「ドラえもんのび太と夢幻三剣士」のネタバレあらすじと結末の感想

ドラえもんのび太と夢幻三剣士の紹介:いつも良い目に遭わないのび太からの願いで「気ままに夢見る機」を出すドラえもん。夢の中で剣士となったのび太と仲間たちの冒険物語。1994年に公開された、劇場版ドラえもんの第14作品目。

ドラえもんのび太と夢幻三剣士の主な出演者

ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、スネ夫(肝付兼太)、ジャイアン(たてかべ和也)

ドラえもんのび太と夢幻三剣士のネタバレあらすじ

【起】- ドラえもんのび太と夢幻三剣士のあらすじ1

いつもジャイアンにいじめられてロクな目に遭わないのび太は、夢の中だけでも活躍したいとドラえもんに頼みます。現実世界で頑張らないといけない、と一度は断るドラえもんですが、それが原因でのび太が家出をしてしまったと思い「気ままに夢見る機」を貸し出します。(実際は学校の浦山で昼寝をしていたのび太が寝過ごしていただけでした。)
気ままに夢見る機で様々な種類の夢世界を体験しますが、のび太の希望にあったものがなかなか見つかりません。ある日、宿題を忘れたのび太は早朝に学校の浦山で片付けようとノートを開きますが全然解くことが出来ません。
そこへ突然、杖を持った謎の人物が現れ、知恵の木の実をのび太に渡します。それを食べたのび太は不思議と問題を解くことができ、授業が始まる前に宿題を終わらせることができます。学校の帰りに偶然その人物と再会するのび太に対し、「夢幻三剣士の世界で活躍できる」と伝えその場を去っていきます。

【承】- ドラえもんのび太と夢幻三剣士のあらすじ2

ドラえもんのもとに届いたダイレクトメールに偶然「夢幻三剣士」があり、のび太は欲しいとドラえもんに頼みます。夢幻三剣士のカセットが届いたのび太は早速夢見る機で夢世界に入ります。
ところが夢の中ではいつもと変わらない自分の姿が。そこにしずかにそっくりな案内役の妖精シルクに導かれ、この夢世界で伝説の「白銀の剣士」となり、妖霊大帝オドロームの魔の手からユミルメ王国を救う「ノビタニヤン」であると言われます。
ところが妖霊軍団に襲われたのび太はシルクと別れてしまい、一人で白銀の剣と兜を探すことになります。途中、スネ夫にそっくりな「スネミス」とジャイアンにそっくりな「ジャイトス」と出会い、家来という立場にされながらも、白銀の剣と兜があると言われるヨラバタイジュという大木を目指します。
そして天の雲にも届かんばかりのヨラバタイジュにたどり着きますが、機転を利かせたノビタニヤンが見事白銀の剣と兜を手に入れます。

【転】- ドラえもんのび太と夢幻三剣士のあらすじ3

オドロームに挑む為、その血を浴びると不死身になれるという竜を倒しに向かいます。そこでドラえもんも魔法使い「ドラモン」として冒険に参加します。
その頃ユミルメ国の王女(役:しずか)は、白銀の剣士と結婚するという決まりに我慢できずに城を飛び出し、「シズカール」という男剣士に成りすまします。竜のいる谷にたどり着いた一行ですが、ジャイトスとスネミスは竜が吐く火によって石にされてしまいます。シズカールと出会ったノビタニヤンとドラモンの三人で竜退治に挑みます。
竜の弱点である髭を切り、動きを封じたノビタニヤン。自分に止めを刺さなかったノビタニヤンの優しさに心を開いた竜は、血を流す代わりに自分の汗を溶かした温泉に入ることを勧めます。
これにより不死身にはなれませんが、一度死んでも生き返ることが出来ます。この温泉でもとに戻ったジャイトス、スネミスと共に再び旅を続けます。

【結】- ドラえもんのび太と夢幻三剣士のあらすじ4

その後オドロームの手下を次々を倒していきますが、オドロームの罠により、ノビタニヤンは塵にされてしまいます。そして偶然現実世界でママが夢見る機のスイッチを切った為、強制的に夢が終了してしまいます。
現実世界に戻ったのび太はジャイアンとスネ夫に事情を説明し、夢に参加させる為二人が寝ている間に付けていた夢アンテナを回収しますが、のび太から直接説明を聞かなかったしずかはアンテナが付いたままでした。
その夜、夢見る機から現れたシルクによってユミルメ国の危機を知ったのび太とドラえもんは再び夢世界へ飛び込みます。そこでピンチになったノビタニヤンの前に機転を利かせたシズカールが現れ、巨大化した白銀の剣でオドロームを撃破します。
そして共に旅をした中でノビタニヤンに想いを寄せていた王女はノビタニヤンと結婚することを決めますが、結婚式の直前で夢見る機の引取業者が登場し、夢が終わってしまうところで物語が終わります。

みんなの感想

  • spn45ze9さんの感想

    のび太が見る夢の中でお話が展開していく、今までとは一風違う映画です。冒険+ミステリーという構成で、後半はミステリー要素が強いお話になっています。夢の世界が現実に影響を及ぼす。実際にあったら少し怖いです。珍しくジャイアンとスネ夫の出番は最後ありませんが、しずかちゃんとのび太の関係に焦点を絞ったのはよかったと思います。ただトリホーが子供心に怖くて今でも若干トラウマです。

映画の感想を投稿する

映画「ドラえもんのび太と夢幻三剣士」の商品はこちら