映画:デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」

「デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」」のネタバレあらすじと結末

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」の紹介:1999年に放送された初代「デジモンアドベンチャー」の6年後を描いた新作映画シリーズの第2弾となります。当時放送されていたテレビアニメとはキャラクターデザインが一新されており、「選ばれし子供たち」の声優陣も異なっています。ですがパートナーデジモンたちの声優陣はテレビアニメと同じキャストです。なおデジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」は前作第1章のストーリーからの続きとなっています。

あらすじ動画

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」の主な出演者

八神太一(花江夏樹)、石田ヤマト(細谷佳正)、武之内空(三森すずこ)、泉光子郎(田村睦心)、太刀川ミミ(吉田仁美)、城戸丈(池田純矢)、高石タケル(榎木淳弥)、八神ヒカリ(M・A・O)、望月芽心(荒川美穂)、アグモン(坂本千夏)、ガブモン(山口眞弓)、ピヨモン(重松花鳥)、テントモン(櫻井孝宏)、パルモン(山田きのこ)、ゴマモン(竹内順子)、パタモン(松本美和)、テイルモン(徳光由禾)、メイクーモン(森下由樹子)

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のあらすじ1

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のシーン1 アルファモンとの戦いからしばらく経ち、お台場は復興の兆しを見せていました。彼ら「選ばれし子供たち」はミミの発案で、新しい仲間となった芽衣を連れ、温泉施設へと遊びに行きます。その理由は芽衣との親睦を深めるためでした。ただすべての「選ばれし子供たち」が集まったわけではありません。丈だけは受験があるからと親睦会の参加を断ってしまったのです。一人だけ親睦会に参加せず、受験勉強に打ち込んでいることに対して、丈は苦悩を抱えていました。

一方、親睦会ではデジモンたちがパートナーの言うことに耳を貸さず、温泉施設内を勝手気ままに動き回っていました。パートナーデジモンの中でもメイクーモンだけは、芽衣とはぐれてしまったことに不安を覚えます。それゆえか何やら怪しげなオーラを身にまとい始めます。
ですが芽衣がやってきたため、メイクーモンが身にまとっていた不穏な気配は霧散し、通常の雰囲気へと戻りました。

そうして温泉施設を堪能した「選ばれし子供たち」は元の生活へと戻り、学校生活を再開させます。学校は学園祭シーズン真っ只中で、実行委員に選ばれたミミと芽衣は打ち合わせに参加します。ミミは喫茶店の責任者をやりたいと立候補しました。
ミミは喫茶店の衣装を決めるため、芽衣と一緒に買い物へと出かけます。どんな衣装にしようかと二人で楽しく選んでいたとき、「感染デジモン」が現れたとの連絡が入ります。ミミと芽衣は急いで現場へと向かいました。

【承】- デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のあらすじ2

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のシーン2 ミミと芽衣は誰よりも早く、「感染デジモン」が暴れている場所へと到着しました。感染し、暴れまわっているのはオーガモンです。ミミは光子郎にオーガモンが暴れまわっていると連絡しました。
光子郎はミミと芽衣、および周囲の人たちの安全を考え、「選ばれし子供たち」が全員集まるまで待機するようにと指示を出します。
しかしミミは光子郎の命令には一切耳を貸さず、成長期のパルモンを成熟期のトゲモンへと進化させた後、独断でオーガモンに挑みます。
トゲモンとオーガモンの戦いの様子をテレビ局のヘリコプターが中継していました。彼らテレビ局にとって、得体のしれないデジモン同士のバトルはスクープだったのです。
デジモン同士のバトルが苛烈を極める中、トゲモンがオーガモンに向けて放ったトゲトゲ攻撃の余波が、テレビ中継をしていたヘリコプターを巻き込んでしまうという事態が発生してしまいます。トゲトゲ攻撃を受けたヘリコプターはそのまま墜落してしまいました。
動揺するミミをよそに、トゲモンはオーガモン相手に苦戦を強いられ、絶体絶命のピンチに陥ってしまいます。そのとき歪みが生まれ、そこからレオモンが現れました。レオモンはオーガモンを拘束し、歪みの中へと引きずり込みます。オーガモンとの戦いは一時的なものですが、終わりを見せました。
戦いが終わった後、「選ばれし子供たち」がようやく到着します。光子郎はミミの独断専行に怒りをあらわにし、「どうして勝手な行動をしたんだ」と非難します。光子郎の言い分に何も言うことができず、ミミはその場を後にしました。
一方、ヤマトも受験勉強にばかり勤しみ、一向に姿を見せない丈に対して怒りを覚えていました。

【転】- デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のあらすじ3

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のシーン3 光子郎は自らのオフィスへと戻り、「感染デジモン」にどう対抗するか、その策を考えていました。すると彼ら「選ばれし子供たち」の前にレオモンが現れます。レオモンはデジタルワールドに起きている異変を伝えに、現実世界へとやってきたのです。
レオモンは「感染デジモン」と現実世界に発生している歪みは因果関係にあると言い、太一たちが学校に行っている間、パートナーデジモンを保護することを申し出ました。

その一方で、光子郎に無鉄砲な行動を叱られたミミは、気分が沈んだまま日々を無意味に過ごしていました。クラス内ではトゲモンとオーガモンのバトルの話題で持ちきりです。ミミはその場にいたたまれなくなり、学校を出ました。
ふらふらと歩いていたミミは、河川敷で丈と出会います。彼ら二人は互いの葛藤を吐露しました。ミミは自分勝手な行動に嫌気が差しており、丈もまた戦闘に参加せず逃げたことを悔やんでいたのです。
自分の弱さを理解していながら、向き合うこともできない自分自身について、彼らは素直に語り合います。話をしている最中、雨が降ってきましたが、二人は傘を差すこともなく、家路へとぼとぼ帰っていくのでした。

帰宅した丈の落ち込んだ姿を見て、パートナーデジモンのゴマモンは慰めようとしました。しかし丈はゴマモンの慰めを冷たくあしらいます。自分のせいで丈が苦しんでいると感じたゴマモンは、光子郎のオフィスに身を寄せ、丈の前から去ることを決めました。

【結】- デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のあらすじ4

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」のシーン2 学園祭当日を迎えました。ミミはヘリコプターの件から立ち直っておらず、いまだ気分が沈んでいます。
ですが喫茶店の出し物を一生懸命にこなそうとする芽衣の姿を見て、ミミの気持ちは徐々に上向きになっていきました。その変化は周囲にも影響を与え、ミミの努力と元気いっぱいさが、クラスのみんなにも伝わっていきます。
そんなとき芽衣のパートナーデジモン、メイクーモンがデジモンカイザーに連れ去られてしまいました。デジモンカイザーはメイクーモンを歪みの中へと引きずりこみます。
パルモンとゴマモンはメイクーモンを助けようと、様々な策を試しました。レオモンが助っ人に駆け付けます。
彼らは感染し暴走している究極体のインペリアルドラモンと戦いを始めました。しかし成長期のパルモンとゴマモンでは究極体には敵いません。
追い詰められるパルモンとゴマモンのもとに、ミミと丈がやってきました。彼ら二人は傷ついているパートナーデジモンを目の当たりにし、ついに弱い自分に立ち向かうと心を奮い立たせます。
ミミと丈の気持ちに応え、ゴマモンは究極体のヴァイクモンに、パルモンは究極体のロゼモンに進化しました。
究極の力を得たヴァイクモンとロゼモンは劣勢を覆し、インペリアルドラモンを撃破することに成功します。メイクーモンも助け出しました。
インペリアルドラモンを倒したことで彼らは一息つきますが、そのときメイクーモンに異変が起こります。メイクーモンは大きな姿へと変貌を遂げ、暴走してしまったのです。
暴走状態にあるメイクーモンはレオモンを殺してしまいます。そして歪みを生み出し、メイクーモンはその中へと消えてしまいました。
芽衣はメイクーモンの突然の暴走にショックを受けます。太一たちはメイクーモンの豹変に戸惑いました。
彼らの姿を見ていた姫川は感染と歪みの元凶はメイクーモンにあると呟きました。

みんなの感想

ライターの感想

第2章はミミと丈に焦点を当てた物語で、二人の葛藤がよく描かれていたと思います。だからこそヴァイクモンとロゼモンへ進化したシーンがものすごくかっこよかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」」の商品はこちら