映画:グーフィーのスキー教室

「グーフィーのスキー教室」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

グーフィーのスキー教室の紹介:1941年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第5作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたジャック・キニ―。グーフィーたちがバスケットボールをする様子が面白可笑しく語られる。

あらすじ動画

グーフィーのスキー教室の主な出演者

グーフィー(ピント・コルヴィグ)

グーフィーのスキー教室のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- グーフィーのスキー教室のあらすじ1

グーフィーのスキー教室のシーン1  ベッドでぐっすり眠っているグーフィー。そんな時、枕元の目覚まし時計が鳴りました。今日グーフィーはスキーへ出かけるのです。時計を止めて眠い目を擦りながらベッドから降りるグーフィー。パンツを履いてセーターを選びます。スキー板を足に着けて準備万端でしたが、そのまま二度寝してしまいました。

【承】- グーフィーのスキー教室のあらすじ2

グーフィーのスキー教室のシーン2  飛び起きるグーフィー。慌てて準備を再開します。スキーパンツを履いて家を出ます。

 スキー場にやってきたグーフィー。リフトに乗って山頂に到着すると、丁寧に動作を確認しながらいざスキー開始。しかし上手くいかず、スキー板が外れて勝手に滑っていってしまいました。

【転】- グーフィーのスキー教室のあらすじ3

グーフィーのスキー教室のシーン3  またまた気を取り直してスキー板を足につけます。斜面を登り真っ逆さまで落ちたり何度も失敗しながらも、めげずにスキーに挑戦します。しかし滑り出すとやはりスキー板ははずれてしまい、グーフィーとスキー板がバラバラに滑ってしまいます。途中でスキー板と合体し、丸まって転んでしまいました。

【結】- グーフィーのスキー教室のあらすじ4

グーフィーのスキー教室のシーン2  もう一度チャレンジ。高い坂の上まで登ったグーフィーは勢いよく滑り出しました。そしてその先端にあるジャンプ台から勢いよく飛び出しました。物凄い勢いで飛んでいくグーフィー。スキー場を離れて自分の家の壁を貫き、そのままベッドイン。眠りについてしまったのでした。

みんなの感想

ライターの感想

グーフィーの教室シリーズは、ひたすらグーフィーが滑稽なので笑えます。ナレーションがついていますが、これがなくても十分楽しめると思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください