映画:ドラゴンボール神龍の伝説

「ドラゴンボール神龍の伝説」のネタバレあらすじと結末

ドラゴンボール 神龍の伝説の紹介:記念すべき「ドラゴンボールシリーズ」の第1作目です。「ドラゴンボール」の初期エピソードをベースにリメイクした内容となっています。そのため孫悟空とブルマが出会うところから始まり、原作やアニメとは異なる展開で物語は進んでいきます。いわゆるパラレルワールド的な作品となっているため、原作とは一味違う少年孫悟空の冒険譚を味わうことができます。なお本作に登場するグルメス一味やヒロインのパンジは、鳥山明氏の描きおろしのデザインとなっています。

あらすじ動画

ドラゴンボール神龍の伝説の主な出演者

孫悟空(野沢雅子)、ブルマ(鶴ひろみ)、ウーロン(龍田直樹)、プーアル(渡辺菜生子)、ヤムチャ(古谷徹)、亀仙人(宮内幸平)、パスタ(小山茉美)、パンジ(鈴木富子)、神龍(内海賢二)、パンジの父(飯塚昭三)、パンジの母(鈴木れい子)、ウミガメ(郷里大輔)、ボンゴ(納谷悟朗)、グルメス大王(森山周一郎)

ドラゴンボール神龍の伝説のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドラゴンボール神龍の伝説のあらすじ1

ドラゴンボール神龍の伝説のシーン1 この世にはドラゴンボールと呼ばれる七つの玉がありました。七つすべて揃えると神龍が出現し、どんな願いも叶うと言われています。

グルメス王国では軍隊が土地を掘っていました。彼ら軍隊は世界最高の宝石「リッチストーン」を探しています。軍隊たちは村人の暮らしなんて一切考えず、畑や土地を身勝手に荒らしまわっていました。傍若無人な軍隊に村人は困り果てています。
そんなときパンジという少女が、採掘をしている男にパチンコで攻撃を仕掛けました。軍隊はパチンコ攻撃に気付き、パンジを殴ろうとします。パンジの父親が軍隊を止めました。
すると上官のボンゴがやってきて、パンジの父親は一対一の勝負をすることになります。パンジの父親は屈強な体格の持ち主でしたが、ボンゴはそれ以上に巨体でした。ボンゴ相手にパンジの父親はなすすべもなく、一方的に痛めつけられてしまいます。その様子を見ていた村人たちは、グルメス王国に反感を抱きつつあったのです。
その頃、グルメス王は飢えていました。世界でも優秀なコックに料理を作らせましたが、段々と飽きていたのです。グルメス王は前に食べたものよりもおいしいものでないと受け付けない体になっていたのです。おいしいものを食べたいという欲求に抗えなくなったグルメス王は、ドラゴンボールを手に入れることにしました。神龍に最高の料理を出してもらおうと考えたのです。
早速グルメス王は部下に命令して、ドラゴンボールを探させました。

【承】- ドラゴンボール神龍の伝説のあらすじ2

ドラゴンボール神龍の伝説のシーン2 猿の尻尾を持つ少年、孫悟空はある日、謎の飛行物体を目撃しました。悟空は鳥かと思っていましたが、実際はグルメス王の部下、ボンゴとパスタが乗る飛行機だったのです。飛行機の存在を知らない悟空は、飛行物体が自宅に向かっているのに気づき、何事かと思いました。
そうして飛行物体に気を取られていたため、近づいてくるバイクの存在の気付かず撥ねられてしまいます。バイクに乗っていたのはドラゴンボールを探しに来たブルマでした。
悟空はブルマを妖術を操る妖怪だと思い、攻撃しました。ブルマは慌てて銃で反撃します。銃弾は悟空に当たりましたが、鍛えに鍛えた体には通じません。銃が効かない悟空に、ブルマは自分は人間で敵ではないと必死でアピールしました。

ブルマは自らが開発したドラゴンボールレーダーの反応を頼りにこの地にやってきたのです。ドラゴンボールの一つ、四星球は悟空の家にありました。
ブルマは悟空の自宅からドラゴンボールを盗もうとしている奴がいると気付き、二人で家へと向かいます。しかし時すでに遅く、ドラゴンボールは盗まれた後でした。
二人は後を追いかけ、飛行機を奪うことに成功します。ですがボンゴとパスタの手痛い反撃に遭い、ブルマの乗る飛行機は破壊されてしまいます。あわや地面に追突しそうになるブルマでしたが、悟空の持つ如意棒のおかげでピンチを切り抜けました。

ひとまず助かった悟空とブルマは、鬼に襲われている少女に出会います。悟空は助けに入りました。鬼はロボットに変身します。悟空は素手で木を破壊しました。その力に恐れをなしたロボットはコウモリに姿を変え逃げますが、悟空の如意棒で吹っ飛ばされ、豚の姿へと変化を遂げます。
この豚の姿こそ本当の姿でした。

