映画:ドナルドのアイスホッケー

「ドナルドのアイスホッケー」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ドナルドのアイス・ホッケーの紹介:1939年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーキャラクターの中でも人気の高いキャラクターであるドナルド・ダッグを主人公とした作品シリーズの第12作品目となる。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属し、ドナルドシリーズを多く手がけたジャック・キング。

あらすじ動画

ドナルドのアイスホッケーの主な出演者

ドナルド・ダッグ(クラレンス・ナッシュ)、ヒューイ(クラレンス・ナッシュ)、デューイ(クラレンス・ナッシュ)、ルーイ(クラレンス・ナッシュ)

ドナルドのアイスホッケーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドナルドのアイスホッケーのあらすじ1

ドナルドのアイスホッケーのシーン1  氷の上を華麗に滑るドナルド。その姿はまるでプロスケーターのようです。ドナルドは自分の美技に酔いしれていました。すると、同じ氷でドナルドの甥っ子3兄弟のヒューイ・デューイ・ルーイがアイスホッケーをしているのを発見しました。

【承】- ドナルドのアイスホッケーのあらすじ2

ドナルドのアイスホッケーのシーン2  あまりにもホッケーが下手な3人にドナルドは話しかけました。「違う、そうじゃなくて。パックをしっかりゴールに入れなきゃ」と言うドナルドに3人は声を揃えて「ホッケーやったことないだろ!」と言いました。それを聞いたドナルドは「見てろよ?」と言い、自慢気にある物を取り出しました。それは、アイスホッケー大会のトロフィー。ドナルドはアイスホッケーも大得意だったのでした。そこで、ドナルド対3人でアイスホッケーをやることになりました。

【転】- ドナルドのアイスホッケーのあらすじ3

ドナルドのアイスホッケーのシーン3  いざ試合開始です。ドナルドは子供相手でも全く手加減することなく、もの凄いスピードで次々とゴールを決めていきます。全く勝負にならない状況に飽き飽きしたドナルドは「次は目隠しをしながらやる」と言って布を目隠しにして巻き始めました。そこで3人は、ドナルドが見えていないことを言い事に、反撃の作戦を考え始めました。

【結】- ドナルドのアイスホッケーのあらすじ4

ドナルドのアイスホッケーのシーン2  ドナルドがパックを弾く前に、3人はパックを奪いました。それに違和感を感じたドナルドは目隠しを外し、3人を追いかけていきます。雪の中で逃げる3人を追ってドナルドも雪の中へ入っていきます。3人は協力しながらパックを持ってドナルドから逃げていきます。ドナルドは勢いを利用して、海の上を氷を使って滑っていきます。ふと後ろを見ると、3人が追いかけてきています。3人は巧みに氷を渡り、ものすごいスピードでドナルドに追いつくと、スティックでドナルドを思いきり飛ばしました。勢いよく飛んで行ったドナルドはそのままゴールに突っ込みました。ドナルドの手足は網目に絡まり、抜け出せなくなってしまったのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ドナルドのシリーズを多く観ていますが、大体ドナルドが不憫な目に遭います。だんだん気の毒になってきました笑

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドナルドのアイスホッケー」の商品はこちら