映画:シュレック

「シュレック」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

シュレックの紹介:陽気で心優しい緑色のオーガ(怪物)シュレックは、その醜い姿が人から恐れられるのにうんざりして沼地でひとり気ままに暮らしていたが、ある日おとぎ話のキャラクターたちが押しかけて来て家を占領されてしまう。マイホームを守るために冒険の旅に出るはめに…

あらすじ動画

シュレックの主な出演者

シュレック(マイク・マイヤーズ/浜田雅功)、フィオナ(キャメロン・ディアス/藤原紀香)、ドンキー(エディ・マーフィー/山寺宏一)、ファークアード卿(ジョン・リスゴー/伊武雅刀)

シュレックのネタバレあらすじ

【起】– シュレックのあらすじ1

シュレックは沼のほとりの小さな小屋に住む、全身が緑色の醜いオーガ(怪物)です。人々はシュレックの恐ろしい姿を見ると退治しようとやって来ますが、いいようにあしらわれて追い帰されます。

シュレックは実は心優しいオーガで、ひとりでのんびり暮らすのが好きなのです。その頃、領主のファークアード卿は国中のおとぎ話のキャラクターたちに賞金を懸けて捕まえさせ、シュレックの住む沼地へと追放しました。

シュレックの家とその周辺はおしゃべりロバのドンキーを始めとして、ピノキオや赤ずきんちゃんのオオカミや白雪姫の七人の小人などのおとぎ話のキャラクターたちに占領されてしまいます。

静かな生活を取り戻したいシュレックは、ファークアード卿に追放令を取り消すように話をつけるため、ドンキーに道案内をさせて卿が住むお城のあるデュロックの街へと向かいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シュレック」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×