「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦の紹介:1998年に公開された作品。ある日、ふたば幼稚園のみんなで屋形船に乗っていたのだが、しんのすけ達かすかべ防衛隊はある事件に巻き込まれ連れ去られてしまう。そのニュースを知ったひろし達はしんのすけを探すべく香港へ向かうのだが…。

あらすじ動画

映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦の主な出演者

野原しんのすけ(矢島晶子)、野原みさえ(ならはしみき)、野原ひろし(藤原啓治)、野原ひまわり(こおろぎさとみ)、シロ:風間くん(真柴摩利)、ネネちゃん(林玉緒)、マサオくん(鈴木みえ)、ボーちゃん(佐藤智恵)、よしなが先生(高田由美)、まつざか先生(富沢美智恵)、園長先生(納谷六郎)、お色気(三石琴乃)、筋肉(玄田哲章)、マウス(石田太郎)、バレル(山寺宏一)、ママ(松島みのり)、ブレード(速水奨)、ぶりぶりざえもん(塩沢兼人)、大袋博士(滝口順平)、アンジェラ青梅(増岡弘)、セーギ(佐藤ゆうこ)、IZAM(IZAM)

映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦のネタバレあらすじ

【起】– 映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦のあらすじ1

映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦のシーン1

画像引用元:YouTube / 映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦トレーラー映像

コードネームお色気はある秘密組織からデータを盗もうとしますが、敵に見つかってしまいます。飛行船の中に潜入していたので、お色気はデータが入った鞄を背負って空から脱出をしようとしていたのでした。すると銃声がなり、敵のバレル達に降りてこいと脅されてしまいます。お色気はわかったと言いながらパラシュートを開き空に降りて行ったのでした。組織のボス、マウスはどんな手を使っても取り戻せとバレル達に命令をするのでした。

その頃、しんのすけ達は園長先生が福引きで当てた屋形船にみんなで乗っていたのです。子ども達は屋形船にはあまり興味がなくご飯に夢中になっていたのでした。そんな時、海の中から泳いで疲れ切ったお色気が這って屋形船に上ってきたのでした。みんなが食べていた天ぷらを見つけると箸も使わず貪り食うのでした。園長先生は恐る恐る話しかけてみると、自分は秘密組織SMLのお色気だと自己紹介するのでした。そして、食べすぎたお色気はトイレを借りるのでした。

よしなが先生達はお色気を怪しんでいると空から大きな音と共に、みんなが乗っていた屋形船が飛行船から出た特大ワイヤーで捕まれ空に運ばれそうになっているのでした。園長先生はみんなを海に飛び込ませて脱出をしたのでした。しんのすけ達かすかべ防衛隊はトイレに入っていて逃げるのが遅れた為に屋形船に取り残されてしまったのです。お色気もトイレの中で愛する息子セーギの写真を眺めていたので同じく取り残されていたのでした。

事情を知ったひろしは会社から飛んで帰ってみると、みさえが下を向いたままニュースを流していたのでした。ニュースでは屋形船の襲撃事件で行方不明になっている5人の園児の名前を公表していたのです。2人は泣きながらしんのすけの安否を心配していると、部屋にガタイの良い男がサングラスをかけたまま立ちすくんでいたのでした。そして、息子さんは生きているとひろしとみさえに話しかけたのです。2人は驚きながらその男にもう一度確認して喜ぶのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「映画クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×