映画:キン肉マン正義超人vs戦士超人

「キン肉マン正義超人vs戦士超人」のネタバレあらすじと結末

キン肉マン 正義超人vs戦士超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第7作にして、最後の映画作品となります。テレビアニメシリーズ終了後に公開された作品で、原作にはなかった戦士超人という設定があることから本編のパラレルワールドとされています。さらに本作は原作者ゆでたまご氏の読みきり「デスゲーム」をベースにした内容となっており、劇場版としては珍しくキン骨マンや五分刈刑事、イワオの戦闘シーンがあるのが特徴的です。

あらすじ動画

キン肉マン正義超人vs戦士超人の主な出演者

キン肉マン(神谷明)、ミート君(松島みのり)、ネプチューンマン(岸野一彦)、テリーマン( 田中秀幸)、ウォーズマン(堀秀行)、ジェロニモ(塩沢兼人)、ロビンマスク/ビッグシンジョー(郷里大輔)、ラーメンマン(銀河万丈)、バッファローマン/イワオ(佐藤正治)、リキシマン(広瀬正志)、ブロッケンJr.(水鳥鉄夫)、鉄仮面(大塚周夫)、キン骨マン(二又一成)、五分刈刑事(戸谷公次)、ナチグロン/キン骨オババ(山本圭子)

キン肉マン正義超人vs戦士超人のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- キン肉マン正義超人vs戦士超人のあらすじ1

キン肉マン正義超人vs戦士超人のシーン1 「キン肉マンと遊ぼう世界の子供たち」という会で、キン肉マンは若手超人レスラーと試合を行っていました。キン肉マンは「諦めなければ最後に正義は勝つ」と子供たちに教えます。
そこにハラボテ・マッスル委員長がやってきて、記者会見の場所が変更になったから、ミート君に手伝って欲しいと連れて行きます。
キン肉マンはナチグロンと共にスーパーヒーローホテルにやってきました。
委員長に呼ばれてキン肉マンが部屋に入ると、記者は1人もいません。すると部屋の外で待っていたナチグロンのもとに委員長がやってきます。実はキン肉マンと一緒にいる委員長は偽者だったのです。
偽者に騙され、キン肉マンはどこかの部屋に連れ去られてしまいます。そこにいたのは謎の鉄仮面でした。鉄仮面はミート君を人質に取り、キン肉マンに交換条件を出します。その交換条件とは南シナ海にあるインモラ島の七重の塔から秘宝を持ち帰れというものでした。
このインモラ島には戦士超人と呼ばれる猛者がいます。さらに七重の塔の中にも真のボスとされる戦士超人の強者が待ち受けているというのです。
戦士超人とは戦うために存在している残虐超人で、宇宙で一番強いとされています。彼ら戦士超人たちに勝ち、秘宝を持ち帰ることがミート君の解放条件です。
キン肉マンは心強い仲間を呼ぼうと考えますが、そのときウコン一族の子孫であるグレートウコン2世がミート君を奪い去り、なんと戦士超人に引き渡してしまったのです。

【承】- キン肉マン正義超人vs戦士超人のあらすじ2

キン肉マン正義超人vs戦士超人のシーン2 鉄仮面は囚人4771号を案内役として連れて行くようにと言いました。キン肉マンはフランス刑務所に行き、死刑執行寸前の4771号を助けます。
キン肉マンは4771号の顔を見て驚きます。なんと4771号の正体とは、完璧超人との戦いで死んだはずのネプチューンマンだったのです。奇跡的に助かった彼は荒れ狂う生活を送り、超人警察に捕まっていたのです。
ネプチューンマンを連れ、キン肉マンは正義超人の仲間に会いに行きます。ですが仲間たちはそれぞれ用事があると言ってキン肉マンの頼みを断り、誰1人としてついてきてはくれませんでした。
ネプチューンマンも案内を頼まれただけだから戦う気はないと言い、戦士超人相手にキン肉マンはたった1人で立ち向かざるを得なくなったのです。

キン肉マンは両親と恋人の二階堂マリ、ナチグロンとアデランス中野を連れ、インモラ島へと向かいます。すると彼らの前に幽霊船が現れました。
幽霊船を避けることができずにぶつかってしまい、その衝撃で船が沈みそうになります。キン肉マンたちは仕方なく幽霊船に乗り込みます。
そこにいたのはキン骨マンとキン骨オババ、五分刈刑事とイワオでした。彼らはテリーマンたち正義超人に代わり、キン肉マンの応援をするためにやってきたのです。
頼れる味方を得たキン肉マンでしたが、幽霊船に穴が開いてしまったため、彼らは急いで脱出しました。
即興でイカダを作った彼らはインモラ島を目指し進んでいきます。

