映画:ドラゴンボール摩訶不思議大冒険

「ドラゴンボール摩訶不思議大冒険」のネタバレあらすじと結末

ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第3弾です。原作のキャラクターしか登場しませんが、原作とは設定が大きくことなります。原作の内容を再構成し、映画オリジナルに仕立て上げており、まったく別の世界観の物語になっているのが一番の特徴です。キャラの性格は原作と変わりありませんが、設定は違います。特に天津飯と餃子には原作にはない身分が与えられています。そのため原作のキャラを使った新しいドラゴンボールだと考えて良いでしょう。

あらすじ動画

ドラゴンボール摩訶不思議大冒険の主な出演者

孫悟空(野沢雅子)、則巻アラレ/ランチ(小山茉美)、ヤムチャ(古谷徹)、ブルマ(鶴ひろみ)、亀仙人(宮内幸平)、クリリン(田中真弓)、ウーロン(龍田直樹)、プーアル(渡辺菜生子)、天津飯(鈴置洋孝)、餃子(江森浩子)、鶴仙人/カリン様(永井一郎)、桃白白(大塚周夫)、神龍(内海賢二)、ブルー将軍(古川登志夫)、メタリック軍曹(青森伸)、ウパ(堀江美都子)、ボラ(銀河万丈)、ピラフ(千葉繁)、シュウ(玄田哲章)、マイ(山田栄子)

ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のあらすじ1

ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のシーン1 ミーファン帝国の大臣、鶴仙人は七つの玉を揃えれば願いを叶えられるというドラゴンボールを集めるため、自身の部下であるピラフとシュウ、そしてマイに、ドラゴンボールのありかを知らせるドラゴンボールレーダーを作ることを命じ、開発させました。
しかしドラゴンボールレーダーを開発したピラフたちは鶴仙人から用済みだと判断され、鶴仙人の弟で殺し屋でもある桃白白に襲われてしまいます。こうしてピラフたちのその後の生死は不明となります。

一方その頃、孫悟空とクリリンは亀仙人のもとで修行していました。亀仙人は悟空とクリリンの実力を測るべく、ミーファン帝国で開催される武道大会に出場させることにします。ミーファン帝国は様々な武術が生まれた国であり、世界各国から実力者が集まってきていました。

時を同じくしてミーファン帝国では皇帝陛下餃子の花嫁、ランランが行方をくらませていました。鶴仙人はドラゴンボールの力を使って、ランランを探そうと餃子に提案します。幼い餃子は何も考えず、鶴仙人の提案に許可を出そうとします、しかし皇帝陛下の忠実な部下ブルー将軍が、鶴仙人の提案を跳ね除けました。
かねてからブルー将軍は鶴仙人を怪しんでいて、ドラゴンボールでランランを探そうとしているわけではないと疑ったのです。ブルー将軍は鶴仙人がランランを隠していると思っていました。
そのため鶴仙人の部屋を捜索しようとしますが、その前に桃白白に襲撃され命を落としてしまいます。

【承】- ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のあらすじ2

ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のシーン2 ミーファン帝国の兵士はドラゴンボールを集めるため、現地の住民を支配下に置きました。銃で住民を無理やり脅し、強制的に従わせたのです。彼ら兵士たちは住民の虐殺も平気で行っていました。
そんな中、少年ウパとその父親ボラはドラゴンボールを発見します。ですが玉を渡すと殺されるという話を聞いていたため、兵士には何も言わずに黙っていました。ウパとボラはミーファン帝国へと向かいます。


悟空とクリリン、亀仙人とウミガメ、ランチたちはミーファン帝国のレストランで食事を取っていました。すると兵士がやってきて、カリンから来たという親子を取り囲みます。
父のボラは息子のウパを先に逃がせ、兵士と戦いました。偶然居合わせた悟空たちも戦闘に巻き込まれます。
悟空はメタリック軍曹と戦いました。悟空の攻撃が当たった瞬間、メタリック軍曹の首が取れます。何を隠そうメタリック軍曹はロボットだったのです。
騒動を聞きつけた殺し屋の桃白白も現れ、ボラを倒そうとしました。その寸前に亀仙人が割って入ります。
武道大会の参加者は皇帝陛下の客人であると亀仙人は言いました。ボラは武道大会の参加者だったのです。
亀仙人のおかげでボラは難を逃れました。ボラは悟空たちにカリンの現状を話し、自身の故郷を救うため、武道大会で優勝するつもりだと話します。その話を聞いた悟空たちはボラを助けることにしました。