【転】- ドラゴンボール神龍の伝説のあらすじ3

ドラゴンボール神龍の伝説のシーン3 その豚は名をウーロンと言いました。悟空とウーロンの前に、盗賊ヤムチャと猫っぽい見た目のプーアルが姿を現します。悟空に攻撃され、ウーロンが落ちた場所はヤムチャのアジトだったのです。
ヤムチャは悟空に攻撃を仕掛けました。応戦する悟空ですが、空腹のせいでうまく力を出すことができません。
そこへ悟空を追いかけてきたブルマがやってきました。ブルマの姿を見た途端、顔を赤くして逃げ去ります。ヤムチャは女性恐怖症だったのです。この騒動をきっかけにウーロンも悟空とブルマのドラゴンボール探しに付き合うことになりました。
ウーロンはカプセルワゴンに悟空とブルマ、パンジを招き入れます。パンジは世界一の武術の達人、亀仙人に会いに行こうとしていました。
グルメス王がドラゴンボールを集めていることを知ったブルマは、パンジと共に亀仙人のもとへ行くことに決めました。その話を聞いていたヤムチャは女性恐怖症を治すため、悟空たちよりも先にドラゴンボールを手に入れようと誓います。

悟空たちは亀仙人の暮らす家につきました。ところが亀仙人は彼らを悪党だと思っていたのです。その理由はヤムチャが嘘の情報を吹き込んでいたからでした。ヤムチャは悟空が亀仙人を殺して名を上げようとしていると嘘をついたのです。
悟空とヤムチャ、どちらが本当のことを言っているのか確かめるため、亀仙人は清い心を持つ者でないと乗れない筋斗雲を呼びました。悟空はあっさりと筋斗雲に乗り、結果ヤムチャが嘘つきだとバレてしまいます。亀仙人から叱責を受ける前に、ヤムチャは姿を消しました。
亀仙人の家に今度はグルメス王の部下がやってきました。ブルマが持っていたドラゴンボールを奪いに来たのです。
グルメス王国の軍隊は潜水艦の攻撃で、亀仙人の家を木っ端微塵に粉砕しました。亀仙人の怒りは頂点に達し、かめはめ波を放ちます。かめはめ波は潜水艦の射撃すら打ち破り、すべての船を破壊するほどの威力を見せました。

【結】- ドラゴンボール神龍の伝説のあらすじ4

ドラゴンボール神龍の伝説のシーン2 亀仙人の力を目の当たりにしたパンジは、村を救ってほしいと頼みます。亀仙人は引退した身だからと断りました。その代わり、仲間と共に戦いなさいとアドバイスを送り、三星球を渡します。しかし三星球はボンゴとパスタの手によって奪われてしまいました。悟空とブルマはドラゴンボールを取り戻すべく、パンジと共にグルメス王国へと向かいます。

悟空とブルマは二手に分かれて城の中に潜入しました。ウーロンは化け物の姿に変身し、軍隊を驚かしながら、ブルマと共に城の奥へと進んでいきます。すると同じように化け物に変身していたプーアルと出会いました。
そこへ敵のパスタが襲撃を仕掛けてきて、ヤムチャが応戦します。ですがパスタは女性兵士で、そのことに気付いたヤムチャはまたもや顔を真っ赤にし、ブルマたちと一緒に逃げます。

ブルマたちはグルメス王のもとにたどり着きました。別の場所から侵入した悟空もやってきます。
悟空は敵の一人、ボンゴと互角以上の戦いを繰り広げました。そのときグルメス王が空腹に耐えきれず巨大化し、暴走を始めてしまったのです。ボンゴはグルメス王に踏みつぶされました。
悟空は見様見真似で覚えたかめはめ波を放ちます。グルメス王には通じません。悟空は追い詰められてします。
そんな折、ブルマがドラゴンボールレーダーの反応で、グルメス王のお腹の中にドラゴンボールが隠されていることに気付きました。彼女は最後のドラゴンボールをグルメス王のお腹に向かって投げ入れます。
すると神龍が現れました。ブルマとヤムチャは自らの望みを口にしようとします。その前にパンジが「リッチストーンはいらない。グルメス王国の元に戻してほしい」と願いました。
グルメス王国からリッチストーンは消え、昔のような美しい国に戻ったのです。怪物と化していたグルメス王も元に戻りました。空腹に飢えていたグルメス王にパンジはリンゴを与えます。グルメス王はおいしいと感じました。

望みを口にできなかったブルマとヤムチャでしたが、結果的に二人は恋人同士となり、願いは叶ったのです。
悟空はじっちゃんの孫悟飯の形見、四星球を探すため、新たなる冒険の旅へと向かいました。

みんなの感想

ライターの感想

この頃はまだ孫悟空もそれほど強くはありませんね。もちろん強いことは強いのですが、インフレが始まる前の話なので、この時点ではやはり亀仙人が最強でしょう。亀仙人のかめはめ波は迫力がありました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドラゴンボール神龍の伝説」の商品はこちら