映画:スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道

「スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道の紹介:「スラムダンク」の映画第2弾となります。本作の対戦相手となる津久武高校は原作にも登場しています。原作では試合はダイジェストで描かれており、詳細な流れは明らかにされていません。そうした原作では詳細は描かれなかった試合に焦点を当てたのが、「全国制覇だ!桜木花道」です。また本作では原作アニメ合わせても唯一となるディスクォリファイング・ファウルが登場しているのも特徴の一つだと言えるでしょう。

あらすじ動画

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道の主な出演者

桜木花道(草尾毅)、赤木剛憲(梁田清之)、流川楓(緑川光)、三井寿(置鮎龍太郎)、宮城リョータ(塩屋翼)、木暮公延(田中秀幸)、赤木晴子(平松晶子)、彩子(原えりこ)、伍代友和(真地勇志)、南郷洸一郎(立木文彦)、川崎一美(堀秀行)、中川早苗(鶴ひろみ)

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のあらすじ1

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のシーン1 インターハイ予選は第3試合が終わったばかりです。桜木はインターハイ予選で一度もシュートを決めることができておらず、3試合連続退場という記録を更新してしまいました。水戸たち桜木軍団は無得点と3試合連続退場をからかい、桜木に頭突きされてしまいます。桜木はそれほど苛立っていました。
退場したくない桜木は副キャプテンの木暮に相談します。次の日、小暮は桜木が相談してきたことをキャプテンの赤木に話しました。
赤木と小暮が2人で話し合いながら歩いていると、中学時代のチームメイトだった伍代と偶然の再開を果たします。伍代は現在、古豪の津久武高校バスケのキャプテンに選ばれており、湘北高校と同じく予選を突破していました。
4回戦では湘北と津久武が戦うことになっています。かつてのチームメイトである赤木と伍代は「俺が勝つ」と互いに譲りませんでした。

一方の桜木は水戸たちと共に公園にやってきていました。公園では赤木の妹、晴子がバスケの練習に明け暮れています。晴子の頑張りを見て、無得点、3試合連続退場という不甲斐ない結果しか残せていない自分に嫌気が差し、応援から去ろうとします。
するとそこに津久武バスケ部1年生の南郷がやってきて、晴子をナンパを仕掛けました。それにむかついた桜木は南郷に頭突きをかまします。南郷は桜木の頭突きに耐えました。
桜木は「晴子は俺の恋人だ」と嘘をついて、南郷を追っ払おうとしますが、逆に火に油を注いでしまう結果になります。桜木と南郷は晴子の恋人の権利をかけて、インターハイの4回戦で争うことになりました。

【承】- スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のあらすじ2

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のシーン2 インターハイ予選4回戦当日、会場には王者海南大附属のキャプテン牧伸一やシード権を獲得している翔陽のエース藤間健司と花形透がいました。さらに湘北と練習試合をしたことのある陵南も試合を見に来ています。
記者の中川早苗は、試合前に津久武の川崎監督にインタビューを行っていました。川崎監督は湘北の安西監督の教え子です。恩人の安西監督との試合を、川崎監督は心待ちにしていました。

いよいよ試合が始まるというとき、桜木はスタメンではなく、ベンチにいました。晴子をかけて争うはずだったのに、桜木がベンチ入りしていることを知り、南郷は挑発めいた言葉を口にします。
試合が始まりました。南郷は赤木に勝るとも劣らないジャンプ力を見せます。津久武のバスケ部は小柄な選手ばかりですが、その特徴を活かした素早いドリブルとパスワークを武器としており、湘北のディフェンスがくずれかけます。その一瞬のスキを突き、伍代が3ポイントシュートでゴールを決めました。

津久武のパスワークに湘北の面々は翻弄され、1年の南郷が次々と得点を入れていきます。南郷をマークすれば、外から伍代が3ポイントシュートで射貫くというプレイスタイルにやられ、湘北は追い詰められていきました。
湘北はようやく桜木を試合に出場させます。試合の流れを変えるためでした。桜木はリバウンドでボールを奪い、宮城にパスします。宮城は巧みなドリブルで、湘北得意の速攻に持ち込んでいきます。その甲斐あって、後半戦で逆転を狙える可能性を掴むことができました。
ですが津久武に前半戦はしてやられたため、湘北の空気は悪いものになっていきます。赤木と三井は伍代と南郷をマークすることに決め、宮城と流川も後半戦に向けて、準備を進めていきます。

一方で津久武の空気は明るいものでした。前半で12点差もリードしているため、後半戦も余裕だろうと高を括っていたのです。

【転】- スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のあらすじ3

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のシーン3 後半戦が始まりました。桜木はリバウンドでボールを取り続けますが、その一方でファウルも取られてしまいます。点を取って活躍したいという思いが、桜木の動きを鈍らせていました。
そこで三井は桜木に対し、3ポイントシューターにとってリバウンダーの存在は驚異的であると諭します。さらに流川からも発破めいた言葉をかけられ、桜木は本来の調子を取り戻していきます。

南郷に抑えられている赤木を桜木がリバウンドで助け、湘北は速攻に持っていきます。その結果、赤木と三井、流川の3人が次々と得点を重ねていきます。宮城のパス回しが彼ら3人を活かし、それと同時に津久武の攻撃を抑えているのです。得点差は徐々に縮まっていきました。

次第に追い詰められていく津久武はついにタイムアウトを取りました。伍代は平均以下のバスケ選手でしたが、川崎監督にシュートフォームの才能を見出され、3ポイントシュートという武器を獲得したのです。それを思い出した伍代は絶対に勝つと闘志を燃やし始めます。
伍代は3ポイントシュートを打ちますが、三井がボールに触ったため、ゴールを決めることができませんでした。ゴールから外れたボールを桜木がリバウンドで掴み取ります。伍代はボールを奪おうとしますが、誤って桜木のこめかみに肘打ちをしてしまいました。
審判はインテンションファウルを取ります。伍代はその判定に納得できず、審判に抗議しました。審判は伍代のスポーツマンらしくない振る舞いから、今度はディスクォリファイング・ファウルの判定を行います。結果、伍代は退場することになってしまいました。

【結】- スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のあらすじ4

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のシーン2 津久武はキャプテンの伍代が退場したことを受け、1年の南郷が巻き返しを図ろうと奮闘します。ですが桜木のリバウンドには敵わず、津久武は徐々に追い詰められていきました。
津久武のベンチも沈んでいきます。桜木は赤木から、退場がどういう重みを持つのか教えられました。

ここに来て、観客は桜木に注目し始めます。なんと桜木はこの試合で現在22本のリバウンドを取っており、県大会のタイ記録に並んでいました。それを知って観客が騒ぎ始めたのです。
桜木も県大会のタイ記録に並んでいると知り、新記録を狙うため、リバウンドを取ろうと躍起になりました。ところがリバウンドのチャンスが巡ってこず、新記録をなかなか狙えなかったのです。

試合も終盤に差し掛かる中、ようやくリバウンドのチャンスが巡ってきました。桜木はリバウンドを取ろうとしますが、その前に南郷が立ちはだかります。桜木は南郷を吹き飛ばし、ボールを掴みました。新記録誕生を目撃した観客の興奮は最高潮になりますが、審判の笛が鳴り響きます。試合終了の合図ではありません。ファウルの笛でした。
桜木はリバウンドを取るとき、南郷を吹き飛ばしてしまったため、ファウルと認定されたのです。これで5ファウルとなったため、桜木は退場することになります。
新記録はファウルでノーカンとなり、夢は潰えました。桜木軍団は、桜木の4試合連続退場を面白がっています。桜木はまたの退場に落ち込んでいました。

桜木が退場した後も湘北の勢いは止まらず、試合が終了します。111対79という点差で湘北が勝ち、ベスト8に駒を進めました。
津久武の南郷は晴子への想いを捨てきれず、名残惜し気に彼女を見つめています。

その頃、桜木は4試合連続退場という記録を樹立したことで、ショックから立ち直れずにいました。
落ちこむ桜木に対して、彩子が声をかけます。会場の声をよく聞けという言葉を受け、桜木は耳を澄まします。観客の声援はリバウンドのタイ記録を樹立した桜木に向けられていました。

みんなの感想

ライターの感想

シード校ということもあって、津久武高校はなかなかに強かったです。一進一退の攻防から湘北の盛り上がり、桜木のリバウンド記録など見どころも盛りだくさんでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道」の商品はこちら