その頃、餃子は自分自身が殺される夢を見ました。その夢に恐怖を抱いた餃子はテレパシーを使い、付き人の天津飯に助けを求めます。餃子は武道大会で何かが起こると感じていました。

【転】- ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のあらすじ3

ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のシーン3 武道大会が開催される日になりました。そこで悟空たちは友達のブルマと再会します。ヤムチャとプーアル、ウーロンも一緒でした。
ブルマはドラゴンボールを探しに、ヤムチャは武道大会に出場するためにミーファン帝国に来ていました。
ブルマはプーアルとウーロン、ランチに協力を仰ぎ、ミーファン帝国の宮殿にあるというドラゴンボールを奪うために動き始めます。

一方その頃、ボラ対ヤムチャの試合が始まっていました。亀仙人はボラを優勝させるべく、ヤムチャに声をかけて邪魔をします。その結果、ボラが試合を制しました。
ボラの次の対戦相手は殺し屋の桃白白です。桃白白は圧倒的な力でボラを痛めつけ、殺害しました。
餃子はショックを受けます。天津飯に戦闘を止めるよう頼みましたが、聞き入れてもらえません。それに加え、ドラゴンボールを集めていた鶴仙人の目的がランラン探しではないことも知り、餃子は騙されていたという事実に深く傷つきました。
父を殺されたウパは悲しみ、悟空は怒りを爆発させます。悟空は桃白白に挑みました。しかし力及ばず、ぶっ飛ばされてしまいます。悟空はドラゴンボールを身につけていたため、運良く生き残ることができました。

そうして桃白白に吹っ飛ばされた悟空は、偶然カリン様と遭遇しました。カリン搭に住むカリン様は悟空に一粒の豆を渡します。その豆は仙豆と呼ばれるものでした。一つ食べるだけで元気になれるという仙豆を食べた途端、悟空の体は全快にまで回復したのです。
カリン様の言葉を疑っていた悟空は、仙豆の持つ力に驚きを隠せませんでした。

【結】- ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のあらすじ4

ドラゴンボール摩訶不思議大冒険のシーン2 仙人のカリン様は悟空の置かれている状況を正確に把握していました。カリン様は心を読むことができたのです。武術の達人でもあるカリン様は、悟空に勝つためのアドバイスを送りました。
悟空は筋斗雲に乗り、桃白白と戦おうとします。するとどこからともなく木が飛んできて、桃白白にぶつかりました。

その頃、ブルマたちはミーファン帝国の兵士から逃げていました。ドラゴンボールを奪ったことがバレてしまったのです。
ブルマたちの前に鶴仙人も現れ、絶体絶命のピンチに陥ります。そのとき間一髪ヤムチャが駆けつけ、ブルマたちは危機を脱しました。

桃白白に向かって木を投げたのは、ペンギン村に住む少女、則巻アラレでした。アラレは無邪気な様子で、桃白白を攻撃します。彼女は殺し屋の桃白白で遊んでいたのです。
桃白白はアラレを攻撃しますが、ダメージを与えることができません。桃白白を軽く凌駕するアラレの存在に悟空も驚きます。
戦いに悟空も参戦し、桃白白と互角以上の戦いを演じました。分が悪いと感じた桃白白はボラを殺したことを謝ります。非道になれない悟空は一瞬隙を見せてしまいました。その隙を突き、桃白白は悟空からドラゴンボールを奪います。
桃白白は決着をつけるため、ミサイルを放ちます。悟空とアラレはミサイルをあっさりと打ち返しました。ミサイルは桃白白に向かって飛び、そのまま爆発しました。

一方宮殿では鶴仙人が部下の天津飯に命じて、皇帝陛下の餃子を殺そうとしていました。しかし天津飯は餃子に攻撃することができません。餃子が泣いていたからです。
痺れを切らした鶴仙人が餃子に攻撃しました。そうはさせまいと天津飯が気功砲を放ち、鶴仙人をぶっ飛ばします。
天津飯はランランを餃子に返しました。ランランの正体は人形だったのです。餃子は鶴仙人の部下だった天津飯にお咎めを与えることはせず、許しました。

戦いを終えた悟空たちはドラゴンボールを使い、神龍を呼び出します。悟空はボラを生き返らせて欲しいと頼みました。ボラは生き返り、ウパと再会を果たしたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

アラレちゃんが出てきたのが良かったです。やっぱりアラレちゃんは強いですね。設定を変えたストーリーでありながら、ドラゴンボールらしさは十分あって面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドラゴンボール摩訶不思議大冒険」の商品はこちら