「キャプテンハーロック」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【結】– キャプテンハーロックのあらすじ4

キャプテンハーロックのシーン4

画像引用元:YouTube / キャプテンハーロックトレーラー映像

イソラやナミがそのような体になった原因を作ったヤマを恨んでいるかと思われたいそらだが、ナミは自分がイソラをそのようにしばっている原因なのかとふいに気づき、イソラに自分はヤマを愛しているイソラを愛したことは一度もないと煽り、イソラに生命維持装置を抜かせてしまう。

アラートがなり動揺するイソラの前に再びホログラムで姿を表したナミはイソラに嘘だと告げ、あなたのことが好きだと話し心停止してしまう。

泣き崩れるイソラ。

ヤマにナミの遺品を渡すイソラ。ヤマに協力するために軍の通信に侵入したのがきっかけで亡くなったと説明している。

正午になり、ハーロックの死刑が執行されようとしているその時、ヤマが入り込み、ケイ達を救いにくる。ヤマはみんな間違っている、地球に実際に降りてそのことがわかったと話す。ケイ達を連れて走り出すヤマ。ミーマを助け、ハーロックの元へ向かう二人。

ハーロックでないと船が動かせないからと話すヤマ。項垂れているハーロックに地球で取ってきた花を見せるヤマ。地球はやり直そうとしているとハーロックを説得し、これが自由かと目に光がもどるハーロック。

アルカディア号にハーロックが戻ると船の設備が動き出す。はーろっくはこれから地球のホログラムを強制的にはがずと話し、全通信を繋いで地球の現在の姿を説明するようにヤマに促す。嬉しそうに頷くヤマ。

激しい戦闘の末ホログラムを外す子tに成功するハーロク達。

ヤマは地球で咲いていた花を見せながら話し始める。ガイアサンクションはこのままでは宇宙の秩序が崩れると慌て始めるが、元老院はアルカディア号

もろとも赤い地球を排除しようとする。

イソラがアルカディア号に突っ込み戦闘員を送り出し激しい戦闘になる。

そんな中でも元老院達は砲撃の準備を始め、イソラの部隊もろとも消滅させようとする。

ヤマはイソラの元へやってきてお互いに銃を向け合っていると、イソラが後ろから撃たれて倒れる。そこにはハーロックの姿。

すると地球への砲撃が始まり、見つめるヤマとイソラ。イソラはハーロックにこれはテストだと話し、今から本番のビームが木星からアルカディア号もろとも地球を吹き飛ばすと話し、ハーロックに行くように促す。

イソラは最後まで地球を守ると一貫していたのはお前だけだなとハーロックに話す。

元老院は本物の地球ではなく、地球の幻があればいいと勝手なことを言っている。

ハーロックはミーメに謝り、ダークマターの機関を全開放する。するとミーメの体は宙に浮き姿が消失してしまう。

木星から放たれたビームは直前にイソラがアルカディア号に突っ込み軌道を変えたせいで地球からもアルカディア号からも外れる。

地球に落ちるアルカディア号。ハーロックは地球は蘇ろうとしているとヤマに剣を向け、またカムホーム戦争が起きるかも知れないと言うが、ヤマも振り返りハーロックに銃を向け、それでも守ると決意を告げると、それでいいと笑い、いざとなったらこのボタンを迷いなく押せとヤマに渡す。

ハーロックはダークマターを放出しきって椅子に座り込む。そこへ攻撃をかいしするという連合軍の無線が入る。ハーロックに変わって操縦桿を握るヤマ。ヤマの肩には鳥が止まり、再びミーメが姿を表す。

椅子に座ったハーロックがアルカディア号と声を掛け、ヤマが発進と続け動き出すアルカディア号。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キャプテンハーロック」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×