映画:グーフィーのテニス教室

「グーフィーのテニス教室」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

グーフィーのテニス教室の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第24作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたピント・コルヴィグ。グーフィーたちがテニスをする様子が面白可笑しく語られる。

あらすじ動画

グーフィーのテニス教室の主な出演者

グーフィー(ピント・コルヴィグ)

グーフィーのテニス教室のネタバレあらすじ

【起】– グーフィーのテニス教室のあらすじ1

グーフィーのテニス教室のシーン1

画像引用元:YouTube / グーフィーのテニス教室トレーラー映像

 天気の良いある日

グーフィーたちによるテニス大会が開催されようとしていました

解説はもちろんグーフィー解説グーフィーは小さなテントの中、自らマイクをセッティング

試合が行われるコートの方を見ると、まだ草刈り中でした

それでもグーフィーは楽しそうにその模様を実況中継します その頃、観客席にはたくさんのグーフィーが詰めかけ、テニスの試合を今か今かと待ちわびていました



次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「グーフィーのテニス教室」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