映画:ドラゴンボール超ブロリー

「ドラゴンボール超ブロリー」のネタバレあらすじと結末

ドラゴンボール超 ブロリーの紹介:2018年に公開された「ドラゴンボールシリーズ」の劇場版です。「ドラゴンボール超」の映画としては第1作目となり、3人のサイヤ人に焦点が当てられています。本作のブロリーは過去映画とは一切関連がありません。鳥山明氏脚本による映画になっているため、独自のアレンジが加えられたブロリーが「ドラゴンボール」の正史に組み込まれることになります。ちなみに本作は国内外で人気のあるブロリーを映画にしたらどうかと担当者が提案し、それを面白いと感じた鳥山明氏が脚本を仕上げたそうです。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ドラゴンボール超ブロリーの主な出演者

孫悟空/孫悟天/バーダック(野沢雅子)、ベジータ(堀川りょう)、フリーザ(中尾隆聖)、ブルマ/ブラ(久川綾)、ピッコロ(古川登志夫)、トランクス(草尾毅)、ビルス(山寺宏一)、ウイス(森田成一)、ブロリー(島田敏)、パラガス(宝亀克寿)、チライ(水樹奈々)、レモ(杉田智和)

ドラゴンボール超ブロリーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドラゴンボール超ブロリーのあらすじ1

ドラゴンボール超ブロリーのシーン1 41年前の惑星ベジータにコルド大王とフリーザが襲来しました。コルド大王はベジータ王に、息子のフリーザを紹介します。コルド軍はこれよりフリーザ軍に名を変えることになりました。
手始めにフリーザは新開発のスカウターの性能をお披露目し、自身の命を狙っている何人かのサイヤ人をあっさりと殺します。

ベジータ王は我が子ベジータの成長を心待ちにしていました。ベジータこそ、将来の王になると信じていたのです。
そのときベジータ王はある1人の赤ん坊の存在に気付きました。その赤ん坊はバラガスの息子ブロリーです。
ブロリーの潜在能力がベジータに匹敵すると知り、ベジータ王は辺境の星バンパに追放することにしました。

バラガスはベジータ王に謁見しますが、ブロリーはすでに辺境の星に飛ばされていました。それを知ったバラガスは我が子を救うため、ビーツと共にポッドで飛び立ちます。

バラガスとビーツはバンパに到着した途端、巨大生物に襲われました。何とか逃げた彼らはブロリーのポッドを発見します。
バラガスは新型のスカウターでブロリーを探しました。なんとブロリーは怪物の手足を食べていたのです。彼は満月を見て大猿になり、怪物を倒していたのでした。
彼らは帰ろうとしますが、着陸の衝撃でポッドが壊れてしまい、動けません。食料も少ないと知ったバラガスはビーツを殺害しました。

それから5年後、フリーザのサイヤ人招集命令を受け、バーダックは惑星ベジータに向かいました。バーダックは招集命令におかしさを感じており、フリーザが邪魔なサイヤ人を滅ぼそうとしているのではないかと考えます。
フリーザの部下は超サイヤ人について聞き回っていると知ったバーダックは、「それだ」と感づきました。

一方のフリーザは部下から超サイヤ人や超サイヤ人ゴッドはただの伝説だと聞かされました。それでもフリーザは一抹の不安を取り除くため、惑星ごとサイヤ人を滅ぼすことを決めます。

家に帰ったバーダックは妻のギネにポッドを盗むように言いました。彼はフリーザが超サイヤ人を恐れていると気付き、手遅れになる前に生まれたばかりの我が子カカロットをマシな星に逃がそうと考えたのです。

バーダックは必ず生き延びろ、ギネはまた会おうねと伝えます。カカロットは戦闘力と技術レベルの低い星、地球に飛ばされました。

フリーザは巨大なエネルギー弾を惑星ベジータに向けて放ちます。バーダックは全力を振り絞って巨大なエネルギー弾を止めようとしますが敵わず、惑星ベジータは消滅しました。

生き残った僅かなサイヤ人に惑星ベジータが隕石の衝突で滅んだという知らせが届きます。ナッパは衝撃を受けるも、ベジータとラディッツはどうでもいいと言わんばかりでした。

【承】- ドラゴンボール超ブロリーのあらすじ2

ドラゴンボール超ブロリーのシーン2 それからいくばくかのときが過ぎ、カカロットこと孫悟空とベジータは激しい組手を繰り広げています。
どうして強さを求めるのかというウィスの問いに、悟空はまだ見ぬ強者との戦いのため、ベジータは復活したフリーザの脅威に対抗するためだと答えます。
そこへトランクスから、ドラゴンボールとドラゴンボールレーダーが、フリーザの部下に盗まれたと連絡が入りました。
悟空とベジータ、ブルマ、ウィスは最後のドラゴンボールをフリーザの手に渡らせないため、氷の大陸に向かいます。破壊神ビルスは、ブルマの娘ブラの子守りを頼まれました。
氷の大陸に向かう道中、ブルマは5歳だけ若返りたかったからドラゴンボールを集めていたと明かします。

一方のフリーザはドラゴンボールが6個集まったと聞かされました。フリーザの願いは身長を5センチ伸ばすことです。実は背の低さを気にしていたのでした。

一方、フリーザ軍のチライとレモは戦力増強のため、宇宙を漂っていました。すると救難信号をキャッチし、辺境の惑星に降り立ちます。
そこにいたのはバラガスとブロリーでした。ブロリーの戦闘力が計測不能であることを知り、チライとレモは彼らをフリーザ軍に連れ帰ります。
ブロリーは長い間、野性的な暮らしをしていたため一般教養にかけており、チライが簡単な常識を教えてあげました。

フリーザに謁見したバラガスは、ブロリーが大猿にならないよう尻尾を切り落としたこと、暴走を抑えるために電流を流す制御装置をつけていることを明かします。ブロリーの秘めたる戦闘力に気付いたフリーザは、チライとレモに報奨金を与えました。
フリーザはバラガスにベジータ王子が生きていることを伝え、復讐を手伝うと申し出ます。バラガスとブロリーが去った後、フリーザは面白くなってきたと呟きました。

食堂にいるチライとレモの元に、バラガスとブロリーがやってきます。チライが毛皮の腰布に触れると、ブロリーは「止めろ」と大声を上げました。
ブロリーが腰布について説明しようとすると、バラガスが食事をしに来たんだと止めます。それを見たチライは少し話すくらいいいじゃないかと文句を言いました。
と、そこへ酔っぱらいの兵士がやってきて、チライとレモに絡みます。怒ったブロリーは兵士に手をあげますが、バラガスが制御装置を起動して電流を流しました。
チライはこっそりと制御装置のリモコンを盗んで壊します。フリーザに呼ばれ、バラガスはその場を離れました。

チライとレモはブロリーに親しみを覚え始めました。ブロリーは腰布の毛皮を指して、バアの耳だと口にします。バアとはブロリーの友達である巨大生物でしたが、ある時仲良くしていてはトレーニングにならないと、バラガスに耳を撃ち落とされてしまったのです。これを機に友情は壊れ、ブロリーはずっとバアの耳を持ち歩いているのでした。

【転】- ドラゴンボール超ブロリーのあらすじ3

ドラゴンボール超ブロリーのシーン3 フリーザはバラガスに対し、ベジータは任せるが、悟空には自分が止めを刺すと告げます。そのときドラゴンボールが見つかったと連絡が入りました。

悟空たちは氷の大陸に降り立ちます。ドラゴンボールを見つけたフリーザ軍は逃げようとしますが、悟空たちに追いつかれました。
その直後、フリーザの宇宙船がやってきます。悟空とベジータは、フリーザ以外に強大な気を持つ者がいると気付きました。

フリーザの手にすべてのドラゴンボールが渡ります。バラガスがベジータに向かって、「お前だけは許さない」と怒りをあらわにしました。
フリーザの命を受け、バラガスがブロリーに「行け」と声を掛けます。気が高ぶっていたブロリーはベジータに襲い掛かりました。
実戦経験の差をものともせず、ブロリーは次第にベジータの動きに慣れていきます。ついにベジータは超サイヤ人に変身し、ブロリーを圧倒的な強さでいたぶっていきました。
しかしブロリーは超サイヤ人の強さにも慣れていき、ベジータは成長速度の早さに驚きます。
とうとうベジータは超サイヤ人ゴッドに変身し、ブロリーを翻弄します。ベジータの一撃で、ブロリーは吹き飛ばされました。

