映画:サムライエッグ

「サムライエッグ」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

サムライエッグの紹介:2018年公開。スタジオポックによる短編アニメプロジェクトの一作品。「火垂るの墓」や「平成狸合戦ぽんぽこ」などで知られる日本アニメ界の巨匠高畑勲の元で活動した百瀬義行が監督を務めている。CGも使用し、「絵本がそのまま動いている」ような質感を目指して制作された作品である。また、ママ役を務めた女優・尾野真千子は、自身の出身地である岸和田の方言で演技を行い、岸和田弁を採用するためにプレスコ録音が行われた。

あらすじ動画

サムライエッグの主な出演者

シュン(篠原湊太)、ママ(尾野真千子)、パパ(坂口健太郎)

サムライエッグのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- サムライエッグのあらすじ1

サムライエッグのシーン1 小学生の男の子シュン。とても活発で運動神経も良い彼は、ある悩みを抱えていました。それは、卵アレルギーです。赤ん坊の頃、ママが離乳食を食べさせたところ、身体中にアナフィラキシーの症状が現れ、検査の結果シュンは卵アレルギーを持っていたことがわかりました。それ以来、ママは精一杯気をつけながら生活し、シュンも自身のアレルギーを理解していました。何度か誤って卵を摂取してしまい、発作を起こしたこともありましたが、シュンは元気に成長していきました。

【承】- サムライエッグのあらすじ2

サムライエッグのシーン2 シュンが通う小学校は給食が出ます。そこでママは、なるべくその日の給食のメニューに似せたお弁当を作ってあげます。人とは違うものですが、シュンは元気よく、誰よりも早く「いただきます!」と叫ぶのです。
そんな元気いっぱいのシュンにも、ある悩みがありました。もうすぐシュンの学年は2泊3日の自然教室に行きます。食事の問題があり、お弁当を持たせてあげるわけにもいかないために、ママと学校は度々話し合いを重ねていました。行かせてあげたいというママに対し、シュン本人は「行かなくてもいい」と言います。
その日もママは学校で話し合いをしていました。その日の夕方、ママは学校でもらったシュンのテストを本人に見せました。その算数のテストは、殆どの問題を正解していましたが、卵の個数を数える問題のみ空欄になっていました。シュンは、「食べられないのに問題を解くのは癪だ」と言い放ちました。ママは叱りながらも、笑みを浮かべていました。

【転】- サムライエッグのあらすじ3

サムライエッグのシーン3 ママはダンスをやっていて、全国大会を目指して練習に励んでいました。ある日シュンはママの練習を見たいと言いだしました。ママはシュンを練習場へ連れていきました。ママはチームメイトと共にダンスに励む中、シュンは水筒で持ってきたお茶を飲みながら練習を見ているとき、シュンはつい無意識に、机の上に出ていたクッキーに手を伸ばしてしまいます。無意識に口に運ぼうとするシュンに気づいたママは、急いでシュンの元へ走り、手を叩きます。涙目になるシュンにママは「死んでまうやろ!」と叫びました。
メジャーリーグ中継を見るのが好きなシュンは、少年野球チームに入りました。暑い中練習を行い、家に帰ったしゅは冷凍庫の中から「シュン用のアイス」と書かれたところからアイスを取り出して食べるのが楽しみでした。

【結】- サムライエッグのあらすじ4

サムライエッグのシーン2 その日も暑い中練習を頑張ったシュン。帰り道、死んでいる鳥を見つけます。少し君悪がりながらも、シュンは家に帰りました。家には誰もおらず、シュン一人でした。シュンは冷凍庫からいつものように、自分用のアイスを出して、口に入れました。すると、いつもと違う味がします。原材料を見ると、卵黄が使われていました。慌ててママに電話をかけます。ママは、注射を出すように言います。そして、下の階の知り合いをよこすまでじっとしていなさいと言いますが、慌てているシュンはそれを聞かず、注射を握りしめて玄関を飛び出しました。急いで階段を駆け下りるシュンの脳裏には、今日見た鳥の死体、ママの「死んでまうやろ!」という声が浮かんでいました。全身に湿疹が浮かび始め、意識が朦朧とする中、下の階のおばさんの顔が目に入りました。
シュンが目を覚ますと、ストレッチャーで救急車に乗せられるところでした。ママの顔が見え「よう頑張ったな」と声をかけられました。救急車の中でシュンはママに「アレルギー治したい」と宣言しました。
翌日、小学校の校庭にある鶏小屋に入ったシュンは、鶏が産んだ卵に、マジックでサムライの絵を書きました。

みんなの感想

ライターの感想

本編約17分の短い映画ですが、しっかり一本の映画としての満足感を得ることができる作品に仕上がっていました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「サムライエッグ」の商品はこちら