【転】- キン肉マン正義超人vs戦士超人のあらすじ3

キン肉マン正義超人vs戦士超人のシーン3 キン肉マンたちはインモラ島にたどり着きました。七重の塔から戦士超人の群れが現れます。キン肉マンと五分刈刑事、イワオが迎え撃ちます。キン骨マンも巨大化し、戦士超人の群れを蹴散らし始めました。
ですが戦士超人の数は想像以上に多く、キン肉マンたちは徐々に追い詰められていきました。
絶体絶命のピンチに陥るキン肉マンたちのもとへ、テリーマンたち正義超人の仲間が駆けつけます。テリーマンたちは最近のキン肉マンが仲間に頼りすぎるからと、わざと用事があると嘘をついていたのです。
キン肉マンたちをミート君のもとへ行かすため、リキシマンとジェロニモが戦士超人の群れを引き受けます。
そのとき七重の塔が真の姿を現し、その衝撃で地割れが起こり、リキシマンとジェロニモが落ちてしまいました。
彼らの犠牲を無駄にしないために先を急ごうとしたとき、キン肉マンたちは塔の中へ吸い込まれました。

1階で待ち受けていたのはミョウオウと名乗る戦士超人で、テリーマンが戦いを挑みます。その寸前、ミート君の映像が現れ、ミョウオウにテリーマンの戦闘スタイルを教えました。なんとミート君は正義超人の総大将ビッグシンジョーに操られていたのです。
キン肉マンたちはこの場をテリーマンに任せ、先を急ぎました。
2階の番人はセンジュカーンでブロッケンJr.が、3階の番人はトーホーテーンでウォーズマンが、4階の番人ニオーマンはラーメンマンが、5階の番人マゴラカスはバッファローマンが、6階の番人ザ・コンゴーはロビンマスクが引き受け、キン肉マンとネプチューンマンが最上階にたどり着きます。
正義超人の総大将ビッグシンジョーはネプチューンマンに久しぶりだなと声をかけます。実はネプチューンマンは元戦士超人で、全宇宙の支配を企むビッグシンジョーの仲間であることに嫌気が差し、完璧超人になったのでした。

【結】- キン肉マン正義超人vs戦士超人のあらすじ4

キン肉マン正義超人vs戦士超人のシーン2 いよいよキン肉マンとビッグシンジョーの対決が始まります。最初は善戦するも次第においやられ、キン肉マンは仲間の死に様を見せられることになりました。
テリーマンは炎攻撃を受けながらもカーフ・ブランディングを食らわせ、ミョウオウと共に火の中に落ちていきます。
ブロッケンJr.はベルリンの赤い雨でセンジュカーンのすべての腕を切り落とし、大爆発に巻き込まれました。
ウォーズマンはトーホーテンに体を貫かれながらも、ベアクローで反撃し、相打ちになりす。
ラーメンマンは自らの骨を砕いて体を伸ばす秘伝・骨崩しでニオーマンを締め付け、爆発に飲み込まれます。
バッファローマンは角で胸を刺されながらも、自らの命とも言えるロングホーンを折り、ブーメランとして投げつけ、マゴラカスを倒します。
ロビンマスクは体当たりでザ・コンゴーを塔の外へはじき出し、爆発の餌食になりました。

仲間の犠牲を目の当たりにしたキン肉マンは怒りに燃え、ビッグシンジョーに挑みかかります。
ですが返り討ちにされ、倒れてしまいます。「諦めなければ最後に正義は勝つ」という言葉を嘘にしないため、キン肉マンは立ち上がります。
火事場のクソ力で怒涛の反撃に出たキン肉マンは、ネオキン肉バスターでビッグシンジョーを倒しました。ミート君の洗脳も解けます。
喜ぶキン肉マンの前に鉄仮面が現れました。その正体は戦士超人のゲオルグ博士でした。ゲオルグ博士の目的は自らが生み出した最終兵器の設計図を奪い返すことだったのです。
ゲオルグ博士は宇宙の支配者になるため屋上へ逃げますが、まだ死んでいなかったビッグシンジョーも現れ、設計図の奪い合いが始まります。
そのときネプチューンマンがマグネットパワーを発動させ、ゲオルグ博士とビッグシンジョーの動きを封じました。キン肉マンとネプチューンマンによるクロスボンバーで2人は気を失います。
ネプチューンマンはゲオルグ博士とビッグシンジョーを抱えて空を飛び、自爆しました。こうして宇宙征服を企む2人の戦士超人は消え去ったのです。

戦いを終え、インモラ島から去る船に乗ったキン肉マンたちは悲しみました。ネプチューンマンと正義超人の死に落ち込んでいたのです。
と、そこへテリーマン、ブロッケンJr.、ウォーズマン、ラーメンマン、バッファローマン、ロビンマスク、ジェロニモ、リキシマンが姿を見せました。彼らは生きていたのです。
キン肉マンは喜びのあまり、海に落ちてしまいます。その姿を見て、正義超人たちははははと笑い、彼らは平和な日常を取り戻したのです。

みんなの感想

ライターの感想

キン骨マンたちの戦闘シーンがあったのが良かったです。意外な活躍も見れましたし、なんといっても正義超人対戦士超人の対決も見ものでした。ホント良いタイミングで助けに来てくれるものです。これぞ王道だと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「キン肉マン正義超人vs戦士超人」の商品はこちら