映画:スパイダーマン:スパイダーバース

「スパイダーマン:スパイダーバース」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2019年公開。サム・ライミ監督「スパイダーマン」シリーズ、マーク・ウェブ監督「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、ジョン・ワッツ監督のMCU版シリーズと、これまで数多くの実写映画化シリーズが制作されてきたスパイダーマンの初めての劇場用長編アニメーション作品となる作品であり、これまでの作品とは異なり、原作では2代目スパイダーマンとして知られているマイルズ・モラレスを主人公に据え、その他にもお馴染みピーター・パーカーや、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヒロインであり、原作ではスパイダーマンの能力を持って登場するスパイダー・グウェンことグウェン・ステイシー、スパイダー・ハムなど、様々なスパイダーマンが集結する作品。

あらすじ動画

スパイダーマン:スパイダーバースの主な出演者

マイルズ・モラレス(シャメイク・ムーア)、ピーター・パーカー(ジェイク・ジョンソン)、グウェン・ステイシー/スパイダー・グウェン(ヘイリー・スタインフェルド)、ペニー・パーカー(キミコ・グレン)、スパイダーマン・ノワール(ニコラス・ケイジ)、ピーター・ポーカー/スパイダー・ハム(ジョン・ムレイニー)、キングピン(リーヴ・シュレイバー)、アーロン・デイヴィス(マハーシャラ・アリ)、ジェファーソン・デイヴィス(ブライアン・タイリー・ヘンリー)、スパイダーマン2099(オスカー・アイザック)

スパイダーマン:スパイダーバースのネタバレあらすじ

【起】– スパイダーマン:スパイダーバースのあらすじ1

スパイダーマン:スパイダーバースのシーン1

画像引用元:YouTube / スパイダーマン:スパイダーバーストレーラー映像

ニューヨークのブルックリンで暮らす高校生のマイルズ・モラレスは、2週間前に警察官の父親の薦めで学校を転校し、地元の学校から、平日の間は寮に泊まりながら通う、秀才の集まる学校に通っていました。もともと勉強が得意なマイルズは授業の内容自体には問題なくついていけていましたが、友達のいない環境で、目まぐるしいスピードで進む日常に耐えられなくなっていました。

週末が終わり、また学校へ戻り最初の登校日。必死にスケジュールを確認しながら教室を移動しますが、物理の教室に遅れてしまいました。既に授業は始まっていて、映像を観ていました。注意する教師に対し、物理的なジョークを言いますが、教師も、生徒も無反応でした。しかし、一人の女生徒が時間を置いて笑い出しました。空いている席がその女子の隣しか無かったため、マイルズはそこに座りました。その女子は「あまりにも静かになったから、思わず笑っちゃったと言います」マイルズは映像を観ながらも、彼女のことが気になり、横目で彼女を見ていました。

その夜、マイルズは寮を抜け出し、ニューヨークの街を歩いていました。街のビジョンにはスパイダーマンが今日も人助けをしたというニュースが流れていました。10年間もの間ニューヨークを守ってきたスパイダーマンは人気者となり、音楽CDやコスチュームセットなどが発売されていました。そのビジョンを横目にマイルズは、叔父のアーロンの元へ向かいます。マイルズはアーロンを慕っており、アーロンもマイルズを可愛がっていました。マイルズはアーロンに、学校での悩みや愚痴をこぼします。アーロンはマイルズに彼女はまだいないのかと聞くと、少し気になる子がいると言います。アーロンはその女子を落とす方法として、その娘の肩に手を置き「よお」と低い声で言えと教えます。マイルズは面白がりながら実践練習をしていました。

夜中、アーロンはマイルズを連れてある場所に連れて行きました。そこには壁があり、ここに落書きをしようと言います。2人で楽しみながら落書きをした後、 マイルズはデジカメでその絵を撮影しようとします。その時、マイルズの右手に1匹の蜘蛛が乗っていて、その蜘蛛がマイルズを噛みました。痛がりその蜘蛛を叩き殺した後、マイルズは寮に戻りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スパイダーマン:スパイダーバース」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×