映画:ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

「ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」のネタバレあらすじと結末

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第11弾で、初の長編作品となります。本作で初めて伝説の超サイヤ人ブロリーが登場します。映画だけのオリジナルキャラクターでありながら、「ドラゴンボールファン」から多大な人気を誇っているのがブロリーです。ブロリーは「もう一人の孫悟空」というコンセプトで作られたキャラクターで、孫悟空とは深い因縁があります。そうした設定もブロリーが人気を得た理由でしょう。

あらすじ動画

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の主な出演者

孫悟空/孫悟飯(野沢雅子)、ベジータ(堀川亮)、ピッコロ(古川登志夫)、クリリン(田中真弓)、トランクス(草尾毅)、ブルマ(鶴ひろみ)、亀仙人(宮内幸平)、チチ(渡辺菜生子)、ウーロン(龍田直樹)、ブロリー(島田敏)、パラガス(家弓家正)、ベジータ王(佐藤正治)

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のあらすじ1

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のシーン1 悟空は悟飯の受験のため、チチに連れられ、塾の面接会場に来ていました。チチはなんとしても悟飯を塾に入れるため、悟空に質問への応答をレクチャーしています。そのとき北の界王様から緊急連絡が入ります。悟空は面接を受けることなく、北の界王様のもとへ瞬間移動しました。

その頃、悟飯たちは花見をしていました。みんなでワイワイ騒いでいる中、突然謎の宇宙船がやってきます。中から現れた兵士たちはベジータ相手に跪きました。
兵士の指揮官はバラガスというベジータと同じサイヤ人だったのです。宇宙の帝王フリーザの手により破壊された惑星ベジータ、そこから運良く逃れたバラガスはサイヤ人の復興を計画していました。そのためサイヤ人の王子、ベジータに新惑星ベジータの王の座についてほしいと頼みにやってきたのです。
しかし誇り高きサイヤ人の王子であるベジータは、バラガスの頼みに一切興味を持ちませんでした。ですがバラガスが伝説の超サイヤ人が暴れているという情報を示したことで、戦闘民族としての血が騒いだベジータは新惑星ベジータに向かう決意を固めます。すると花見に一緒に来ていた亀仙人が勝手に宇宙船に乗り込んでしまいました。亀仙人を連れ戻すため、クリリン、悟飯、ウーロンも船に乗り込むことになります。

一方、北の界王様に呼ばれた悟空は伝説の超サイヤ人が南の銀河を破壊し、今度は北の銀河を狙っていることを知ります。悟空は北の銀河を守るため、伝説の超サイヤ人の正体を探り始めました。

【承】- ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のあらすじ2

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のシーン2 新惑星ベジータにやってきたベジータ一行は、複数の兵士たちに歓迎されます。バラガスはベジータたちを宮殿に連れて行きました。そこでバラガスの息子、ブロリーと出会います。
彼らのもとに伝説の超サイヤ人が出現したとの知らせが入り、ベジータはブロリーと共にトトカマ星へと向かいました。
残った悟飯とクリリン、トランクスは新惑星ベジータの荒れ果てた現状に何かがおかしいと感じ始めます。悟飯たちは新惑星ベジータを調査することに決めました。
その道中、シャモと出会い、この星にある建物はすべて廃墟で、シャモ星人が奴隷として強制的に働かされていることを知ります。
シャモ星人は伝説の超サイヤ人に故郷を破壊され、居場所を無くしていたのです。
ちょうどその頃、悟空も新惑星ベジータにたどり着いていました。悟空もまたバラガスによって宮殿に案内されます。

一方のベジータはブロリーと共に新惑星ベジータに戻ってきていました。トトカマ星に伝説の超サイヤ人はいなかったのです。
ベジータと共に戻ってきたブロリーは悟空を見て、気を高め始めます。父親のバラガスが制御装置を用いて、ブロリーを抑えました。
悟空とブロリーは同じ日に生まれたサイヤ人で、二人の間には因縁があったのです。そのせいでブロリーの気が高ぶったのです。

その夜、ブロリーが悟空に攻撃を仕掛けます。悟空はブロリーの攻撃を何とかしのぎました。バラガスが制御装置を使い、なんとかブロリーを止めます。
この戦いで、悟空はブロリーこそが伝説の超サイヤ人だと気づきました。

【転】- ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のあらすじ3

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のシーン3 次の日、ベジータは伝説の超サイヤ人と出会えなかったことに腹を立て、地球に帰ると言い始めます。バラガスはベジータを引き止めました。
そこで悟空と悟飯たちがやってきて、伝説の超サイヤ人の正体と新惑星ベジータの現状が明らかになります。
バラガスの真の目的はサイヤ人の復興ではなく、全銀河を手に入れることでした。そのためにはサイヤ人が邪魔だったのです。
そこでグモリー彗星が衝突してまもなく滅びる運命にある星、新惑星ベジータにベジータたちを誘い込み、彼らを消そうと目論んだのです。
南の銀河を破壊しつくしたのもブロリーでした。バラガスはブロリーの力を使って、すべての銀河を手中に収めるつもりなのです。
ですが一つだけ問題がありました。それが悟空の存在です。ブロリーは赤ん坊の頃、悟空の泣き声によって眠ることができず、泣かされた記憶があったのです。それゆえに激しい憎しみを抱いていました。
悟空を目の前にしたブロリーにはもはや制御装置は意味を成さず、伝説の超サイヤ人へ変貌を遂げます。
悟空、悟飯、トランクスは超サイヤ人に変身しますが、ブロリーの圧倒的な力の前に手も足も出ません。
ベジータはブロリーのあまりの強さに恐怖を抱き、戦うことすらできない状態です。そんなベジータに対し、バラガスはもう一つの目的を語りました。
彼は息子ブロリーの強大な戦闘力を恐れたベジータ王の手によって、殺されかけた過去があったのです。運良く生き延びたバラガスは復讐を誓い、ベジータを始末できる機会を待っていたのです。

【結】- ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のあらすじ4

ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のシーン2 悟空、悟飯、トランクスの三人はブロリーに追い詰められ瀕死の状態です。絶体絶命のピンチに陥ったとき、ピッコロが助けに現れました。
ピッコロの持ってきた仙豆の力で三人は復活し、すぐさまブロリーに挑みます。しかし体力が回復してもブロリーには届きません。
ただ見ているだけのベジータを、ピッコロが叱責しました。ピッコロの一言で気力を取り戻したベジータはブロリーに殴りかかります。ですがあっけなく返り討ちにされてしまいました。
グモリー彗星はもう目の前にまで迫っています。バラガスは制御の利かなくなったブロリーを置いて、脱出ポッドで宇宙へ旅立ちました。脱出ポッドの存在に気づいたブロリーが後を追いかけます。バラガスは脱出ポッドごと押しつぶされ、グモリー彗星に向かって投げられたことでそのまま死んでしまいました。

ブロリーの猛攻に仲間たちは次々とやられていき、もう悟空しか動けるものはいません。
悟飯とトランクス、ピッコロは残されたエネルギーを悟空に分け与えます。ベジータだけはプライドが勝り、エネルギーを渡そうとはしませんでした。
悟空はブロリーの怒涛の攻撃に次第に追い詰められていきます。止めを刺されそうになったとき、ようやくベジータがエネルギーを送りました。
仲間たちのエネルギーを貰った悟空は戦闘力を爆発的に高め、ブロリーとの最後の一騎打ちに臨みます。
悟空とブロリーの最後の一撃がぶつかりました。凄まじい衝撃が生じる中、打ち勝ったのは悟空でした。
悟空の一撃を受けたブロリーは吹っ飛ばされ、いずこへと消え去ります。

グモリー彗星が衝突する直前、悟空が仲間を引き連れ、地球へと向かう宇宙船に瞬間移動しました。
新惑星ベジータが崩壊する様を横目に、彼らは無事に地球へと戻ったのです。

みんなの感想

ライターの感想

伝説の超サイヤ人ブロリーが圧倒的すぎます。原作やテレビアニメを含めても史上最強の戦闘力の持ち主ではないでしょうか。孫悟空でさえ仲間の協力がなければ、勝ことはできなかったでしょう。ブロリーは後の劇場版にも登場しますが、これほどの存在感を持つキャラなら、何回も出番があって当然だと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドラゴンボールZ燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」の商品はこちら