映画:シュガーラッシュ

「シュガーラッシュ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

シュガー・ラッシュの紹介:2012年製作のアメリカ映画。アーケードゲームの世界で悪役キャラクターを演じてきたラルフが、悪役ではなくヒーローになる夢をかなえるために冒険に旅立つ、ファンタジー・アドベンチャー映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作で、ウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品としては52作目となる。

あらすじ動画

シュガーラッシュの主な出演者

レック・イット・ラルフ(ジョン・C・ライリー&山寺宏一)、ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ(サラ・シルバーマン&諸星すみれ)、フィックス・イット・フェリックス(ジャック・マクブレイヤー&花輪英司)、タモラ・ジーン・カルホーン軍曹(ジェーン・リンチ&田村聖子)、キャンディ大王&ターボ(アラン・テュディック&多田野曜平)、タフィタ・マトンファッジ(ミンディ・カリング&友近)、マルコフスキー(ジョー・ロー・トルグリオ&最上嗣生)、リトワク(エド・オニール&高岡瓶々)、ホログラム将軍(デニス・ヘイスバート&石塚運昇)

シュガーラッシュのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①30年の歴史を誇るアーケードゲーム〝フィックス・イット・フェリックス〟の悪役・ラルフは悪役であることが嫌だった。住人・ジーンから金のメダルを取ってくれば認めてもらえると聞き、メダルを探しに行く。結果、ラルフがゲームから消えて〝フィックス・イット・フェリックス〟は廃棄処分のピンチに。 ②ラルフは飛ばされた〝シュガー・ラッシュ〟の厄介者の少女・ヴァネロペと親しくなった。不具合と思われていたヴァネロペは実は王女で、ゲームをリセットした〝シュガー・ラッシュ〟界にヴァネロペは迎え入れられる。ラルフも悪役の存在意義を見出し、満足した。

【起】– シュガーラッシュのあらすじ1

…30年前。

ゲームセンターに〝フィックス・イット・フェリックス〟というアーケードゲームができました。それは、ラルフという悪役が壊したビルを、ゲーマーはフィリックスというキャラクターを操作して修復するというゲーム内容です。

出ては次々に消えていくゲームがある中で、〝フィックス・イット・フェリックス〟は安定した人気を誇りました。

…30年後、現在(2012年)。

ラルフは身長274cm、体重292kgの気が短い〝フィックス・イット・フェリックス〟の悪役です。何でも壊すのが仕事です。

しかしラルフは不満を抱えていました。悪役だけれど悪人ではない、そう思っているラルフは、ゲームの中でいつも自分が嫌われ役に甘んじていることに我慢ならないのです。

ゲームセンターでは、営業時間内はおのおののゲーム内部で、キャラクターはお客を楽しませるために動いていますが、閉店後は電源コードを伝ってターミナル駅〝ゲーム・セントラル・ステーション〟に繋がる電車を使い、他のゲームのキャラクターとも親睦を深めることができました。

ラルフは普段あまり他の人物と交流することなく、寝床であるゴミ溜めで暮らしていましたが、ある時〝悪役の会〟に行って「俺もヒーローになりたい」と訴えます。他の悪役…〝ストリート・ファイター〟のザンギエフやゾンビ、〝パックマン〟のグズタらはラルフの言い分に同意はするものの、「役割は大事だ、現状を直視しろ」「悪役のままでいいじゃないか」と口々にラルフを説得しました。

しかし…やはりラルフは納得いかないのです。その日もゲーム内に戻ると〝フィックス・イット・フェリックス〟の世界では30周年記念パーティーが催されていましたが、ラルフは悪役ということで呼ばれていませんでした。

他のゲームのキャラクターが招待されているのに、自分が呼ばれていないことに腹を立てたラルフは、どうしたら住民に認めてもらえるのかと詰め寄ります。住人の1人、眼鏡をかけた中年男性のジーンは「ヒーローのメダルをもらえれば、ビルのペントハウスに住まわせてやる」と言いました。

ジーンは軽い気持ちで言ったのですが、ラルフはメダルを勝ち取ろうと躍起になります。

たまたま通りすがりの別のゲーム〝ヒーローズ・デューティ〟で、勝利者は金のメダルが貰えると聞いたラルフは、鎧スーツを着用した1人がゴキブリを見て気絶したのをいいことに、スーツを拝借して〝ヒーローズ・デューティ〟にもぐりこみます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シュガーラッシュ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×