映画:グーフィーのフィッシング

「グーフィーのフィッシング」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

グーフィーのフィッシングの紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの9作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルから「教室」が外れているが、過去の「グーフィーの教室シリーズ」と作風は同じである。

あらすじ動画

グーフィーのフィッシングの主な出演者

グーフィー(ピント・コルヴィグ)

グーフィーのフィッシングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- グーフィーのフィッシングのあらすじ1

グーフィーのフィッシングのシーン1  グーフィーは眠りにつく前に釣りの本を読んでいました。そこには釣りのコツがたくさん書かれており、釣りがしたくなってしまったグーフィーはそのまま釣りの準備をして、翌日釣りに出かけました。

【承】- グーフィーのフィッシングのあらすじ2

グーフィーのフィッシングのシーン2  水辺へやってきたグーフィー。美味しい空気を目一杯に吸い込みますが、吸い込みすぎて倒れてしまいました。気を取り直し、魚に気づかれないように静かに歩いていきますが、ドボンと水に落ちてしまいました。

【転】- グーフィーのフィッシングのあらすじ3

グーフィーのフィッシングのシーン3  グーフィーはルアーを釣り針に付け水に沈めました。そして魚たちの様子を覗きますが、そのグーフィーの顔に魚たちは大笑いしています。しかしルアーが魅力的に見えてしまい、遂には踊り出してしまいました。

【結】- グーフィーのフィッシングのあらすじ4

グーフィーのフィッシングのシーン2  次は、電動モーター付きのボートにのって釣りを始めました。すると、竿に遂に手ごたえが。かかったと思い、おもいきり引っ張りますが、なんとそれは自分のボートのモーターに引っ掛かっていたのでした。外れたモーターに引っ張られて水の中を大暴れ。なんとかそのモーターを釣り上げたグーフィーは、魚ではありませんでしたが満足気な笑顔を浮かべていたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ひたすら釣りを楽しもうとするグーフィーが愛くるしかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください