映画:ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)

「ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)の紹介:2015年3月公開の日本長編アニメーション映画。1980年からスタートしたドラえもん映画作品の35周年記念作。ヒーロー映画の撮影をしていたのび太たちがスーパーヒーローに間違われ、突然現れた宇宙人のために遥か彼方の宇宙へ旅立ち、スーパーヒーローさながらの活躍を繰り広げる。

ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)の主な出演者

ドラえもん(水田わさび)、のび太(大原めぐみ)、しずか(かかずゆみ)、ジャイアン(木村昂)、スネ夫(関智一)、アロン(井上麻里奈)、バーガー監督(能登麻美子)、ハイド(田中裕二)、メーバ(観月ありさ)、イカーロス(市村正親)

ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①『銀河防衛隊』のテレビ番組に憧れたのび太は、自分たちが主役のヒーロー映画を作ろうと思い立ち、ドラえもんは映画を作ってくれる『映画監督ロボ』バーガー監督を出して撮影した。 ②それを見た宇宙人・アロンが本物と思い込み、ポックル星を助けてほしいと頼む。映画の続きと思い込んだ一同はポックル星に行くが、撮影ではないと知った。 ③星の人たちの平和と笑顔を守ろうとするアロンの気持ちを知ったのび太たちは、悪と戦ってポックル星を守った。

【起】– ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)のあらすじ1

ドラえもんは未来から来た猫型ロボットで、のび太の家に住んでいます。いつも駄目なのび太のために、便利グッズを出します。

のび太は近所の空き地で、年下の子どもたちに得意のあやとりをして見せていました。年下の子たちはのび太の腕前に感心しますが、『銀河防衛隊』のテレビ放送時間になり、急いで帰宅します。それは、のび太も同じでした。

『銀河防衛隊』は、いま子どもたちに大人気のヒーロー番組で、男の子2人と女の子1人の3人組が「びっくり」「ドッキリ」「驚異的」と言いながら大怪獣を倒す内容でした。その日の放送を見終わったのび太は、自分もあんなふうにヒーローになれたらと空想の世界に遊びます。

母が見たい映画があると言って、テレビの前から追い払ったのがきっかけで、のび太は「自分たちでヒーロー映画を作ろう」と思い付きました。早速、あこがれのしずかちゃんを誘いに行きますが、しずかちゃんはスネ夫とジャイアンに誘われて裏山に出かけています。

裏山に行くと、先に同じことを思い付いたジャイアンとスネ夫が、しずかちゃんを交えて3人で撮影をしていました。スネ夫のパパが撮影機材を買ったのです。加わろうとしたのび太は、宇宙怪獣ノビゴンを割り振られ、ヒーローになりたいのび太はドラえもんに泣きつきました。

それを聞いてドラえもんは「よし、みんなで映画を作ろう」と言い出します。実はドラえもんも『銀河防衛隊』のファンで、ヒーローになりたいと思ったのです。

ドラえもんは便利グッズが出るポケットから『映画監督ロボ』を出しました。ハンバーガーの形をしたロボット・バーガー監督は、撮影したい映画のタイトルを言うだけで機材を揃え、さらに編集もして1本の映画にしてくれるのです。撮影は虫サイズの超小型撮影カメラでおこないます。

バッジを胸につけるとスーツが装着され、『グレードアップライト』を出して浴びせると、スーツを着た人の個性を伸ばした攻撃ができるようになりました。

ドラえもんは「のび太とドラえもんをヒーロー役に加えること」「リーダー役はドラえもん」という条件で、ジャイアンとスネ夫も加わってよしと言います。ジャイアンは怒りますが、スネ夫が「後でバーガー監督にジャイアンがリーダーになるよう変更させればいい」と耳打ちし、撮影を始めます。

『ミラクルヒーロー銀河防衛隊』というタイトルを希望すると、一旦はバーガー監督は却下しました。バーガー監督はもっと芸術的な作品を希望しますが、しずかちゃんが頼むとあっさり引き受けます。女の子には弱いのです。

バーガー監督がメガホンを振ると周囲の景色が荒れ地に変わり、カチンコを鳴らすとタイトルが出ました。撮影開始です。

ゴム風船の怪獣を巨大化させ、ゴジラみたいな怪獣に対し、ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の5人はタケコプターで飛んで戦いました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

ライターの感想

次から次へとひみつ兵器が出てきます。
大人ならば割とすぐ「早戻し機能」が伏線だと気づくはず。
綺麗に上手にまとまった作品だとは思うのだが、うーん。なんだろ、このもやもや感。
あやとりが必殺技じゃなかったからかな。
要所要所でのび太の決断はあるんだが、今回は「小さくまとまってる感」。せっかく宇宙を舞台にしたのに。
あと、子ども向けアニメなので仕方がないんだが、悪役がしょぼすぎる…。
  • spn45ze9さんの感想

    感動的な場面が全然なくて、期待していたよりも明らかに面白くはなかったです。どちらかといえば駄作に近いです。途中眠くなるというか寝てしまいたくなりました。ジャイアン、スネ夫、のび太へのイライラがひどくてとても見ていられなかったんです。子供の時は大好きだったドラえもん。残念です。しかし旧作は今でも大好きです。

  • dadablowさんの感想

    スネ夫はお父さんから買ってもらったプロ用のカメラで特撮ヒーローの撮影をのび太に内緒でしていたが、のび太にバレてしまう。仲間外れにされたのび太はドラえもんに道具を出してもらいバーガー監督の元で撮影を始めるが、宇宙船の故障で不時着した●と出会い本当の宇宙戦争に参加する。のび太たちの宇宙服がカッコよく。いつも以上にコミカルなシーンを楽しめたが、最後はやっぱり感動シーンが出てきてほっこり出来る映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」の商品はこちら

IMAGE

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記 [Blu-ray]

Blu-ray > キッズアニメ・映画
ポニーキャニオン
水田わさび(出演),大原めぐみ(出演),かかずゆみ(出演),木村昴(出演),関智一(出演),大杉宜弘(監督)

¥3,218
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20