映画:ズートピア

「ズートピア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

アニメ映画

ズートピアの紹介:2016年に公開されたウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作・配給の3Dアニメーション作品。進化した動物たちが人間と同じように暮らす都市「ズートピア」を舞台に、人間社会にあるような様々な偏見による問題を隠喩として描き、子供だけでなく大人も楽しめる作品として高く評価された。製作総指揮はジョン・ラセター。監督は『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアの共同による。音楽はアカデミー作曲賞を受賞したこともあるマイケル・ジアッチーノが作曲し、ミュージシャンのシャキーラが声の出演と同時に主題歌も担当している。

あらすじ動画

ズートピアの主な出演者

ジュディ・ホップス(ジ二ファー・グッドウィン)、ニック・ワイルド(ジェイソン・ベイトマン)、ボゴ署長(イドリス・エルバ)、レオドア・ライオンハート市長(J・K・シモンズ)、ドーン・ベルウェザー副市長(ジェニー・スレイト)、ミスター・ビッグ(モーリス・ラマーシュ)

ズートピアのネタバレあらすじ

【起】– ズートピアのあらすじ1

動物が進化して人間と同じように暮らす世界で、片田舎の町にウサギの少女ジュディ・ホップスが住んでいました。

彼女の両親は心配性で、ウサギはウサギらしくニンジンを育てて地道に暮らすのが一番だといつも言っていましたが、ジュディは警官になることを夢見ていて、いじめっ子のキツネにも敢然と立ち向かう勇気のある少女でした。

成長したジュディは警察学校に入学、体の大きな動物たちに混じって努力し、優秀な成績で卒業したのです。

初めて警察官になったウサギとして、ジュディはライオンでズートピア市長のレオドア・ライオンハートと、ヒツジで副市長のドーン・ベルウェザーから「小さな動物の誇り」と讃えられました。

そして、心配する両親に見送られた彼女は、列車に乗ってズートピアに向かいます。

そこはなんでもかなう夢の大都会でした。狭く汚いアパートの部屋にもめげず、希望に燃えて警察署に出勤したジュディでしたが、同僚の警官たちはみんな体の大きな動物ばかりです。署長のポゴは彼女のこともまったくアテにしていません。

折しもズートピアでは、、肉食動物ばかりが14人も行方不明になる事件が発生していました。仲間の警官たちは次々と捜査のため出動していきますが、ジュディに与えられたのは駐車違反の取締でした。

それでもめげず、次々と違反キップをきっていくジュディでしたが、ゾウのアイスクリーム店で販売拒否をされているキツネの親子に気づき、警察の権限で助けます。

ところが、そのキツネはゾウ用の大きなアイスキャンディーを溶かしてネズミ用に大量のアイスキャンディーを作り直して荒稼ぎしていたのです。しかも子ギツネだと思っていたのは、子供ではなく共犯の小柄なフェネックでした。

自分が騙されていたことに気づいたジュディは落ち込むのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ズートピア」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×