映画:トイ・ストーリー4

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじと結末

トイ・ストーリー4の紹介:2019年公開。ピクサースタジオ制作の人気シリーズ「トイ・ストーリー」シリーズの第4作目であり、前作「トイ・ストーリー3」から9年ぶりとなる続編となる。監督は、「Mr.インクレディブル」「カーズ」などでストーリーボードアーティストを務めており、今作が長編初監督となるジョシュ・コーリー。声優陣もシリーズでお馴染みのトム・ハンクス、ティム・アレンが続投している。また、過去三作品でミスター・ポテトヘッド役を務めていたドン・リックルズが既に死去していた為、今作では過去作での未使用音声や、テーマパークやゲーム用に録音されていた音源を使用している。

あらすじ動画

トイ・ストーリー4の主な出演者

ウッディ(トム・ハンクス)、バズ(ティム・アレン)、ボー・ピープ(アニー・ポッツ)、フォーキー(トニー・ヘイル)、デューク・カブーン(キアヌ・リーブス)、ギャビー・ギャビー(クリスティーナ・ヘンドリックス)、ボニー(マデリーン・マックグロウ)、ジェシー(ジョーン・キューザック)、レックス(ウォーレス・ショーン)、ハム(ジョン・ラッツェンバーガー)、スリンキー・ドッグ(ブレイク・クラーク)、ダッキー(キーガン・マイケル=キー)、バッキー(ジョーダン・ピール)

トイ・ストーリー4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- トイ・ストーリー4のあらすじ1

トイ・ストーリー4のシーン1  大雨と強風が吹いている夜。おもちゃが大好きな少年アンディの家では、アンディのおもちゃたちが慌てていました。おもちゃ仲間であるラジコンカーのRCが外に忘れられた状態で、溝にはまってしまい泥水に流されそうになっていました。アンディと妹のモリ―がママに呼ばれてリビングに降りて行ったあと、一斉に動き出しました。おもちゃたちのリーダー核であるウッディやバズを中心に、RCが見えるモリ―の部屋へ急行します。モリ―の部屋にはウッディと愛し合っているボー・ピープとその飼い羊である、頭が3つある羊が窓からRCの様子を見ていました。ボーはウッディに状況を報告し、作戦を考えます。ウッディは自ら助けに行くと言います。ボーと羊たちが窓を開けた後、胴体がバネになっている犬のおもちゃスリンキー・ドッグにつかまり、ウッディは窓の外へ飛び出しました。RCの元へ手を伸ばしますが、激しい水の流れによってRCはどんどんウッディから離れていきます。このままではスリンキーの胴体では長さが足りません。RCが諦めかけたその時、突然ウッディの体が近づきRCに手が届きました。窓の方を見ると、スリンキーの足を更に小さな猿のおもちゃたちが繋がり長さを伸ばしていたのでした。ボーたちによって引き上げられるウッディとRc。RCをバズに渡したところで、モリ―の部屋にママとモリ―、そして知らない男性が入って気ました。慌てておもちゃ状態になり停止するバスやボーたち。ウッディは窓の外にしがみついたままです。その男性は段ボールを持っていて、窓際にあったボーのランプ、羊たち、そしてボーを段ボールに入れて出て行ってしまいました。部屋から誰もいなくなった後、慌ててバスたちが起き窓の外のウッディに声をかけようとしますが、既にそこにはウッディの姿はありませんでした。
 雨の中駐車場まで降りたウッディ。男がトランクの前にダンボールを置き玄関まで戻る隙に、ウッディは段ボールを車の下に入れました。ウッディはボーを助けようとしますが、ボーは落ち着いた様子。「逃げよう」と言うウッディにボーは「大丈夫よ。子供はいつかおもちゃを無くす」と語り掛けます。段ボールに手をかけ迷うウッディ。そして決心したように、体を段ボールの中へ入れようとします。その時、「ママ!ウッディがいなくなっちゃった!」という声が聞こえてきました。慌てるようなその声にウッディはボーと一緒にいくことを踏みとどまりました。段ボールから手を離すウッディ。ボーは少し寂しそうな顔をした後、無言でウッディの帽子を触りました。
 「それでは、失礼します」男の声がして、車が動き出しました。ウッディは駐車場に横になったまま、呆然としていました。その時、「ママ!ウッディこんなところにあった!」というアンディの声が聞こえてきました。

 それから9年後。ウッディたちアンディのおもちゃは成長したアンディの元を離れ、ボニーという女の子の家で新しく生活していました。今はボニーの部屋は大掃除中。おもちゃたちはクローゼットの中に閉じ込められています。まもなく掃除が終わる頃。階段を上がってくるボニーの足音が聞こえてきます。そして部屋のドアが開き、クローゼットが開きました。「おまたせ、みんな」ボニーが笑顔で、これから遊ぶおもちゃを選んでいきます。バズ、レックス、ポテトヘッド夫妻。スリンキーにハム。そして元々ボニーの家にいたおもちゃたちも選ばれていきます。そしてブルズアイ。最後にボニーはウッディの体を持ち上げます。「よろしく、保安官さん」そう言うとボニーは、ウッディの胸についている保安官のバッジを外して、ジェシーの胸に付けました。そしてウッディをクローゼットの中に置いたまま扉を閉め、遊び初めてしまいました。がっかりするウッディ。ここのところウッディはボニーに遊んでもらえていませんでした。クローゼットの扉の隙間からボニーが遊ぶのを眺めています。遊ばれなくなったウッディは、今の自分の仕事はボニーを見守ることだと考えていました。すると、部屋の外からボニーの両親の声が聞こえてきました。「ボニー!幼稚園に行きましょう!」ボニーは、もうすぐ幼稚園に通い始めることになっており、お試し入園に行くことになっていました。しかしボニーは幼稚園へは行きたくはない様子。ベッドに逃げ込んでしまいます。ベッドに潜り込んでしまったボニーを両親は必死に説得します。その様子をウッディは心配そうに見ていました。
 しばらくして、ようやくボニーはベッドから出てきました。そのまま渋々リュックを背負い、両親と部屋を出ていきました。動きだすおもちゃたち。バズがクローゼットを開けると、そこにはウッディの姿はありませんでした。ウッディは隙を突いてクローゼットから抜け出し、ボニーのリュックに忍び込んでいたのでした。

 幼稚園着いたボニーは先生案内で自分のロッカーにリュックをかけ、他の生徒とは少し離れたテーブルに座りました。ロッカーに背を向け座っているボニーを見て、ウッディは見つからないようにそっとリュックから出ました。ボニーの様子を見守りますが、なかなか他の子どもに話しかけられない様子。先生の指示で、みんなで工作をすることになりました。しかし、ボニーのテーブルにあったペンや材料を他の子どもが持って行ってしまいます。中にはペンをゴミ箱に捨ててしまう子供も。ウッディはボニーのためにゴミ箱に忍び込み、ボニーの机の上にペンのセットと、材料になりそうなものを投げ上げました。それに気づいたボニーは不思議がりながらも工作を始めました。プラスチックのフォークに赤い針金で両腕をつけ、アイスクリームの木のヘラを二つに折りボンドでフォークにつけて足にします。大きさがバラバラな目をつけて青い紐を小さな円にして口にしました。出来上がったその手作りおもちゃにボニーは「フォーキー」と名付けて遊び始めました。その様子を見てウッディは胸を撫でおろしリュックに戻りました。
 幼稚園に迎えに来た両親にボニーはフォーキーを作ったことを伝え、フォーキーをリュックに入れました。ウッディはリュックに入れられたフォーキーになんとなく話しかけます。「なんで俺こんな物に話しかけているんだろう」と自分の行動を笑うウッディでしたが、次の瞬間フォーキーは動き始めたのでした。

 ボニーの部屋に戻ったウッディ。他のおもちゃたちは勝手に幼稚園についていったウッディに注意しますが、ウッディはそれを気にせずにみんなにフォーキーを紹介します。動くフォークに驚くおもちゃたちですが、フォーキーもおもちゃたちに驚いていました。そして生まれたばかりのフォーキーは自分がどのような立場なのか理解できていません。元はゴミであったフォークだからか、フォーキーは自分のことを頑なに「ゴミ」と言い張り、ウッディが目を離すとゴミ箱に向かってしまうのでした。ウッディは自分の役割を「おもちゃとして遊ばれる」ことから「ボニーを見守ること」と考え方を変え、すなわちそれは「フォーキーをおもちゃとして育てる」ことだと考えました。ボニーは全てのおもちゃの中でも自ら作ったフォーキーを特別な存在と思っていて、ウッディはそのフォーキーにおもちゃとしての意識を植え付けることに努めることを決めました。そんな中、ボニーと両親はキャンピングカーでキャンプに行くことになりました。

【承】- トイ・ストーリー4のあらすじ2

トイ・ストーリー4のシーン2  レンタルしたキャンピングカーでボニーと両親はきゃのうに出かけました。ボニーはもちろんおもちゃたちも一緒に連れて行きます。その中でもやはりフォーキーは特別。車を止めて休憩しているときは常にフォーキーと遊んでいました。車が走り出しボニーがシートに座ると、今度はウッディがフォーキーの面倒を見ます。隙あらばゴミ箱を見つけて飛び込むフォーキーに手を焼きながら、なんとかフォーキーをボニーの傍にいさせていました。
 夜になりボニーはシートを倒して作ったベッドで眠っていました。その手にはフォーキーが握られています。しかしフォーキーはボニーの手から這い出ようとしています。ウッディはその様子を座って見ていましたが、ずっと休みなくフォーキーの世話をしていたウッディは既に疲れ切っており、眠気に襲われ始めました。そのウッディに気づいたバズは自分との交代を提案しますが、ウッディは「これが俺の仕事だ」と言い交代しようとしません。その二人がやり取りをしている隙にフォーキーはボニーの手から抜け出し、窓を開け「僕はおもちゃじゃない。ゴミだ」と言いながら飛んで行ってしまいました。慌てるウッディ。しかし騒げばボニーが起きてしまいます。ウッディは、車がキャンプ場に到着するまでにフォーキーを見つけ、ボニーが目覚めるまでに合流しようと言い残し、バスやジェシー、その他おもちゃたちの制止も聞かずに自らも窓から飛び出していきました。

 車通りも少ない夜の道路をひたすら歩くウッディ。するとフォーキーは道端の草むらに頭から突き刺さっていました。ウッディは呆れながらもフォーキーを救出してキャンプ場の方向へ歩き始めました。その間ウッディはフォーキーに、自分がかつてアンディという少年のおもちゃであったことをフォーキーに話し始めます。バズが初めてアンディの部屋に来た時、バズは自分が本物のスペースレンジャーだと思い込んでいた事、アンディとはほとんど毎日あそんでいたこと、アンディは大学に行き自分たちはボニーに譲られたこと。自分のおもちゃとしての体験を全てフォーキーに話しました。その話を聞き、フォーキーは自分がボニーにとって特別な存在であることをようやく理解したのでした。

 少し明るくなり始めた頃、ウッディとフォーキーはようやくキャンプ場の近くへたどり着きました。ここでは現在移動遊園地が開かれており、遊具がたくさん設置されています。この遊具たちを潜り抜ければ、キャンプ場があります。フォーキーは急いで道路を渡ろうとしますが、ウッディはあるアンティークショップを眺めて立ち尽くしていました。ショップのショーウィンドウには見覚えのあるランプが置かれていました。ウッディはすぐにそのランプを思い出しました。かつて愛していたボー・ピープの物でした。「ボー?」と呟きウッディはショップに近づいていきました。フォーキーがそれに気づき「どうしたの?」と聞くとウッディは「昔の友達がいるかもしれないんだ」と言いフォーキーを連れて「ボニーが起きる前に戻れば良いんだ」とショップに入っていきました。

 閉店中の店内は薄暗くなっています。ボーの名前を呼びながら歩いていると、ウッディとフォーキーの元へベビーカーに乗った女の子の人形が現れました。その人形は「ギャビー・ギャビー」と名乗りました。ギャビー・ギャビーは何やらウッディの背中にあるリングに興味を示しながら、ウッディに目的を訊ねました。ウッディがボー・ピープを探していることを伝えるとギャビー・ギャビーはどうやらボーを知っている様子でした。ウッディはそれを知り、フォーキーと共に喜んでベビーカーに乗りました。すると、同じ顔をした男の人形が物陰から続々と現れベビーカーを押し始めました。異様な光景に怖気づくウッディ。するとギャビー・ギャビーはウッディの背中のリングを指さし「あなたのそれ、ボイスボックスでしょ?」と言いました。頷くウッディ。ギャビー・ギャビーは自分の背中からボイスボックスを取り出しました。そして紐を引っ張ると「私ギャビー・ギャビー。よろしくね」という音声が流れますが、なんとも酷い音質。「声自体は大丈夫だから喋れるんだけど、ボイスボックスの調子が悪くて。新しい物に交換すれば大丈夫だと思うんだけど」と説明します。すると、ベビーカーを押す人形がウッディの背中の紐を引っ張りました。そしてウッディの声が流れます。それを聞いたギャビー・ギャビーは「あら、あなたのは大丈夫みたいね」と笑顔を浮かべます。いよいよおかしいと感じたウッディは「ボーは、自分で探すよ。ありがとう」と急いでベビーカーから降りようとしますが、男の人形たちが詰め寄ります。フォーキーの腕を掴み急いでその場から離れ走るウッディを、人形たちは追いかけます。ウッディはなんとかショップから逃げ出すことに成功しましたが、フォーキーは人形たちに捕らわれてしまいました。外はすっかり明るくなっていました。

【転】- トイ・ストーリー4のあらすじ3

トイ・ストーリー4のシーン3  朝になり遂にボニーが目を覚ましてしまいました。そしてボニーはすぐにフォーキーが無くなっていることに気が付きます。焦ってフォーキーを探し始めたボニーを見ておもちゃたちは慌て始めます。そしてバズはいてもたってもいられなくなり窓から抜け出してどこかへ行ってしまいました。

 アンティークショップから逃げ出したウッディはそのまま移動遊園地の中へ入っていきました。するとそこには色々なおもちゃがいました。彼らは持ち主がいないおもちゃで、この遊園地に遊びに来た子供たちに遊んでもらえることを楽しみにしている様子。するとすぐに大勢の子供たちが押し寄せてきました。ウッディは物陰に隠れていると、そこへボーが現れます。驚くウッディ。二人は久しぶりの再会を喜びます。ボーはあのショップに並べられましたが、なんとか逃げ出し、羊たちと小さな警官姿のギグルと共に様々な場所を移動遊園地と共に旅しているのだと言います。ウッディはボーを逞しく思い、フォーキーを助ける手助けをしてほしいと頼みました。話を聞いたボーはウッディにまだ持ち主がいることに驚きました。そしてボーは、おもちゃは持ち主のために動くだけではなく、他の生き方もあると言います。しかしウッディは「フォーキーを助けなきゃいけないんだ。俺にはこれしかない」と言い切ります。それを聞いたボーはウッディに協力することにしました。ボーが普段移動に使っているスカンクのラジコンの中に乗り込み、走り出しました。

 移動遊園地に迷い込んだバズ。アトラクションの間を縫うように走っていると、人間が近づいてきました。すぐにおもちゃ状態になると、射的屋の店員がバズを拾い、店頭に並べてしまいました。拘束されるバズ。するとそこには手を繋がれたダッキーとバッキ―といううさぎと鳥のぬいぐるみがいました。バズは自分が逃げ出すのと同時に二匹を助け、射的屋から抜け出しました。

 施設の屋上からアンティークショップの位置を確認するウッディとボー。するとそこへバズがやってきます。バズはボーがいることに驚き、ウッディはダッキーとバッキ―に驚きます。ウッディはバズにフォーキーの現状を説明し、全員で力を合わせてフォーキーを救出することになりました。

 キャンプ場中を探し回ったボニーですが、フォーキーはいません。「また作ればいい」という両親にボニーは「フォーキーはフォーキーだけ」と言って聞きません。しかし、そろそろ出発しなければいけない時間です。その会話を聴いていたジェシーは窓から降り、落ちていた釘を使ってキャンピングカーのタイヤをパンクさせました。これによって、ボニーたちはキャンプ場に残らなければいけなくなってしまいました。

【結】- トイ・ストーリー4のあらすじ4

トイ・ストーリー4のシーン2  アンティークショップでは、フォーキーがギャビー・ギャビーから話を聞いていました。ショップのお婆さんの孫娘ハーモニーがよくショップを訪れ、気に入ったおもちゃを持って帰ります。しかしギャビー・ギャビーはボイスボックスが壊れているため、自信を持ってハーモニーの前に出ていくことができないというのです。ギャビー・ギャビーは、ボイスボックスを新しくしてハーモニーとおままごとをすることが夢だとフォーキーに語りました。

 ショップに侵入したウッディたち。バズとダッキー、バッキ―はフォーキーがいる棚の鍵を手に入れに行き、ウッディとボーたちはそれを待つ作戦でした。すると店内になんとボニーが入ってきました。タイヤが直るまでの時間潰しに来たのですが、ウッディはもうボニーは出発するのだと勘違いします。そしてウッディはボーの作戦を無視して棚を強行突破しようとします。しかしやはり人形に見つかってしまい、追いかけまわされた上、ギャビー・ギャビーにもウッディが来たことが知られてしまいました。なんとかからがら人形たちを撒いたウッディたちですが、ボーはウッディに呆れてしまいます。そして下の見張りが厳重になったことで作戦再会は不可能となってしまい、代わりに棚の上から侵入することになりました。しかしウッディたちがいる場所から棚は離れており、飛び移らなければいけませんでした。そこでボーは、このショップ内にいる知り合いのおもちゃを訊ねました。デュークというその男のおもちゃは、バイクに乗ったスタントマンのおもちゃでした。デュークは少し気が弱い部分もありましたが、快く引き受けてくれました。
 鍵を手に入れたバズたちも合流し、バイクの後ろにウッディが乗り、作戦決行です。デュークがバイクを飛ばし、見事に棚の上に着地しますが、ボーの合図を待たずに鍵を開けてしまい、更にそこへ店の飼い猫もやってきて、たちまちパニックになってしまいした。羊たちは体が少し欠けてしまい、ギグルは猫に飲み込まれてしまいました。フォーキーと一度会うことはできたものの、作戦は失敗に終わってしまいました。ギグルは無事猫から吐き出されましたが、一行は疲れ切ってしまいました。外へ逃げた一行にウッディは「次の作戦を考えよう」と言いますが、ボーは「もう終わりよ」と言います。首を横に振るウッディでしたが、ボーは譲りません。「私と行くか、一人で中に戻るか選んで」というボー。ウッディはフォーキーを助けることを選びました。バズに声を掛けますが、バズも乗り気ではない様子。ウッディは結果一人で店の中へ入っていきました。

 店にもどるとすぐにギャビー・ギャビーと遭遇しました。逃げるウッディでしたが、ギャビー・ギャビーの「ボイスボックスを直してハーモニーと遊びたい」という願いを聞き、心が揺れ始めます。そして、ボニーに選ばれなくなった自分にできる数少ないことかもしれないと考えなおし、ギャビー・ギャビーにボイスボックスを提供することを承諾しました。

 机の上で目を覚ましたウッディ。背中は縫われており、もうボイスボックスの輪は無くなっていました。綺麗な音声が流れることを喜ぶギャビー・ギャビー。フォーキーともようやく再会し、ボニーの車へ戻ろうとしますが、そこへハーモニーが訪れました。彼女から見える位置でスタンバイするギャビー・ギャビー。彼女の夢を聴いていたフォーキーは「これは運命の瞬間だ」と言って嬉しそうにその様子を見ていました。すると、ハーモニーはギャビー・ギャビーを見つけ、背中の輪を引っ張りました。綺麗な音でしゃべるギャビー・ギャビー。しかしハーモニーは「いらないや」と言って母親の元へ戻っていってしまいました。「どういうこと?」とウッディに訊くフォーキー。ウッディはその様子を見て悲しんでいました。

 スカンクのラジコンの元へ戻ってきたボーたち。しかし、やはりボーもウッディのことが頭から離れない様子。そして遂にショップへ戻ることを決めました。

 ボーの車に戻ったバズはおもちゃたちに状況を伝え、遊園地に向かおうとしますが、ここでタイヤの修理が終了して出発してしまいました。おもちゃたちは協力してカーナビを操作し、車を遊園地に向かわせました。

 ギャビー・ギャビーに声をかけるウッディでしたが、ギャビー・ギャビーは酷く落ち込んでおり、俯いたまま。ウッディは「一緒に行こう」と言い、フォーキーと共にボニーの元へ連れて行くことを決めました。遊園地のアトラクションの上を渡り移動するウッディたち。そこへボーたちも合流し、どんどん進んでいきます。するとテントの下で、迷子になり泣いている少女がいました。それに気づいたギャビー・ギャビーは、少女と自分を重ね合わせ、「彼女の元へ行きたい」と言いました。ウッディとボーはそれを手助けします。そしてギャビー・ギャビーはその少女に拾われ、連れて行ってもらうことに成功しました。ギャビー・ギャビーは少女に見えないようにウッディたちに向けて笑みを浮かべました。

 遊園地の中へ入ってきたボニーの車。それに気づいたウッディは合図を出して合流。トランクを開けテントを登ったおもちゃたちと再会を喜ぶウッディ、ボニーの両親が警察から取り調べを受けている間にウッディはボーに別れを告げ車へ戻ろうとしますが、どこか迷いがある様子。そのウッディに気づいたバズは「自分の好きなようにすればいい」と助言しました。それを聞いたウッディは自分の胸に着いた保安官のバッジを外し、ジェシーの胸に付けました。ウッディは仲間たちと別れ、ボーと共に行くことを決めたのでした。警察の取り調べが終わり車へ戻るボニーの両親。バズやジェシーたちが急いで車へ戻ります。走り出す車。ウッディは、相棒のバズやジェシー、長年一緒に暮らしたおもちゃたち、そしてフォーキーたちに笑いかけました。おもちゃたちも悲しい表情は浮かべず、笑顔でウッディに別れを告げていました。

 持ち主がいなくなったウッディは、ボーと羊、ギグル、そしてバッキ―とダッキー、デュークと共に、持ち主のいないおもちゃたちを子供たちに見つけさせる仕事を遊園地で行っていました。ウッディは新しい生き方を見つけたのです。

 ボニーの家。ボニーがリュックを下ろし部屋を出ていくと、中からジェシーが出てきました。そしてジェシーは新しくボニーがおもちゃを作っと説明し、紹介します。それは、プラスチックのナイフにアイスの棒で足をつけ、針金で手と口を作り目が着いた「ナイフィー」でした。「私は、ゴミ?」というナイフィーにフォーキーは「おもちゃだよ」と教えます。そしてナイフィーは「私、なんで生きているの?」と訊ねます。フォーキーは笑顔で「それはね...」と、ウッディから教えてもらったようにナイフィーに説明するのでした。

みんなの感想

ライターの感想

完璧な完結作と思われていた前作のその後をしっかりと描いた素晴らしい作品だと思います。シリーズの中で最も大人向けだと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください