映画:コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた

「コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りたの紹介:2012年公開の日本アニメ映画。目を見た者を従わせる“ギアス”と呼ばれる、特殊な力を手にした青年の姿を描いたテレビアニメ『コードギアス』の、最新シリーズの劇場版第1弾。

コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りたの主な出演者

日向アキト(入野自由)、レイラ・マルカル(坂本真綾)、佐山リョウ(日野聡)、成瀬ユキヤ(松岡禎丞)、香坂アヤノ(日笠陽子)、ジィーン・スマイラス(石塚運昇)、シン・ヒュウガ・シャイング(松風雅也)、ミケーレ・マンフレディ(三宅健太)、アンドレア・ファルネーゼ(子安武人)

コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りたのネタバレあらすじ

【起】– コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りたのあらすじ1

皇歴2010年、神聖ブリタニア帝国は突如として極東の日本を占領して、植民地「エリア11」と呼びました。日本国は消滅して帝国の属州となり、日本人は迫害され、イレヴンと呼ばれます。

…それから7年後。

神聖ブリタニア帝国との戦いで劣勢が続くE.U.(ヨーロピア共和国連合)軍は、正規の国民でないイレヴンを集めて「wZERO(ダブルゼロ)」という特殊部隊を作り、生存率の極めて低い危険な作戦に立ち向かわせます。

「wZERO」は少年少女たちで編成されました。その中に日向アキトもいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×