フリーザはここまでかと去ろうとしますが、ブロリーの気がどんどん高まり始めます。バラガスはもういいんだと制御装置のリモコンを使おうとしますが、どこにもないことに気付き、「俺の言うことを聞くんだ」と焦りだしました。
ベジータは「下らん」と強力な一撃を放ちます。その強大な一撃を受けたブロリーは覚醒し、悟空たちとは違う特殊なサイヤ人の形態に変身しました。
バラガス曰く、大猿の力を人間の姿のまま、扱える形態とのことですが、ブロリー自身は力をコントロールすることができません。

悟空はベジータと交代し、ブロリーと戦います。その強大な力を前にして、悟空も超サイヤ人に変身して応戦しました。
超サイヤ人を凌駕するブロリーに太刀打ちするため、悟空は超サイヤ人ゴッドになります。ゴッドの力でブロリーの動きを止め、悟空は「お前は悪い奴じゃない。悪い奴の言うことを聞くのは止めろ」と諭しました。
しかしブロリーは聞く耳を持たず、悟空に殴りかかります。フリーザは部下たちにドラゴンボールを預け、一旦避難させました。

【結】- ドラゴンボール超ブロリーのあらすじ4

ドラゴンボール超ブロリーのシーン2 ブロリーは超サイヤ人ゴッドの悟空を追い詰めます。チライとレモは荒れ狂うブロリーを見て、父親のバラガスのせいでこうなったんだと怒りました。

ピンチになった悟空は遠くにいるピッコロと交信し、もしものときにはそっちに瞬間移動すると伝えます。
悟空は超サイヤ人ブルーに変身し、ブロリーを圧倒し始めました。
バラガスは息子の強さに恐怖を抱きます。フリーザはブロリーの戦闘力を引き出すため、バラガスを殺害しました。
父親の死を知ったブロリーは激しい悲しみと怒りを覚え、ついに超サイヤ人に覚醒します。

ブロリーは強大なエネルギー弾を次々と放ち、氷の大陸を破壊し始めました。
一対一の戦いにこだわっている場合ではないと判断し、超サイヤ人ブルーのベジータが加勢します。悟空とベジータは力を合わせて必殺技を放ちますが通じず、ブロリーはフリーザにも攻撃を仕掛け始めました。
その隙に悟空はベジータの腕を掴み、ピッコロの元へ瞬間移動します。

悟空はベジータとフュージョンして、ブロリーを倒すつもりでした。ベジータは当初恥ずかしいと拒否しますが、「愛するブルマがどうなってもいいのか」と言われ、フッージョンすることを決めます。

その頃、フリーザはゴールデンフリーザに変身して、超サイヤ人状態のブロリーと戦い始めていました。

ピッコロの指導の元、悟空とベジータはフュージョンの練習をします。しかしなかなかうまくいかず、太った姿や痩せた姿になってばかりでしたが、ついにフュージョンに成功しました。

一方のゴールデンフリーザはボコボコにされています。そこに悟空とベジータが合体したゴジータが姿を現しました。
ゴジータはすぐに超サイヤ人に変身し、超サイヤ人ブロリーを圧倒します。
押され始めたブロリーが超サイヤ人フルパワーに覚醒しました。それに対しゴジータも超サイヤ人ブルーに姿を変え、ブロリーを圧倒的な力で追い詰めていきます。
ゴジータは止めを刺すべく、かめはめ波を放ちました。そのときチライとレモが神龍に、ブロリーを元の星に返して欲しいとお願いします、
ブロリーは辺境の星バンパに戻りました。フリーザを裏切ってしまったチライとレモは逃げます。
ゴールデンフリーザが宇宙船を撃ち落とそうとしたとき、ゴジータが止めました。フリーザはまた来ると言って、地球を去ります。

フリーザはチライとレモがバンパに向かったと知っても追うことはせず、ブロリーの精神コントロールをさせるべく、泳がすことにします。

チライとレモはブロリーと再会を果たしました。そこに瞬間移動した悟空が現れます。
悟空は彼らに食料と水、住処、仙豆などを与えました。その目的はとんでもなく強いブロリーを活かすことです。彼はブロリーに「ビルス様より強いかも」と言い、また戦おうなと約束しました。
チライは仲間に何かならないと言い、お礼の言葉を口にします。そのまま名前を訪ねると、悟空は「孫悟空、そしてカカロット」と言って去っていきました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

ブロリーが強すぎます。超サイヤ人ブルーの悟空とベジータと渡り合えるなんて。戦闘シーンもムチャクチャ迫力がありますし、ゴジータブルーもかっこよかったです。あとチライとレモが良いヤツ過ぎました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドラゴンボール超ブロリー」の商品はこちら