映画:クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし」のネタバレあらすじと結末

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしの紹介:2019年公開。国民的テレビアニメシリーズの「クレヨンしんちゃん」の第27作品目となる劇場用映画作品である。主人公しんのすけの声を、前作までの矢島晶子に代わり、小林由美子が担当している初めての映画作品となる。監督は、今作でシリーズ4度目の登板となった橋本昌和。ゲスト声優として、女優の木南晴夏、芸人の小島よしお、タレントのぺこ&りゅうちぇるが参加している。また、主題歌はあいみょんの「ハルノヒ」。

あらすじ動画

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしの主な出演者

野原しんのすけ(小林由美子)、野原ひろし(森川智之)、野原みさえ(ならはしみき)、野原ひまわり(こおろぎさとみ)、インディ・ジュンコ(木南晴夏)、小島よしお(小島よしお)、ぺこ(ぺこ)、りゅうちぇる(りゅうちぇる)、シロ/風間トオル(真柴摩利)、桜田ネネ(林玉緒)、佐藤マサオ(一龍斎貞友)、ボーちゃん(佐藤智恵)、姫(悠木碧)、グレートピッケル(銀河万丈)

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしのあらすじ1

雪が積もる冬の春我部。しんのすけが仕事から帰ってきたひろしを道路で待っていました。二人は一緒に家の玄関を開けると、そこには水着を着たみさえが立っていました。驚いた二人はひっくり返ってしまいました。真冬にみさえが水着を着ていた理由は、とあるチラシがきっかけでした。それは、オーストラリアへの新婚旅行ツアーというもの。子連れの夫婦でも参加可能で、通常のツアーよりも破格の値段で参加することができるというものでした。更に、日程中にはオーストラリアでは金環日食を見ることができ、そのときにウェディングドレスとタキシードを着て写真を撮ることもできるというのです。普段は出費を抑えることを考えるひろしとみさえですが、新婚旅行に行っていなかった二人は、このツアーに参加することを決めました。

オーストラリアに到着した野原一家。ペットのシロも連れてやってきた野原一家は、そのまま他のツアー客と一緒にフェリーに乗り宿泊する離島へ向かいます。そこで野原一家は、ある銅像についての説明を受けます。その銅像の手に輝く緑色の宝石は、推定10億円ともいわれるほどの貴重なお宝であると言います。しかし、この銅像が持つものはレプリカで、本物はほとんど見かける機会はないと言います。言い伝えによると、「宝欲しくば、花婿を捧げよ」ということでした。
そこから次の場所へ向かうツアー一同でしたが、しんのすけがトイレに行きたいと言い出し、野原一家は団体から離れました。その道中で売られていた宝石にひまわりが夢中になったため、ひろし、しんのすけ、シロは二人と別行動をとりました。しんのすけが用を済ませたあとその近くで行われていた射的の屋台に置かれていた景品のトレジャーハンターコスチュームセットをしんのすけが欲しがりました。説明によるとコスチュームは2等であり、1等はエミュー1頭ということでした。一回の弾数は5発。ひろしは、しんのすけに1等は当てないようにとくぎを刺し、やらせました。しかし結果的に、2等一発、1等4発当ててしまい、エミューを4頭も受け取ってしまいました。コスチュームを着て大喜びするしんのすけを横目に、4頭のエミューのリードを引っ張り困り果てているひろし。そこへ仮面をかぶった集団に追いかけられている女性がやってきましたその女性は小さな壺を抱えて走り回り、その集団に追い詰められたと思えば持っていたブーメランでその仮面集団を一蹴しました。しかし、追加でやってきた集団に襲われ、その壺を落としてしまいました。それを拾ったのはしんのすけ。そのままエミューに飛び乗ったしんのすけは、ひろしを引きずったままエミューに乗って走り出しました。

【承】- クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしのあらすじ2

エミューに乗り走っていたしんのすけでしたが、結局壺をエミューの背中に置いたまま降りてしまいました。壺を失ったことを悲しむ女性。仮面集団に追われていたこの女性はトレジャーハンターのインディ・ジュンコ。ジュンコはあの10億とも言われているあの宝石を1年以上準備期間の末ようやく手に入れたところだったと言います。落ち込むジュンコですが、切り替え、絶対に宝石を手に入れると言ってその場を去りました。

