞く耳をもたず通信を一方的に切ってしまう。

イソラのこうげきはことごとくアルカディア号には届かず、逆に攻撃を受け、イソラはアルカディア号で人質になってしまう。

ヤマは兄イソラの元を訪れ、時を戻すというハーロックにかけたいと力説するが、イソラはやはりお前は何もわかっていないと笑い飛ばす。

地球にやってくるハーロック達。ハーロックは地球に次元振動機を仕掛けるという。地球に近づくと地球は青から赤へと姿を変えてしまう。ホログラム?と驚きハーロックを見上げるクルー達。

するとミーメが前に進み出てクルーに説明を始める。カムホーム戦争の中で地球を守り続けたのはハーロックの部隊だったと。だが守っていた側から地球に移住したのはガイア・サンクションの幹部達だけでハーロックはそれに争い、逆に地球をダークマターに覆わせてしまったと。そしてその中にとりこまれたハーロックもダークマターを纏った海賊としてよみがったと。

するとおなじような話を兄のイソラから聞かされていたヤマが捕虜の兵士をつれてハーロックの元へ乗り込んでくる。

テレビでは、ハーロックが捕まったことを喜ばしいニュースとして伝えている。

イソラは、温室のナミの元へ向かい、何故裏切った?と聞きながらナミはヤマに気持ちがあるのは知っていたと自嘲気味に話す。するとナミはそこのことを否定するが、イソラは怒ってナミを殴ろうとするがナミはホログラムえ実体は温室で生命維持装置に繋がれている。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キャプテンハーロック」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×