映画:ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦

「ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦」のネタバレあらすじと結末

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」第6弾となる映画です。原作者、鳥山明氏の「サイヤ人は顔の種類が少ない」という裏設定と、朝鮮人参の「畑の養分を吸って大きくなる」という話から考えられた作品です。主人公孫悟空と同じ顔の敵ターレスが登場しているので、キャッチコピーは「悟空が二人!?」になっています。こうした孫悟空と同じ顔の敵が初めて登場したのが本作です。なお本作のキーアイテムとなる神精樹は鳥山明氏がデザインしています。

あらすじ動画

ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦の主な出演者

孫悟空/孫悟飯/ターレス(野沢雅子)、クリリン(田中真弓)、ヤムチャ(古谷徹)、天津飯(鈴置洋孝)、餃子(江森浩子)、ピッコロ(古川登志夫)、亀仙人(宮内幸平)、ブルマ(鶴ひろみ)、チチ(荘真由美)、ウーロン/バブルス/ハイヤードラゴン(龍田直樹)、プーアル(渡辺菜生子)、北の界王(八奈見乗児)、レズン/神龍(内海賢二)、ラカセイ(佐藤正治)、ダイーズ(真地勇志)、カカオ(里内信夫)、アモンド(銀河万丈)

ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のあらすじ1

ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のシーン1 クリリンと悟飯は山でキャンプをしていました。その日の夜、宇宙から突然謎の物体が飛来し、山が火事になるという緊急事態に陥ります。クリリンと悟飯は火を消していきました。
火消しの最中、悟飯は逃げ遅れていたハイヤードラゴンを助けます。火を消したのはいいもののときすでに遅く、山は無残な有様になってしまいました。
動物のためにも元の状態に戻すべきだと考えたクリリンたちはドラゴンボールを集め、山を火事が起きる前の姿に戻してもらいました。

一方宇宙ではターレスが率いる軍団が、地球を観察していました。山に落ちた謎の物体、それは探査のための機械だったのです。ターレスは神々だけが口にすることを許された神精樹の実を育てるため、地球の土壌を調査していました。
地球の土壌なら神精樹を育てることができると確信した彼らは、青い星に降り立ちます。神精樹の種を一つバラまいた瞬間、急速に成長していきました。種は大地に根を張り、地球のエネルギーをどんどん吸収していきます。

悟飯の家にはハイヤードラゴンがいました。火事から救出して以来、ハイヤードラゴンは悟飯になつき、よく遊びに来ていたのです。
しかしこのときだけはどこか様子が違っていました。ですが母親のチチがハイヤードラゴンを追い出せと言ったため、悟飯は異変に気づくこともなく追い出してしまいます。

その頃、孫悟空のもとに北の界王様から緊急連絡が入りました。神精樹の根が地球に張り付き、このままでは星が滅んでしまうと言うのです。
星のエネルギーをすべて喰らいつくす神精樹、すでに実は誕生していました。

【承】- ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のあらすじ2

ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のシーン2 地球のピンチを伝えられた孫悟空は神精樹を破壊するため、クリリンと天津飯、餃子、ヤムチャに事情を説明しました。神精樹はハイヤードラゴンが住んでいた山付近に生えています。
孫悟空たちはかめはめ波とどどん波を次々と放ちますが、神精樹にはヒビ一つ入りません。彼らは神精樹の頂上付近に気を感じ取り、上へと飛び立ちます。
彼らを迎えたのはターレス配下の軍団でした。ターレス軍団は邪魔をするなら消すと脅し、孫悟空たちの壮絶な戦いが始まります。
ターレス軍団は神精樹の実を食べて戦闘力を大幅に上昇させていたため、クリリンはアモンドに気円斬を跳ね返され手も足も出ません。天津飯と餃子も双子のレズンとラカセイの連携の前に追い詰められ、ヤムチャもカカオのスピードに翻弄されます。
孫悟空だけが敵の一人ダイーズと渡り合い、そのうえ仲間のサポートまでしていたのです。そんな状況の中、ようやく孫悟空の息子、悟飯が駆けつけます。
すでに餃子はやられていました。悟飯はラカセイと対決し、一瞬の隙を突き、傷を負わせることに成功します。そのとき悟飯の前に一人の男が現れました。その顔を見て、悟飯は驚きます。父親の孫悟空と瓜二つの顔をしていたのです。
ターレスと名乗った男は「サイヤ人の下級戦士は似たような顔をしている」と言い、孫悟空の血縁者ではないと断言しました。
ターレスは悟飯の力を見込み、部下に引き入れようとします。悟飯は断りました。ターレスは悟飯に攻撃を仕掛けます。

