映画:ディリリとパリの時間旅行

「ディリリとパリの時間旅行」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ディリリとパリの時間旅行の紹介:2019年公開のフランス・ドイツ・ベルギー合作映画。第44回セザール賞アニメーション映画賞受賞作品。脚本・監督は「キリクと魔女」などで知られるミッシェル・オスロ。新海誠の実娘である新津ちせと斎藤工が日本語吹き替えを担当したことでも話題になっている。

あらすじ動画

ディリリとパリの時間旅行の主な出演者

ディリリ(プリュネル・シャルル=アンブロン)、オレル(エンゾ・ラツィト)、エマ・カルヴェ(ナタリー・デセイ)

ディリリとパリの時間旅行のネタバレあらすじ

【起】– ディリリとパリの時間旅行のあらすじ1

ディリリとパリの時間旅行のシーン1

画像引用元:YouTube / ディリリとパリの時間旅行トレーラー映像

舞台はベル・エポックと呼ばれる、19世紀後半から20世紀初頭のパリ。

資本主義によって女性の社会進出などの社会的な変化がもたらされ、さまざまな芸術も花開いた輝かしい時代です。

半裸で生活する原住民の一家が、料理を作ったり楽器を奏でたりする姿が映し出されます。

彼らはパリ万国博覧会の人間動物園「カナック村」に出演中の人々で、着飾った紳士淑女の前で原住民の生活を再現していたのです。

その中にいたのが、ニューカレドニアからやってきた少女ディリリです。カナック村を見ていたハンサムな配達人の青年オレルは、ディリリに声をかけて会う約束をしました。

仕事が終わると、ディリリは真っ白なワンピースに着替えてオレルと落ち合いました。

先ほどまで現地の言語を話していたディリリでしたが、とても流暢なフランス語で丁寧に自己紹介をします。そしてオレルがくれたポテトを頬張りながら、フランスまでやってきた経緯を語ります。

広い世界が見たかったディリリは、ニューカレドニアからこっそり船に乗り込みますが、捕まってしまいます。

しかし、船の中で知り合った無政府主義者のルイーズ・ミシェルに助けられ、彼女の助けを得てパリまでやってきたのです。現在はミシェル夫人の家に身を寄せて、昼間は万国博覧会でアルバイトをしていました。

また、ディリリはカナック族とフランス人のハーフで、どちらにも属せないことに悩んでいました。

ニューカレドニアにいた頃は周りの人々よりも肌の色が明るいことで良く思われず、居場所を求めて出てきたのです。ところがフランスにきても、今度は色が黒いと言って好奇の目にさらされていました。

ディリリは「両方でいたいの、ほっといてほしいわ」と本音を漏らします。

優れた観察眼を持つディリリはオレルの人柄を見抜き、2人は友達になります。

ディリリは得意の縄跳びを披露してから、オレルの仕事用の三輪車のカゴに乗って、パリの街を案内してもらうことになりました。

「私はずっと人に見られていたのよ。今度は私がパリを見る番!」と意気揚々と出発するのでした。

オレルはパリを自分の庭と称して、ディリリを数々の美しい名所に連れて行きます。

しかし、どこへ行っても「男性支配団」と名乗る犯罪組織のうわさで持ちきりでした。彼らは連続少女誘拐事件の犯人で、窃盗や強盗などもおこなっていましたが、誰一人としてその実態を知りませんでした。

幼い少女が次々と誘拐されていることを知ったディリリは、さっそく彼女たちの救出に乗り出します。

道中、ディリリも男性支配団の一味に目をつけられて、誘拐されそうになります。

オレルが助けに入りどうにか逃げられて、彼らが牛のような鼻輪をつけていることがわかりました。

その後、オレルは物理学者・科学者のマリ・キュリーの娘のエーヴを学校に迎えに行きます。

キュリー夫人の茶会に招かれたディリリは、男性支配団の正体を突き止めるべく、頭脳明晰な彼女に次々と質問を投げかけました。

残念ながら、キュリー夫人もくわしいことはわかりませんでした。

ディリリはパリで出会ったたくさんの人の名前を忘れないように、逐一メモに書き留めていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ディリリとパリの時間旅行」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