映画:ドラえもんのび太のひみつ道具博物館ミュージアム

「ドラえもんのび太のひみつ道具博物館ミュージアム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ドラえもん のび太のひみつ道具博物館の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第33弾。ドラえもんの首につけられた鈴と、四次元ポケットから取り出すひみつ道具の謎をめぐるストーリー。謎の男に盗まれた鈴を探すため、のび太たちが未来世界の「ひみつ道具博物館」を訪れる。

あらすじ動画

ドラえもんのび太のひみつ道具博物館ミュージアムの主な出演者

ドラえもん(水田わさび)、のび太(大原めぐみ)、しずか(かかずゆみ)、ジャイアン(木村昴)、スネ夫(関智一)、のび太のママ(三石琴乃)、ドラミ(千秋)、セワシ(松本さち)、クルト・ハルトマン(三瓶由布子)、ポポン(愛河里花子)、ジンジャー(堀江由衣)、ぺプラー博士(千葉繁)、フィークス(土師孝也)、マスタード(松平健)

ドラえもんのび太のひみつ道具博物館ミュージアムのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ドラえもんの鈴が盗まれた、犯人は怪盗DX。手がかりが22世紀のひみつ道具博物館にあると知ったドラえもんたちは、博物館へ行く。そこでも怪盗DXが盗みを働いていた。 ②怪盗DXの正体はクルト、フルメタルに代わるペプラーメタル開発のマイクロチップを、修理工場の道具に隠し、回収のため。鈴はドラえもんとのび太の思い出の品だった。

【起】– ドラえもんのび太のひみつ道具博物館ミュージアムのあらすじ1

ドラえもんは22世紀の未来からやってきたネコ型ロボットです。

大人になったのび太が、社会に出た後にも数多くの不運に見舞われて、その子孫にまで迷惑をかけていました。

それを迷惑に思ったのび太の孫の孫のセワシが、元凶をなんとかしようと考えて、ドラえもんをのび太のところへ派遣したのです。

ドラえもんは、のび太の部屋の机にあるタイムマシンで時代を移動してきました。ふだんはのび太の部屋の押し入れで寝起きしています。

青い色の2等身で、どら焼きが大好物のドラえもんは、のび太の家族にも受け入れられています。

お腹には四次元ポケットがあり、そこから多種多様の「ひみつ道具」を出して、のび太に降りかかる災難に対応します。

のび太は東京都に住む、小学4年生(後に5年生になる)のメガネをかけた男の子です。

勉強もスポーツも駄目で、何をさせても失敗ばかりの少年ですが、ドラえもんのひみつ道具にすぐ頼ろうとします。

それでも時々、勇気がある行動を取ることもあります。

のび太には、同級生のジャイアン、スネ夫、しずかちゃんなどの友だちがいます…。

…昨晩にテレビで放送された『ルパン対ホームズ対オシシ仮面』の影響で、のび太は名探偵にあこがれていました。放課後まで居眠りしながら、名探偵になっている夢を見ます。

それを見抜かれたジャイアンとスネ夫に、「のび太はホームズになれない」と言われたのび太は、くやしがりながら帰宅しました。

帰って来たのび太は、部屋の中央に「DX」と書かれたカードを見つけますが、拾おうとした時にランドセルから0点の答案が出てきます。

ママの声が聞こえたので、あせって0点の答案といっしょに、DXのカードも丸めてポケットに入れました。そのままカードの存在を忘れます。

ドラえもんは押し入れで、昼寝をしていました。

その間に押し入れの空間に穴が開き、ドラえもんの首につけた鈴が盗まれました。

パニックになったドラえもんは、思わずのび太を呼びます。

(タイトル前はいつものび太が「ドラえも~ん」と叫ぶのだが、今回はドラえもんが「のび太く~ん」のパターン)

押し入れに超空間の穴が開いて盗まれたことから、盗んだ相手は未来からやってきた者だと判明します。

ドラえもんの鈴には「ネコ集め機能」というのがついていたのですが、壊れていました。それをのび太が指摘すると、「修理に出して直した」とドラえもんが言います。

新しいのに交換すればいいのにと言うと、ドラえもんは「大事な思い出の鈴だ」と主張して譲りません。

鈴がないドラえもんはしまりがないので、のび太がきせかえカメラで何か代用品をつけようとしました。クリスマスの鈴、神社の鈴、バナナ、ゆでたまご、ひよこ、エリザベスカラー…どれもしっくりきません。

用件を思い出したのび太は、ドラえもんに探偵になれる道具を欲しがりました。だれでも名探偵になれる「シャーロック・ホームズ・セット」を出してもらいます。

のび太はそれを使い、ドラえもんの鈴を盗んだ犯人を探そうとしました。

しかしいまひとつ機能しません。バーゲンセールで買った代物だからかもと、ドラえもんは言います。

ズバリパイプを吹くと、風船が出て犯人の上で割れるはずなのですが、詰まっていて風船が出ません。

ホームズステッキを使うと、犯人のいる方向に倒れるはずなのですが、倒れません。

帽子のツバをはじくと頭がさえるそうです。そうするとのび太は「怪盗DX(デラックス)だ!」というのですが、怪盗DXと面識がないので困りました。

のぞくと手がかりが映し出される虫めがねを見ると、22世紀にある、ひみつ道具博物館(ミュージアム)が見えました。

そういえばドラミちゃんが招待状を持っていると思い出したドラえもんは、電話をかけて呼びます。

タイムマシンを使ってやってきたドラミちゃんは、苦労して招待状を手に入れたのだと、見返りを要求しました。メロンパン20個と交換を決めます。

ドラえもんの鈴が盗まれたことを知り、ドラミちゃんも新しい鈴にすればいいのにと言いました。ドラえもんが譲らないことに、ドラミちゃんも不思議がります。

招待状1枚で5人まで行くことが可能だと知ったのび太は、しずかちゃんも誘おうと考えました。

どこでもドアでしずかちゃんのいる場所に行くと、そこは空き地で、ジャイアンとスネ夫も知ることになります。

こうして、ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんの5人で行くことになりました。

空き地でドラえもんが招待状にサインをすると、カードから光が出て、車に変わりました。

ドラえもんがそれを見て、猫化します。鈴を外して時間が経過すると、ノラネコ化するのだそうです。

ドラミちゃんに見送られながら、5人は22世紀にワープして博物館に行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

文句なく面白かった。なんといっても、今までにない規模でひみつ道具が出てくるので、楽しかった。
リメイクが続くなか、オリジナル作品というだけでもわくわくさせてくれる。
さらにひみつ道具博物館だけあって、たくさんのひみつ道具が出てくる。なかにはなつかしいものも。
ドラえもんの鈴の役割だとか、なぜ盗まれたのかといった、謎ときの要素もからんでいる。
遊び心もあって、本当にいい作品。おすすめ。
  • dadablowさんの感想

    怪盗デラックスにドラえもんの鈴が盗まれてしまう。そこで、ひみつ道具博物館へ行き、いつもの仲間たちに加えていつもに無い推理ショーまで開催される。怪盗デラックスは誰なのか?犯人は意外な人物だった。個人的にはのび太が扮したシャーロックの衣装が似合いすぎだろ!と思いながら見ていました。ドラえもん映画はいつも勇気や仲間との友情が表現されていて大好きです。

映画の感想を投稿する

映画「ドラえもんのび太のひみつ道具博物館ミュージアム」の商品はこちら

IMAGE

ドラえもん こどもジグソー70ピース 映画ドラえもんのび太のひみつ道具博物館 のび太のひみつ道具博物…

おもちゃ&ホビー > ジグソーパズル
テンヨー(Tenyo)

Amazonで見る