【転】- ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のあらすじ3

ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のシーン3 ピンチに陥った悟飯のもとへ、ピッコロが駆けつけました。ピッコロは悟飯を守るため、ターレスに挑みます。ですがターレスの圧倒的な力の前になすすべもなくやられてしまいます。悟飯にはなぜかサイヤ人の尻尾が生えていました。
ターレスは悟飯に生えている尻尾を見て、大猿に変身させて暴れさせようと企みます。月の代わりとなるパワーボールを生み出し、ターレスは悟飯に見せました。
悟飯は大猿に変身し、敵味方の区別がつかないまま大暴れします。息子に攻撃できない孫悟空は次第に追い詰められていきます。
そのときハイヤードラゴンがやってきて、悟飯は理性を取り戻すことに成功します。
ターレスが悟飯に襲い掛かりました。それよりも速く孫悟空が動き、悟飯の尻尾を切って助け出します。

孫悟空とターレスの一騎打ちが始まろうとしたとき、ターレス軍団がやってきました。クリリンたちは倒されてしまったのです。
5人のターレス軍団対孫悟空の戦いが始まります。孫悟空は5人相手に善戦し、攻撃をかわし続けます。
戦いの行方を見守るターレスの隙を突き、ピッコロが魔貫光殺砲を放ちますが、ダメージを与えることはできませんでした。ターレスはエネルギー波を飛ばし、ピッコロを返り討ちにします。
その間に孫悟空は界王拳を使い、5人のターレス軍団を撃破していました。

敵はもはやターレスだけです。いよいよ孫悟空とターレスの一騎打ちが始まりました。界王拳で気を上昇させた孫悟空はターレスを圧倒します。
しかしターレスは不気味な余裕を見せ、神精樹の実を食べました。

【結】- ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のあらすじ4

ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦のシーン2 神精樹の実によって戦闘力を急上昇させたターレスは孫悟空を圧倒します。その強さは10倍界王拳でも歯が立たないほどでした。
孫悟空は次第に追い詰められていき、立ち上がるのもやっとな状態にまで陥ってしまいます。ターレスの怒涛の攻撃は止まず、やがて孫悟空は倒れてしまいました。
ですが孫悟空には最後の手があったのです。孫悟空は地球から元気を貰い、元気玉を作り始めます。
その間、元気玉が完成するまでの時間稼ぎとして、ピッコロたちが立ち上がりました。果敢にターレスに挑むピッコロたちでしたが、あっという間にやられてしまいます。
孫悟空は元気玉を完成させ、ターレスに放ちました。しかしターレスのエネルギー弾によって破壊されてしまいます。地球にはもはやターレスを倒すほどの元気も残っていなかったのです。
絶体絶命に陥った孫悟空ですが、彼の手にはまだ元気玉がありました。孫悟空は神精樹のエネルギーを取り込んだのです。
神精樹の元気を借りて生み出されたスーパー元気玉を孫悟空は投げ放ちます。ターレスも最強の技でもって迎え撃ちました。
二つのエネルギーは衝突し、激しい衝撃を生み出します。スーパー元気玉はターレスを飲み込み、神精樹もろとも破壊するほどの強力なパワーを秘めていました。
スーパー元気玉の直撃を受けたターレスは跡形も残らず消え去ります。神精樹も破壊され、エネルギーが溢れ出ました。そのエネルギーは地球全土に降り注ぎ、元の美しい星に戻ったのです。

みんなの感想

ライターの感想

映画オリジナルキャラのターレスが良い味を出しています。原作には一切登場していないキャラなのに妙に存在感があるというか、孫悟空と同じ顔だからこそ印象深いのかもしれません。結構良いキャラだと思うので、ターレスにはまた劇場版に登場して欲しいものです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦」の商品はこちら