映画:ドラえもんのび太の海底鬼岩城

「ドラえもんのび太の海底鬼岩城」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ドラえもんのび太の海底鬼岩城の紹介:ドラえもん映画シリーズ第4弾。『月間コロコロコミック』1982年8月号から1983年2月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品を元に、1983年3月12日に公開された。ムー大陸、アトランティス大陸、バミューダトライアングルの都市伝説他、日本海溝、マリアナ海溝等、海底に関する情報が盛り込まれた作品。夏休み、海底へキャンプに出掛けたドラえもん一行。そこで海底人に出会い、友人になったエルから、数千年前に滅亡した海底国家アトランティスに残された自動報復装置ポセイドンが、海底火山活動の影響で再度稼動したことを知り、地球を救うためにアトランティスへ乗り込むことを決意する。

ドラえもんのび太の海底鬼岩城の主な出演者

ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、スネ夫(肝付兼太)、エル(喜多道枝)、水中バギー(三ツ矢雄二)、ムー連邦首相(大宮悌二)

ドラえもんのび太の海底鬼岩城のネタバレあらすじ

【起】– ドラえもんのび太の海底鬼岩城のあらすじ1

夏休みのある日、大西洋バミューダ沖で黄金を積んだまま沈没したサンタフラメンコ号が発見され、引き上げ作業を行おうと再度現場に向かったところ、不思議なことに一夜のうちに船が忽然と姿を消してしまったという奇怪なニュースが世間を騒がせている頃。

キャンプ先を海にするか山にするかで揉めていたのび太、しずか、ジャイアン、スネ夫は、ドラえもんの提案で海底キャンプに行くことになります。

ドラえもんの道具、水中バギーで海底に出発する一行。

どんな環境でも住める体質になるテキオー灯を浴びたお陰で、海中でも息が出来、本来ならば水深400m以上潜ると真っ暗になるのですが、日の下のように明るく見えます。

更にバギーが時速800mもの速さで進んでも全く平気です。

深い大陸斜面、クロシオの大群、深い日本海溝、深海の底の平野を経て、ハワイ近くの小高い山に到着した一行は、ドラえもんの道具テントアパートを使い、山の頂上でキャンプをすることに。

食事を終えた一行は北太平洋方面へ深海魚探索をしに行きます。

バギーはお喋りが出来るコンピューターが内臓されており、深海魚の解説をしてくれますが、どうも口が悪く、またデータも不足しているようです。

すると、突如海底火山活動の影響で砂埃が舞い始め、一行は急いで逃げます。

途中のび太は砂埃の中にオオイカの姿を目撃しますが、誰も信じてくれません。

無事キャンプ地へ戻ってきた一行はバーベキューを楽しみます。

ニュースになっていたサンタフラメンコ号に行き金塊を手に入れたいと密かに思っていたスネ夫とジャイアン。スネ夫はここぞとばかりに沈没船が沈んでいた大西洋バミューダ海域の話を始めます。

バミューダ海域には魔の三角地帯と呼ばれる場所があり、今まで数多くの船や飛行機がそのエリアで行方不明になっているといいます。

その謎を解きに行こうとスネ夫は皆に説得を試みますが、ドラえもんは危ないからと言って反対します。

その夜、皆が寝ている間に件のサンタフラメンコ号がテントアパートの上を横切りますが、気付く者は誰もいません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドラえもんのび太の海底鬼岩城」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×