「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の紹介:2001年に公開された作品。20世紀博というテーマパークが春日部にでき、昔の懐かしさから大人達は子どもに戻りたくなってしまう。しんのすけは大人達の目を覚まさせようとするのだが…。  

あらすじ動画

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の主な出演者

野原しんのすけ(矢島晶子)、野原みさえ(ならはしみき)、野原ひろし(藤原啓治)、野原ひまわり(こおろぎさとみ)、風間君、シロ(真柴魔利)、ネネちゃん(林玉緒)、マサオくん(一龍斎貞友)、ボーちゃん(佐藤智恵)、園長先生(納谷六郎)、ケン(津嘉山正種)、チャコ(小林愛)

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のネタバレあらすじ

【起】– 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のあらすじ1

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲のシーン1

画像引用元:YouTube / 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲トレーラー映像

春日部に20世紀博というテーマパークが完成し、野原家は何度も遊びに来ていたのです。

みさえは、ガイドブックを読みながら万博の中を説明するのでした。

ひろしがどこかに行ってしまい探していると、アナウンスで怪獣が現れたので避難するようにと流れてきたのですしんのすけ達は着替え、怪獣を倒しに行くのでした。

すると、ひろしから無線が入り同じく怪獣を倒しに向かっていると話すのでした。

怪獣の元に着いた野原家でしたが、怪獣が建物を壊していきひろしはとても怒り、怪獣を倒しに向かいますが操縦機が壊れ落ちて行ってしまいます 操縦機が爆発する前にひろしは変身し、ひろしSUNというヒーローになり巨大化したのでした。

怪獣をどんどん倒して行くひろしを見てしんのすけは面白くないのか、自分も倒すと言ってひろしの元に向かうのでした。

すると映像が変わり、ひろしと怪獣は通常の大きさで戦っているところにしんのすけが写り込んだのですそこで、カットという声がかかり撮影は中断します。

ひろしは特撮物の撮影を万博の遊びでやってもらっていたのでした。

撮影は再開し、ひろしは怪獣を倒し無事撮影が終わったのです撮影に使ったひろしのフィギュアをもらいとても喜ぶのでした。

次に、みさえの撮影をする為に魔法少女の格好をするのでした。

そしてみさえの撮影も終了し、しんのすけとひまわりは万博内の託児所に預けられひろし達はまた遊びに出かけるのでしたしんのすけが託児所に入ると、風間君達4人も同じように預けられていたのです。

風間君はみんなに小さい声で、大人達の様子がおかしいと話すのでした。

ねねちゃんやマサオ君も大人達がおかしいと感じていたのです幼稚園の先生達もおかしくなっていると話すのでした。

万博から車で帰っていると、昔の車が増えてきたとひろし達は話すのでした。

テレビは白黒が流行り、レコードが売り出され街並みも少しずつ20世紀の頃の街並みに変わりつつあったのです家に帰るとひろしは自分の撮影したビデオを見ていたのでした。

すると、みさえが20時からテレビで20世紀博から大事なお知らせがあると話すのでした。

20時まであと少しとなり、ケンとチャコは万博のお知らせを流す場所で20時になるのを楽しみに待っていたのでしたケンが作った20世紀の匂いで大人達は子どものようにおかしくなっていたのです。

そして、二人はエレベーターに乗ると、昔の公衆電話から出てきたのです。

歩いて行くと20世紀の懐かしい風景の商店街を歩いて行くのでしたケンは現実の世界を外の世界と呼び、昔の世界を別に作っていたのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×