ツアーに再合流した野原一家は、ビーチにたどり着きました。みさえはとっておきの水着を着てビーチへ向かいますが、ひろしは見慣れぬ水着姿に思わず吹き出してしまいました。するとみさえは拗ねてしまいました。ひろしがそれを後悔していると、ビーチでカメラマンが呼びかけている言葉に気づきます。夫婦やカップルでラブラブな写真を撮影すれば、ドリンクが1杯無料になるというものでした。ひろしはみさえを誘い、みさえも「無料」という言葉に惹かれ賛成しますが、恥を捨ててひろしに「好き」「愛してる」というみさえに対し、ひろしは羞恥心が勝ちなかなか言えません。その結果、時間切れとなってしまい、ドリンク1杯無料とはなりませんでした。

その夜、ステージのある野外夕食会場で夕食をとる野原一家。ひまわりのオムツを替えるために席を離れるみさえ。しんのすけと二人きりになったひろし。するとそこで会場の照明が変わり、ダンスタイムとなりました。ステージに上がりダンスをして、一番会場を盛り上げた優勝者には、翌日の豪華クルーズディナーペア招待券を授与するというものでした。昼間のこともあり、ひろしはみさえに招待券をプレゼントして喜ばせるため、ダンスに参加することを消えました。
ステージで音楽に合わせ張り切って踊るひろし。バックダンサーの美女たちもノリノリになり、ステージの中心でひろしはダンスをして会場の視線を独り占めしていました。その様子を一緒に踊りながら喜ぶしんのすけ。するとそのステージの陰から数匹のコアラが登ってきて、ダンスをしている男性の足をひとりひとり嗅いで行きます。シロはコアラに気づきますが、しんのすけはシロの意図をくみ取れず、一緒に踊らせていました。そのコアラたちは、ひろしに近づき足のにおいを嗅ぎ、大きな鳴き声を上げると、そのままステージを降りていきました。誰も気づかないままダンス大会は進み、最終的には圧倒的な差でひろしは優勝。見事ディナー招待券を手に入れました。喜んでステージを降りると、そこには戻っていたみさえが。みさえに優勝したこと、ディナー招待券を手に入れたことを報告しますが、みさえはステージで美女に囲まれ踊っていたひろしを見て浮かれていると勘違い。喧嘩に発展してしまいました。必死に弁明していたひろしも堪忍袋の緒が切れ、不満を爆発させます。最後には、みさえが持っていたウエストポーチをひろしの顔面に投げつけ、子供たちとシロを連れてホテルへ戻ってしまいました。

その後、ホテルの部屋を訪れたツアーコンダクターから、ダンス大会の商品であるディナー招待券と、翌日金環日食撮影会で使用するウェディングドレスとタキシードを受け取ったみさえ。ひろしが言っていたことが嘘ではなかったことがわかったみさえはひろしの帰りを待つことにしました。
同じ頃ひろしは、一人でビールを飲んでいました。拗ねていましたが、みさえのポーチから出てきた手帳には、家族で撮った写真が入っており、さらにその下には重ねて、二人が結婚する前の写真が入っていました。写真を見たひろしも反省し、急いでホテルに向かい走り始めました。その道中にあった花野で花束を買い、ホテルに向かいました。ホテルが見えてきたとき、ひろしの背後には、昼間みかけた仮面の集団が追いかけてきていました。ひろしが気付いたときには遅く、ひろしは捕らえられてしまいました。

翌朝、みさえはしんのすけとひまわり、シロを連れて集合場所のロビーへ降りますが、ひろしの姿はありません。ホテルの外へ探しに行くと、みさえのポーチが落ちていました。そしてその近くには、ツアーで説明された、この島の原住民の生活地点への入り口が。ひろしはこの中にいるはずだと推測したみさえは、二人とシロを連れて中へ入っていきました。

【転】- クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしのあらすじ3

中に入り森の中をすすんでいくと、仮面をかぶった原住民と遭遇します。そこから先に入れてもらえなかったみさえは、帰るフリをして遠回りをしてそこから先に進みました。その先は崖となっていて、下に広がる光景を見渡すことができます。そこでは大量の原住民が神輿のようなものなどで行進していました。そしてその行列の中心の山車には、白いタキシードを着て椅子に座るひろしがいました。美女に囲まれているひろしを見てまた浮かれていると思うみさえでしたが、ひろしは椅子に縛りつけられていました。彼の元へ行こうと試みますが、崖から降りることはできません。困っていると、そこへ大きなバギーに乗ったジュンコがやってきました。この原住民たちがひろしを花婿として姫に差し出し、宝石を手に入れようとしていることを見抜き、自分が花婿を強奪しようとやってきたのでした。みさえ達を差し置いてバギーで降りていくジュンコ。みさえも負けじと、転がっていた小型ワゴンで崖を降りていきます。下にたどり着くと、下にはジュンコ以外にも宝石目当てにひろしを狙う者たちが数多くいました。ジュンコはトップを走りますが、肝心なときにバギーが故障してしまいました。それをチャンスと見て、他の刺客たちもひろしを狙いますが、しんのすけがそれを阻みます。しんのすけがひろしのいる山車にたどり着き、ひろしを縛っていた縄をほどきますが、寸前で原住民たちにひろしは連れ去られてしまいました。みさえは、彼らがどこへ向かうのかおおよそ知っているジュンコの後を追いひろしの救出に向かいます。

