映画:デスビリヤード

「デスビリヤード」のネタバレあらすじと結末

デス・ビリヤードの紹介:2013年に公開されたアニメ映画です。「アニメミライ2013」の第1作として公開されたもので、2015年には「デス・パレード」というタイトルで、テレビアニメ化されています。若手アニメーター育成プロジェクトの参加作品であるため、若手7人のうち、なんと5人は本作が初原画となっています。そのうえ約360にも及ぶカットはたった3人で制作したそうです。なお本作はリドルストーリー的な要素も取り入れています。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

デスビリヤードの主な出演者

バーテンダー(前野智昭)、女性(瀬戸麻沙美)、若者(中村悠一)、老人(筈見純)

デスビリヤードのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- デスビリヤードのあらすじ1

デスビリヤードのシーン1 エレベーターに1人の老人が乗っていました。扉が開いた先には、美しい女性が立っています。彼女は「いらっしゃいませ」と言いました。
老人は女性に案内されるまま、先へと進んでいきます。たどり着いた先は「クイーンデキム」というバーでした。バーテンダーに促され、老人は席に座ります。
先に若者が客として座っていました。老人がタバコを要求し、客の若者が「これでよければ」と差し出します。
バーテンダーが「どうやってここに来たか覚えていますか」と質問しました。若者は会社から彼女の家に行ったとこまで、老人も縁側でビールを飲んでいたことしか覚えていません。
するとバーテンダーが状況の説明を始めます。1つ、ここがどこかという問いには答えることができない、2つ、客にはゲームをしてもらう、3つ、ゲーム内容はルーレットで決めるというものでした。
そして4つ目は命を懸けてゲームを行うというものです。老人と若者はどうしてそんなことをしなければならないんだと喚きます。それに対しバーテンダーはゲームが終了するまではここから出られないと5つ目のルールを伝えました。

若者はバーのあちこちを歩き回り、出口を探します。どこにも出口はなく、若者はどうなっているんだと混乱しました。
老人はゲームに負けた場合と勝った場合のことを聞きます。バーテンダーは答えられないとし、その代わり、ゲームが終了した場合は外に出られると言いました。
若者はゲームをしない場合はどうなるのかと尋ねます。バーテンダーはオススメできないとあるものを見せました。それは天井から吊り下げられた無数の人の姿だったのです。
若者は「まさか死体?」と狼狽しました。

【承】- デスビリヤードのあらすじ2

デスビリヤードのシーン2 女性が6つと声を上げます。バーテンダーが「ゲームを受けるか受けないか1時間以内に決めろ」と言っている最中に、老人がルーレットのスイッチを押しました。
ルーレットが回ります。若者は押しちゃダメだろと叫びました。それに対し、老人は今は従うしかないと返します。
ゲームの内容はビリヤードのエイトボールに決定しました。ボールには数字の代わりに、心臓や頭といった体の器官が描かれています。ただし心臓のボールを落とされても心臓がなくなるというわけではないと女性は言いました。
相手の器官を落としていき、最後にエイトボールを落とした方が勝者となります。

若者がブレイクに名乗りを挙げ、ビリヤードが始まりました。ふと思い出したように、バーテンダーが「ボールに描かれた器官は実際の体の状態と連動している」と告げます。それはゲームを盛り上げるための演出でした。

若者は狙っていた女性がビリヤードのうまい人だと言い、学生時代はビリヤード場に入り浸っていたと語りました。彼は彼女と喧嘩したため、謝るためにも勝つと強く決意します。

若者は老人の手が震えていることに気付き、これは余裕で勝ったなと思いました。しかし老人は次々とボールを落としていったのです。若者はボールが落ちるたびに、体に異変が起こっていると感じました。
老人にもばあさんの糠漬けを食べたいという強い思いがあり、容赦する気はなかったのです。敗北寸前に追い込まれた若者は止めろと叫びました。
あと2個というところで老人の快進撃は止まり、若者はほっとします。

【転】- デスビリヤードのあらすじ3

デスビリヤードのシーン3 若者は女性から水を受け取り、喉の渇きを癒します。彼は女性の「ボールを落とされても器官に影響はない」、バーテンダーの「ボールに描かれた器官と実際の器官は連動している」という言葉に疑念を抱いていました。これが本当だとすれば、ボールが落とされるたびに体に違和感を覚えるのは変です。
しかも老人には一切の変化がありません。そこで若者は試しに老人の心臓や脳を落としてみることにします。彼は意識を集中させますが、失敗に終わってしまいました。
次で終わると恐怖に駆られた若者は死にたくないと叫びます。老人は負けても死ぬとは言われていないと返しました。
はっとした若者は負けたらどうなると、バーテンダーを問い詰めます。バーテンダーは命を懸けていただくとしか言えませんと答えました。
勝てないと悟っている若者は何とか説得しようとしますが、その前に老人が残り2つのボールを落としに行きます。若者の脳裏に、彼女に浮気現場を見られた記憶と彼女との楽しい日々が過ぎりました。
ここで殺されるくらいならと若者はビリヤードのキューを手にし、老人に襲い掛かります。しかし返り討ちにされました。
そのとき老人は飛んでくる戦闘機といじめっ子だった学生時代、剣道の試合、ばあさんとの思い出を垣間見ました。それが隙となり、老人は若者にタックルされます。そのまま老人は押し倒され、ガラスに頭をぶつけました。
若者は老人に呼びかけますが何の反応もありません。殺してしまったと若者は精神的に追い詰められます。
ゲームはどうなるんだ?と若者は問いかけました。バーテンダーはエイトボールが落ちるまではゲームは終わらないと言います。
若者は俺が殺したのを見ただろと口にしました。エイトボールと言いかけたバーテンダーを遮り、若者は「俺は悪くない。あの状況じゃ仕方がなかった」と自分に言い聞かせます。
若者はゲームを続け、エイトボールを落としました。バーテンダーは若者の勝利を宣言しました。

【結】- デスビリヤードのあらすじ4

デスビリヤードのシーン2 バーテンダーは「お2人ともこちらにお越しください」と口にします。いつの間にか老人が立ち上がっていました。若者はビビります。
老人は若者に対し、ありがとうと感謝の言葉を告げました。若者に殴られた時に思い出したのです。老人はここ数年寝たきりの生活を送っており、最後に若者と共に体を動かすことができて満足していました。
若者は思い出します。恋人の女性に刺されたことを。脇腹は血で真っ赤に染まっていました。体に違和感を覚えていたのは、この傷が原因だったのです。

バーテンダーは死んだ人は天国か地獄に行くことになるが、例外もあると言います。それは同時刻に亡くなった人を、このバーに招くというものでした。
バーテンダーの正体は裁定者です。今回のゲームは判別のため、行われました。
若者はどっちなんだ?と聞きますが、バーテンダーは答えることはできませんと返します。その返答を聞いた若者はバーテンダーに殴りかかろうとしますが、どこからともなく現れた糸に拘束されました。
若者は「俺が地獄に行くことは決まってたんだろ」と吐き捨てます。バーテンダーはゲームはビリヤードだったこと、実力的には老人が勝つだろうことは分かっていたと言いました。
若者はほらなと思います。しかし実際に勝ったのは若者です。バーテンダーは若者自身が運命を変えたのだと告げました。結果はエレベーターに乗れば分かります。
若者は糸に引っ張られ、エレベーターに向かって行きました。それを見た老人が、バーテンダーに何か話しかけます。

そのとき若者が今の気持ちを吐露し始めました。彼は死を受け入れています。納得できないのは、バーテンダーが語った「このバーに来た時点で平等」という言葉でした。
若者は「死を受け入れた俺に嘘をつくのか。バカにするのもいいかげんにしろ」と怒鳴ります。彼は生まれた時点で人は平等ではない、それでも生きてきて、その結果ここにいるのだと。どうして平等だと言えるのかと涙を流しました。
バーテンダーが若者に近づき、糸の拘束を解きます。倒れ込む若者を抱きしめ、バーテンダーは「お疲れさまでした」と声をかけました。
若者はバーテンダーにしがみつき、わんわんと声を上げます。

若者と老人はそれぞれエレベーターに乗り込みました。バーテンダーと女性は「いってらっしゃいませ」と深々と頭を下げます。
若者は憔悴しきった顔を浮かべ、老人はニヤっとした笑みを見せました。

女性は老人が何を言ったのか聞きますが、バーテンダーは秘密だと教えてくれません。続けて女性はどっちがどっちへ行ったのか尋ねますが、それも秘密でした。
女性は新たな客人を迎えに行きます。バーテンダーは心臓のボールを手にし、「いらっしゃいませ、クイーンデキムへようこそ」と言いました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

若者が一番人間臭くて魅力的でした。独特な雰囲気が良くて、ラストの若者の叫びは心打たれるものがあります。老人のニヤリとした笑顔も不気味でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デスビリヤード」の商品はこちら