映画:スーサイド・ショップ

「スーサイド・ショップ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

スーサイド・ショップの紹介:フランスの作家、ジャン・トゥーレの小説「ようこそ、自殺用品専門店へ」を原作に、2012年フランスでアニメ映画化された。日本では2014年に公開。

あらすじ動画

スーサイド・ショップの主な出演者

以下俳優陣は声の出演ミシマ・トゥヴァシュ(ベルナール・アラヌ)、ミシマの妻(イザベル・スパッド)、アラン(ケイシー・モッテ・クライン)、アランの姉(イザベル・ジアニ)、アランの兄(ロラン・ジャンドロン)

スーサイド・ショップのネタバレあらすじ

【起】– スーサイド・ショップのあらすじ1

絶望が世界を包み、野生の鳩ですら生きる気力を見出せず自殺する程暗く澱んだ大都市。そんな中、一人の男が同様に人生に絶望し、身投げ自殺を試みていた。しかしすんでのところで通りかかった他人に引き止められる。

この街では公共の場で自殺することは禁じられており、もし自殺を図った場合多額の負債が遺族にのしかかるという。しかしどうしても死にたいという男に、通りがかりの男はとある店を紹介する。それはこの活気がない街で唯一連日大繁盛の人気店「LeMagasindepSuicide」。

毒薬や首吊り用ロープ、剃刀など様々な自殺をする為の用具を販売するという特殊な店だった。そして男は店主のアドバイスのもと自分に適した自殺方法を選び、そして自宅にてひっそりと息を引き取ったのであった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • wcr1289115さんの感想

    もともと原作絵本の「ようこそ、自殺用品専門店へ」を知っていたので、映画もあわせて見ました。私のイメージではママが細身、パパががっしりだったんだけど、アニメでは逆ですね。いやすっごい楽しいですよこれ!映画と原作をあわせて見ると効果倍増。アランの親不孝ぶりが最高、で、つられて家族が前向きな気分になっちゃう(駄目なのに!)のも最高です。

映画の感想を投稿する

映画「スーサイド・ショップ」の商品はこちら

IMAGE

スーサイド・ショップ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

DVD > 外国のコメディ映画
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
パトリス・ルコント(監督)

¥2,039
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20