映画:トムとジェリー

「トムとジェリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

トムとジェリーの紹介:2021年3月19日公開のアメリカ合衆国の実写アニメ-ション・スラップスティック・コメディ映画。1940年に誕生したアニメーション「トムとジェリー」を実写映画化。ニューヨークにある高級ホテルを舞台に、本物の俳優たちと、アニメーションで描かれたトムとジェリーをはじめとする動物たちが共演し、ウエディングパーティーのために奔走する。『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』などのティム・ストーリーが監督を務め、『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・モレッツがウエディングプランナーを演じ、『エンド・オブ・ウォッチ』などのマイケル・ペーニャ、『ハングオーバー』シリーズなどのケン・チョンらが共演する。

トムとジェリーの主な出演者

ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)、テレンス(マイケル・ペーニャ)、ベン(コリン・ジョスト)、ドゥブロー(ロブ・ディレイニー)、ジャッキー(ケン・チョン)、プリータ(パラヴィ・シャーダ)、キャメロン(ジョーダン・ボルジャー)、ジョーイ(パッシー・フェラン)、ギャヴィン(ダニエル・アデグボイェガ)、ローラ(クリスティーナ・チョン)、Mr.メータ(アジェイ・チャブラ)

トムとジェリーのネタバレあらすじ

【起】– トムとジェリーのあらすじ1

トムとジェリーのシーン1

画像引用元:YouTube / トムとジェリートレーラー映像

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。現代。

ニューヨークの上空を、ラップをくちずさむ鳥が飛んでいます。鳥のいる下の鉄橋には、列車が通過していました。その車両の連結部分に、楽器のキーボードを持った猫のトムが乗っています。トムは列車に乗ってマンハッタンを目指しているのです。

セントラルパーク近くの駅で降りたトムは、人通りの多い場所を探しました。目当ての場所を見つけたトムは、そこに腰を据えます。

同じ頃、ネズミのジェリーもマンハッタンで物件を探していました。不動産に詳しいネズミに案内されたのは、廃車になって使われていないボロ車の中でした。しかしジェリーは気に入らなかったようで、踵を返すと自力で物件を探そうとします。その途中で、ジェリーはセントラルパークにトムを見かけます。

トムは丸い黒メガネをかけて、キーボードを演奏していました。「驚異のトム」という看板を掲げています。見ている客はトムが盲目だと思い込み、芸達者だということで小銭をカンパしていました。トムを見かけたジェリーは、早速ちょっかいを出します。キーボードの上でトムをからかい、トムの演奏に合わせて踊り始めました。ジェリーの踊りが上手なので、トムよりも小銭を集めます。

演奏しているのは自分なのに、ジェリーのほうが金をたくさん稼いでいることにむっとしたトムは、ジェリーと喧嘩を始めました。いつもの追いかけっこが始まります。丸い黒メガネが飛んでいき、それを拾った少女がトムが盲目ではないと気づきました。客は騙されたと怒り、自分が出した小銭を回収して去っていきます。追いかけっこしていたジェリーは馬車に乗って去り、キーボードは壊れてしまいます。

キーボードを壊されて腹を立てたトムは、セントラルパークを走ってジェリーを追います。その騒動に巻き込まれて、自転車に乗っていたひとりの女性ケイラ・フォレスターが転びました。ケイラは回収した洗濯物の下着を、盛大にぶちまけてしまいます。文句を言おうとしたケイラですが、目の前でトムが車に轢かれてぺっちゃんこになったので絶句しました。

ケイラはバイト中でした。しかし転げて下着をばらまいたことで、仕事先の評判を落として4週間の謹慎を言い渡され、口論の末にクビを言い渡されます。仕事がなくなったケイラは、途方に暮れます。

喧嘩のあと、ジェリーはロイヤル・ゲート・ホテルを見つけて、いい場所だと入り込みます。ここに住もうと決めたジェリーは、ホテルの奥に入り込んで、通風口に居場所を確保します。トムはジェリーを追いかけて入ろうとしますが、ホテルのドアマンに追い払われました。一歩も足を踏み入れることができません。

ケイラもホテルへやってきます。実はケイラはこのホテルの宿泊客を装い、朝食を無料でいただくことを幾度もしていました。ドアマンの男性・ギャビンは知っているので「また無料の朝食?」と言いながらケイラを通します。朝食をたべて満足したケイラは、大きなスーツケースを持つ女性を見かけて話しかけました。その女性リンダ・ペリーボトムが観光客だと思ったので、ケイラはガイドを買って出ることで小銭を稼ごうとします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「トムとジェリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×