映画:ティム・バートンのコープスブライド

「ティム・バートンのコープスブライド」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ティム・バートンのコープスブライドの紹介:ティム・バートンがロシアの民話を元に製作・監督したダークファンタジー作品。1993年の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』と同じく、ストップモーション・アニメにより制作された。主演のジョニー・デップは本作が初めての声優である。生きている人間の世界を暗く陰鬱に、地下の死人たちの世界を陽気に明るく描くという逆転した構図の斬新さや、死体でありながら健気に振る舞うヒロインの愛らしさが好評を博し、アカデミー長編アニメ賞やアニー賞作品賞などにノミネートされた。

あらすじ動画

ティム・バートンのコープスブライドの主な出演者

ヴィクター・ヴァン・ドート(ジョニー・デップ)、エミリー(ヘレナ・ボナム=カーター)、ヴィクトリア・エヴァーグロット(エミリー・ワトソン)、バーキス・ビターン卿(リチャード・E・グラント)ネル・ヴァン・ドート(トレイシー・ウルマン)、ウィリアム・ヴァン・ドート(ポール・ホワイトハウス)

ティム・バートンのコープスブライドのネタバレあらすじ

【起】– ティム・バートンのコープスブライドのあらすじ1

19世紀、ヨーロッパのある村で、内気で心優しい青年ヴィクターは、成金で品のないの金持ちの両親のため、一度も会ったことのない貴族の娘ヴィクトリアと結婚することになりました。ヴィクトリアの両親エヴァーグロット夫妻は由緒正しい貴族ですが今は没落していて、お金目当てに結婚の申込みを受けたのです。

結婚式の準備のため両親とともにエヴァーグロット家を訪れたヴィクターですが、親同士が交渉をしている間、手持ちぶさたで大広間にあったピアノを引きました。そこにヴィクトリアがやってきます。彼女は物静かな性格で、両親が決めた財産目当ての結婚に不安を抱いていました。ヴィクターとヴィクトリアは初対面で互いに好意を抱くようになります

両家の立ち会いのもと結婚式のリハーサルが始まりますが、ヴィクターは失敗を繰り返し、ついに結婚式は延期になってしまいました。

落ち込んだヴィクターは夜の森の中で一人、誓いの言葉を練習します。一人でいると言葉がスムーズに出始め、調子に乗ったヴィクターは結婚指輪を枯れ木の枝にはめてしまいました。その途端、周囲に怪しい奮起が漂い、地下から死体の花嫁(コープスブライド)エミリーが出現、「お受けします」と言います。枯れ木だと思っていたのは、彼女のミイラ化した腕だったのです。慌ててその場を逃げ出したヴィクターですが、エミリーに追いつかれキスされて気絶してしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ティム・バートンのコープスブライド」の商品はこちら

IMAGE

ティム・バートンのコープスブライド [DVD]

DVD > 外国のファンタジー映画
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
ジョニー・デップ(出演),ヘレナ・ボナム=カーター(出演),エミリー・ワトソン(出演),アルバー…

¥991
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20