映画:ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空

「ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の劇場版第7弾です。タイトルに超サイヤ人と付いていますが、実際は超サイヤ人は登場しません。そもそもこの映画が公開されたとき、原作でも超サイヤ人は登場していませんでした。ただし超サイヤ人という存在がいることは言及されています。ですので本作における超サイヤ人というのは金髪の孫悟空ではなく、金色のオーラを身にまとった擬似的な超サイヤ人となります。ある意味超サイヤ人の前段階とも言うべき姿が登場します。

あらすじ動画

ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空の主な出演者

孫悟空/孫悟飯(野沢雅子)、ピッコロ(古川登志夫)、クリリン/ヤジロベー(田中真弓)、スラッグ(屋良有作)、ブルマ(鶴ひろみ)、チチ(渡辺菜生子)、ウーロン/バブルス/ハイヤードラゴン(龍田直樹)、亀仙人(宮内幸平)、北の界王/ブリーフ博士(八奈見乗児)、アンギラ(難波圭一)、カクージャ(飯塚昭三)、ゼエウン(戸谷公次)、ドロダボ(郷里大輔)、メダマッチャ(堀之紀)

ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空のネタバレあらすじ

【起】– ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空のあらすじ1

ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空のシーン1

画像引用元:YouTube / ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空トレーラー映像

孫悟飯はハイヤードラゴンと共に師匠のピッコロのもとへ遊びに行きました。口笛の音に合わせて踊るハイヤードラゴンを見せるためです。ところかピッコロは口笛の音を聞いた途端、顔を歪めます。そのとき悟飯とピッコロは地球に向かって、何かが近づいていることを感じ取りました。

一方の孫悟空とクリリンはブルマから、正体不明の惑星が地球に近づいていることを知らされます。惑星には生体反応がありました。そのため孫悟空とクリリンは壊すのではなく、軌道を逸らすことにしたのです。

しかしなかなかうまく行きません。あわや衝突寸前というところで惑星の軌道がずれ、爆発します。衝突を避けることができたとブルマは喜びましたが、惑星の中から謎の宇宙船が飛んできたことに気づきます。

宇宙船の中からはスラッグという異星人をリーダーとする集団が現れ、地球を侵略するために総攻撃を仕掛けてきました。

スラッグの兵士相手に、悟飯が一人で立ち向かいます。悟飯の帽子にドラゴンボールがくっついていることにスラッグは気づきました。

やがて悟飯は無数の兵士相手に劣勢になり、ブルマがやってきます。ブルマは何の目的で来たのかと尋ねます。幹部の一人が地球を惑星型のクルーザーに改造し、侵略の道具に使うつもりだと言いました。

悟飯が落としたドラゴンボールを手にしたスラッグは何の道具だと尋ね、ブルマはうっかりと願いを叶えるためのものだと言ってしまいます。

それを聞いたスラッグはドラゴンボールを集めることに決めました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×