映画:グーフィーの水泳教室

「グーフィーの水泳教室」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

グーフィーの水泳教室の紹介:1942年に公開された、ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作の作品。ディズニーおなじみのキャラクターであるグーフィーを主人公にしたシリーズの8作品目である。監督を務めたのは、シリーズで多く監督を務めたジャック・キニー。タイトルに「教室」がつく「グーフィーの教室シリーズ」の一作品である。

あらすじ動画

グーフィーの水泳教室の主な出演者

グーフィー(セント・コルヴィグ)

グーフィーの水泳教室のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- グーフィーの水泳教室のあらすじ1

グーフィーの水泳教室のシーン1  とても天気の良いある日。グーフィーは泳くことにしました。まずは家で水着を着て泳ぐイメージトレーニングをします。キャスターつきの椅子に乗ってスイスイ移動していきます。

【承】- グーフィーの水泳教室のあらすじ2

グーフィーの水泳教室のシーン2  目を閉じながらトレーニングをしていたグーフィーはそのまま外へ出てしまいましたが全く気付いていません。そのまま他人の家の中へ入っていき、バスタブに突っ込んで溺れてしまいました。

【転】- グーフィーの水泳教室のあらすじ3

グーフィーの水泳教室のシーン3  気を取り直してようやく海を訪れたグーフィー。海底まで潜り、カプセルの中で本を開いて海中読書を楽しみます。しかしカプセルが壊れてしまいそのまま浮き上がっていき、手足が絡まってしまいました。

【結】- グーフィーの水泳教室のあらすじ4

グーフィーの水泳教室のシーン2  いよいよ醍醐味の飛び込み台へやってきました。息を整え、いざジャンプ。しかしプールに水は張られていませんでした。そのままグーフィーはタイルを突き破って落ちてしまいました。

 最後に浮輪を持ち出したグーフィー。浮輪にくぐっていざ海へ走っていきます。すると勢いあまって海面を転がっていき、はるか遠くの小さな島に辿り着きました。そこでは美女たちが待っており、ウキウキでグーフィーは島でのバカンスを楽しんだのでした。

みんなの感想

ライターの感想

非常にテンポが良い作品でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください