映画:トイ・ストーリー4

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

トイ・ストーリー4の紹介:2019年公開。ピクサースタジオ制作の人気シリーズ「トイ・ストーリー」シリーズの第4作目であり、前作「トイ・ストーリー3」から9年ぶりとなる続編となる。監督は、「Mr.インクレディブル」「カーズ」などでストーリーボードアーティストを務めており、今作が長編初監督となるジョシュ・コーリー。声優陣もシリーズでお馴染みのトム・ハンクス、ティム・アレンが続投している。また、過去三作品でミスター・ポテトヘッド役を務めていたドン・リックルズが既に死去していた為、今作では過去作での未使用音声や、テーマパークやゲーム用に録音されていた音源を使用している。

あらすじ動画

トイ・ストーリー4の主な出演者

ウッディ(トム・ハンクス)、バズ(ティム・アレン)、ボー・ピープ(アニー・ポッツ)、フォーキー(トニー・ヘイル)、デューク・カブーン(キアヌ・リーブス)、ギャビー・ギャビー(クリスティーナ・ヘンドリックス)、ボニー(マデリーン・マックグロウ)、ジェシー(ジョーン・キューザック)、レックス(ウォーレス・ショーン)、ハム(ジョン・ラッツェンバーガー)、スリンキー・ドッグ(ブレイク・クラーク)、ダッキー(キーガン・マイケル=キー)、バッキー(ジョーダン・ピール)

トイ・ストーリー4のネタバレあらすじ

【起】– トイ・ストーリー4のあらすじ1

トイ・ストーリー4のシーン1

画像引用元:YouTube / トイ・ストーリー4トレーラー映像

 大雨と強風が吹いている夜。おもちゃが大好きな少年アンディの家では、アンディのおもちゃたちが慌てていました。おもちゃ仲間であるラジコンカーのRCが外に忘れられた状態で、溝にはまってしまい泥水に流されそうになっていました。アンディと妹のモリ―がママに呼ばれてリビングに降りて行ったあと、一斉に動き出しました。おもちゃたちのリーダー核であるウッディやバズを中心に、RCが見えるモリ―の部屋へ急行します。モリ―の部屋にはウッディと愛し合っているボー・ピープとその飼い羊である、頭が3つある羊が窓からRCの様子を見ていました。ボーはウッディに状況を報告し、作戦を考えます。ウッディは自ら助けに行くと言います。ボーと羊たちが窓を開けた後、胴体がバネになっている犬のおもちゃスリンキー・ドッグにつかまり、ウッディは窓の外へ飛び出しました。RCの元へ手を伸ばしますが、激しい水の流れによってRCはどんどんウッディから離れていきます。このままではスリンキーの胴体では長さが足りません。RCが諦めかけたその時、突然ウッディの体が近づきRCに手が届きました。窓の方を見ると、スリンキーの足を更に小さな猿のおもちゃたちが繋がり長さを伸ばしていたのでした。ボーたちによって引き上げられるウッディとRc。RCをバズに渡したところで、モリ―の部屋にママとモリ―、そして知らない男性が入って気ました。慌てておもちゃ状態になり停止するバスやボーたち。ウッディは窓の外にしがみついたままです。その男性は段ボールを持っていて、窓際にあったボーのランプ、羊たち、そしてボーを段ボールに入れて出て行ってしまいました。部屋から誰もいなくなった後、慌ててバスたちが起き窓の外のウッディに声をかけようとしますが、既にそこにはウッディの姿はありませんでした。

 雨の中駐車場まで降りたウッディ。男がトランクの前にダンボールを置き玄関まで戻る隙に、ウッディは段ボールを車の下に入れました。ウッディはボーを助けようとしますが、ボーは落ち着いた様子。「逃げよう」と言うウッディにボーは「大丈夫よ。子供はいつかおもちゃを無くす」と語り掛けます。段ボールに手をかけ迷うウッディ。そして決心したように、体を段ボールの中へ入れようとします。その時、「ママ!ウッディがいなくなっちゃった!」という声が聞こえてきました。慌てるようなその声にウッディはボーと一緒にいくことを踏みとどまりました。段ボールから手を離すウッディ。ボーは少し寂しそうな顔をした後、無言でウッディの帽子を触りました。

 「それでは、失礼します」男の声がして、車が動き出しました。ウッディは駐車場に横になったまま、呆然としていました。その時、「ママ!ウッディこんなところにあった!」というアンディの声が聞こえてきました。

 それから9年後。ウッディたちアンディのおもちゃは成長したアンディの元を離れ、ボニーという女の子の家で新しく生活していました。今はボニーの部屋は大掃除中。おもちゃたちはクローゼットの中に閉じ込められています。まもなく掃除が終わる頃。階段を上がってくるボニーの足音が聞こえてきます。そして部屋のドアが開き、クローゼットが開きました。「おまたせ、みんな」ボニーが笑顔で、これから遊ぶおもちゃを選んでいきます。バズ、レックス、ポテトヘッド夫妻。スリンキーにハム。そして元々ボニーの家にいたおもちゃたちも選ばれていきます。そしてブルズアイ。最後にボニーはウッディの体を持ち上げます。「よろしく、保安官さん」そう言うとボニーは、ウッディの胸についている保安官のバッジを外して、ジェシーの胸に付けました。そしてウッディをクローゼットの中に置いたまま扉を閉め、遊び初めてしまいました。がっかりするウッディ。ここのところウッディはボニーに遊んでもらえていませんでした。クローゼットの扉の隙間からボニーが遊ぶのを眺めています。遊ばれなくなったウッディは、今の自分の仕事はボニーを見守ることだと考えていました。すると、部屋の外からボニーの両親の声が聞こえてきました。「ボニー!幼稚園に行きましょう!」ボニーは、もうすぐ幼稚園に通い始めることになっており、お試し入園に行くことになっていました。しかしボニーは幼稚園へは行きたくはない様子。ベッドに逃げ込んでしまいます。ベッドに潜り込んでしまったボニーを両親は必死に説得します。その様子をウッディは心配そうに見ていました。

 しばらくして、ようやくボニーはベッドから出てきました。そのまま渋々リュックを背負い、両親と部屋を出ていきました。動きだすおもちゃたち。バズがクローゼットを開けると、そこにはウッディの姿はありませんでした。ウッディは隙を突いてクローゼットから抜け出し、ボニーのリュックに忍び込んでいたのでした。

 幼稚園着いたボニーは先生案内で自分のロッカーにリュックをかけ、他の生徒とは少し離れたテーブルに座りました。ロッカーに背を向け座っているボニーを見て、ウッディは見つからないようにそっとリュックから出ました。ボニーの様子を見守りますが、なかなか他の子どもに話しかけられない様子。先生の指示で、みんなで工作をすることになりました。しかし、ボニーのテーブルにあったペンや材料を他の子どもが持って行ってしまいます。中にはペンをゴミ箱に捨ててしまう子供も。ウッディはボニーのためにゴミ箱に忍び込み、ボニーの机の上にペンのセットと、材料になりそうなものを投げ上げました。それに気づいたボニーは不思議がりながらも工作を始めました。プラスチックのフォークに赤い針金で両腕をつけ、アイスクリームの木のヘラを二つに折りボンドでフォークにつけて足にします。大きさがバラバラな目をつけて青い紐を小さな円にして口にしました。出来上がったその手作りおもちゃにボニーは「フォーキー」と名付けて遊び始めました。その様子を見てウッディは胸を撫でおろしリュックに戻りました。

 幼稚園に迎えに来た両親にボニーはフォーキーを作ったことを伝え、フォーキーをリュックに入れました。ウッディはリュックに入れられたフォーキーになんとなく話しかけます。「なんで俺こんな物に話しかけているんだろう」と自分の行動を笑うウッディでしたが、次の瞬間フォーキーは動き始めたのでした。

 ボニーの部屋に戻ったウッディ。他のおもちゃたちは勝手に幼稚園についていったウッディに注意しますが、ウッディはそれを気にせずにみんなにフォーキーを紹介します。動くフォークに驚くおもちゃたちですが、フォーキーもおもちゃたちに驚いていました。そして生まれたばかりのフォーキーは自分がどのような立場なのか理解できていません。元はゴミであったフォークだからか、フォーキーは自分のことを頑なに「ゴミ」と言い張り、ウッディが目を離すとゴミ箱に向かってしまうのでした。ウッディは自分の役割を「おもちゃとして遊ばれる」ことから「ボニーを見守ること」と考え方を変え、すなわちそれは「フォーキーをおもちゃとして育てる」ことだと考えました。ボニーは全てのおもちゃの中でも自ら作ったフォーキーを特別な存在と思っていて、ウッディはそのフォーキーにおもちゃとしての意識を植え付けることに努めることを決めました。そんな中、ボニーと両親はキャンピングカーでキャンプに行くことになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トイ・ストーリー4」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