映画:スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道

「スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道の紹介:「スラムダンク」の映画第2弾となります。本作の対戦相手となる津久武高校は原作にも登場しています。原作では試合はダイジェストで描かれており、詳細な流れは明らかにされていません。そうした原作では詳細は描かれなかった試合に焦点を当てたのが、「全国制覇だ!桜木花道」です。また本作では原作アニメ合わせても唯一となるディスクォリファイング・ファウルが登場しているのも特徴の一つだと言えるでしょう。

あらすじ動画

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道の主な出演者

桜木花道(草尾毅)、赤木剛憲(梁田清之)、流川楓(緑川光)、三井寿(置鮎龍太郎)、宮城リョータ(塩屋翼)、木暮公延(田中秀幸)、赤木晴子(平松晶子)、彩子(原えりこ)、伍代友和(真地勇志)、南郷洸一郎(立木文彦)、川崎一美(堀秀行)、中川早苗(鶴ひろみ)

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のネタバレあらすじ

【起】– スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のあらすじ1

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道のシーン1

画像引用元:YouTube / スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道トレーラー映像

インターハイ予選は第3試合が終わったばかりです。桜木はインターハイ予選で一度もシュートを決めることができておらず、3試合連続退場という記録を更新してしまいました。水戸たち桜木軍団は無得点と3試合連続退場をからかい、桜木に頭突きされてしまいます。桜木はそれほど苛立っていました。

退場したくない桜木は副キャプテンの木暮に相談します。次の日、小暮は桜木が相談してきたことをキャプテンの赤木に話しました。

赤木と小暮が2人で話し合いながら歩いていると、中学時代のチームメイトだった伍代と偶然の再開を果たします。伍代は現在、古豪の津久武高校バスケのキャプテンに選ばれており、湘北高校と同じく予選を突破していました。

4回戦では湘北と津久武が戦うことになっています。かつてのチームメイトである赤木と伍代は「俺が勝つ」と互いに譲りませんでした。

一方の桜木は水戸たちと共に公園にやってきていました。公園では赤木の妹、晴子がバスケの練習に明け暮れています。晴子の頑張りを見て、無得点、3試合連続退場という不甲斐ない結果しか残せていない自分に嫌気が差し、応援から去ろうとします。

するとそこに津久武バスケ部1年生の南郷がやってきて、晴子をナンパを仕掛けました。それにむかついた桜木は南郷に頭突きをかまします。南郷は桜木の頭突きに耐えました。

桜木は「晴子は俺の恋人だ」と嘘をついて、南郷を追っ払おうとしますが、逆に火に油を注いでしまう結果になります。桜木と南郷は晴子の恋人の権利をかけて、インターハイの4回戦で争うことになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×