途中橋が崩れ、川を渡ることができなくなっていまいた。そこへ宝石を狙う、空飛ぶマシンに乗った男に見捨てられながらも、ジュンコと協力しながら突破します。しかし、ジュンコはあくまでも宝石が目当てであり、ひろしを返すつもりはないと断言します。みさえはそんなジュンコを敵視しますが、道をしっているため、しぶしぶジュンコの後を追います。湖を渡ると、ひろしの後ろ姿が見えました。急いで追いますが、それはひろしと同じ格好をした偽物でした。さらにそこにはマスクを被った屈強な男たちが待ち構えており、ジュンコやみさえに襲いかかります。しんのすけはシロと協力してその男たちを撃退していきますが、中でも大きなカブトムシのような仮面をかぶった男は強く、彼らのアジトへ続くであろう洞窟まではたどり着いたものの、ジュンコとみさえ、しんのすけ、ひまわり、シロはそのまま閉じ込められてしまいました。さらにそこへ水が流れ込んできますが、小さな穴からしんのすけとシロが抜け出し、扉を開けることで脱出に成功。洞窟を抜けるとそこにはまだまだ森が広がっていました。

拘束されたまま運ばれるひろし。言葉が通じない彼らにひろしは、ジェスチャーで腹が痛いことを伝え、椅子から離してもらい、紙を持って木陰に入りました。その隙をついてひろしはそこから逃げ出しました。

【結】- クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろしのあらすじ4

ようやく逃げることに成功したひろし。家族写真を見て元気をだし、彼らの仲間に見つからないようにホテルを目指そうとするひろし。しかいそこへ、巨大な鳥がやってきて、ひろしを加えて飛んでいこうとします。必死に抵抗するひろしでしたが、その鳥の鳴き声を聞きつけた原住民に発見されてしまい、ひろしは再び捕まってしまいました。そこでひろしは原住民の長に、姫と結婚すれば一生幸せになれるのだと言い聞かせます。

その後も険しい森や崖が続く中、ジュンコと野原一家はひろしのいるアジトを目指して道を進みます。そしてようやくたどり着き、アジト内へ侵入しました。その最上階には大きな扉が、そこを開けると、大きなソファーに座り白いタキシードを着たひろしがいました。みさえは安堵し、しんのすけはひろしの元へ駆け寄ろうとしますが、ひろしは「来るな」と言います。驚くみさえとしんのすけ。ひろしは、このまま姫と結婚してここで幸せに暮らすことにしたのだと言います。そしてみさえとしんのすけを部屋に入れようとしないまま、守衛に扉を閉めさせました。落胆するしんのすけ。しかしみさえは意外にも落ち着いた様子。みさえは、ひろしがそんなことをいう訳がないと信じていました。きっとあのようなことを言ったのには何か理由があるはずだと言い、ジュンコが姫がいるという城へ乗り込むことを決意しました。

城の前まで連れてこられたひろしは号泣していました。みさえ達を追い返したのは、扉のこちら側に武器を持った守衛が待ち構えていたからでした。申し訳なさから涙が止まらないひろし。すると遠くから、みさえが走ってきました。しんのすけが持つムチで次々と守衛を倒していきます。その間にひろしは高台へ連れていかれます。みさえがひろしに近づいたとき、大きな地響きが聞こえてきました。すると山から大きなコアラが出てきました。「姫」の正体は巨大なコアラでした。コアラはひろしを手でつかみ、ひろしの足の匂いを嗅ぎました。するとコアラは、尻から宝石を出しました。10億円の宝石の正体は、巨大コアラの糞でした。

みんなの感想

ライターの感想

小さな子供にもわかりやすいストーリーで、かつ大人だけがニヤリとできるギャグも含まれており、老若男女が楽しめる作品になっていたと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし」の商品はこちら