映画:ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」のネタバレあらすじと結末

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータの紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の映画第15弾です。11弾以来となる孫悟空が主役の作品です。12弾、13弾、14弾はそれぞれ孫悟飯と孫悟天が主役を務めています。久しぶりに孫悟空が主役となる映画であるため、タイトルにも名前が入っています。本作では悟空とベジータのフュージョンによって生まれたゴジータが初めて登場します。ちなみに本作でフュージョン姿が出たため、原作ではポタラによる合体ベジットを出したそうです。

あらすじ動画

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータの主な出演者

孫悟空/孫悟飯/孫悟天(野沢雅子)、ベジータ(堀川亮)、トランクス(草尾毅)、パイクーハン(緑川光)、ジャネンバ/神龍/サイケ鬼(玄田哲章)、閻魔大王(郷里大輔)、フリーザ(中尾隆聖)、ビーデル/ジュリアーノ(皆口裕子)、ブルマ(鶴ひろみ)、チチ(渡辺菜生子)、北の界王(八奈見乗児)、大界王(槐柳二)、東の界王(山本圭子)、西の界王(島田敏)、南の界王(西尾徳)

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのあらすじ1

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのシーン1 大界王星で、あの世一武道会が開催されていました。優勝者には大界王と修行できる権利が与えられるため、参加者たちは気合十分です。東西南北を代表する銀河戦士が集い、それぞれの界王は自分たちのところの戦士が優勝すると信じて疑っていません。
決勝戦は北銀河一の戦士孫悟空と西銀河代表戦士パイクーハンの一騎打ちです。ライバル同士の戦いということもあって、あの世一武道会の会場は大盛り上がりです。

一方その頃、閻魔大王が治める閻魔界では緊急事態が発生していました。悪人の魂を浄化する機械、スピリッツ・ロンダリング装置がぶっこわれたのです。タンク係のサイケ鬼が、満タンになったタンクの交換を忘れたのが原因でした。
壊れたタンクから悪の気が漏れ出し、サイケ鬼に取り憑いてしまいます。サイケ鬼は邪念の集合体ジャネンバと化し、閻魔大王の住む館に強力な結界を張りました。この強力な結界のせいで閻魔大王の力は封印され、この世とあの世のバランスが大きく崩れてしまいます。

その頃、地球は大混乱に陥っていました。閻魔大王の力が封印されたことで、この世に死者が蘇ってしまったのです。蘇った死者の中には悪人もいました。
死者の復活を知った孫悟飯と孫悟天、ビーデルたちは事態の打開を図るため、街へと向かいます。

孫悟空のいる大界王星にも異変が現れ始めます。大界王は異変の原因は閻魔界にあると言いました。
孫悟空とパイクーハンは決勝戦を中断し、閻魔大王のいる閻魔界へと乗り込みます。

【承】- ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのあらすじ2

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのシーン2 閻魔界へとたどり着いた二人は、すっかりと様変わりした世界に驚きを隠せません。館へと侵入するため、結界にエネルギー弾を放ちますが、壊すことはできませんでした。
閻魔大王様はジャネンバを倒さない限りどうしようもないと言い、孫悟空とパイクーハンの二人は元凶へと戦いを挑みます。
間抜けな見た目に反してジャネンバのパワーは圧倒的で、孫悟空とパイクーハンの二人がかりでも苦戦を強いられます。そこで孫悟空がジャネンバと戦っている間、パイクーハンは結界をぶち壊す作戦に打って出ました。
孫悟空はジャネンバを地獄へと誘導し戦闘を繰り広げますが、想像以上のパワーに劣勢に陥ってしまいます。

一方地球では宇宙の帝王フリーザがギニュー特戦隊やザーボン、パラガスやボージャックなどの面々を引き連れ、暴れていました。フリーザは孫悟飯に挑みかかりますが、数多くの激戦を経て成長した彼の敵ではありません。フリーザはたった一撃でやられてしまいます。
孫悟飯は神龍を呼んで今回の騒動を解決してもらおうと思いましたが、閻魔大王の力が強かったため願いを叶えることができません。
そうこうしているうちにまたもや復活し、孫悟天とトランクスは独裁者軍団に立ち向かいました。

その頃、閻魔界ではパイクーハンが結界の破壊を試みていますが、なかなかうまくいきません。イラッとしたパイクーハンは罵声を浴びせました。すると結界の表面に傷が付いたのです。どんどん罵声を浴びせ続けると、結界が次第に壊れていきました。

【転】- ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのあらすじ3

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのシーン3 孫悟空はこのままではジャネンバに負けると感じ、ついにスーパーサイヤ人3へと変身しました。スーパーサイヤ人3になった孫悟空はジャネンバを圧倒し、倒すことに成功します。しかしジャネンバは復活を遂げ、スーパーサイヤ人3すらも上回るパワーの戦闘形態へと変貌を遂げました。
そのパワーに押され、孫悟空は血の池地獄に落とされてしまいます。ジャネンバの剣が血の池地獄を切り裂き始め、その刃は孫悟空に迫りつつありました。
そのときどこからともなくエネルギー弾が飛んできて、ジャネンバをふっ飛ばします。孫悟空のピンチに現れたのは最大のライバル、ベジータでした。
魔人ブウとの戦いで死亡したベジータはあの世とこの世のバランスが崩れたことにより、肉体を取り戻したのです。天性の格闘センスでジャネンバのテレポートの弱点を見破るもポテンシャルの差は歴然で、ベジータでさえダメージを受け、針山地獄へと吹き飛ばされてしまいます。
孫悟空が間一髪ベジータを救出し、フュージョンで戦闘力を上げようと提案しました。ベジータは誇り高きサイヤ人の王子として合体などできないと拒絶します。
その瞬間、ジャネンバが二人に対して攻撃を仕掛けました。孫悟空はなんとかかわしますが、ベジータは避けることができずダメージを負ってしまいます。
孫悟空との力の差にベジータは悔しくなりました。ベジータの姿を見て、孫悟空はフュージョンは止めようと言います。
その言葉にプライドを傷つけられたベジータは孫悟空とフュージョンすることに決めました。

二人はフュージョンを試しますが、失敗してしまい不完全な姿ベクウになってしまいました。太った姿のベクウではジャネンバに敵うはずもなく逃げ回るしかありません。
もう一度合体するためには三十分の時間が必要です。その間ベクウの姿でジャネンバと戦うしかありませんでしたが、なぜか相手の攻撃を呼んでいたはずのジャネンバの動きが鈍りつつあったのです。

【結】- ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのあらすじ4

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータのシーン2 ベクウは隠れつつジャネンバの攻撃を凌ぎ続け、ようやくフュージョンが解けました。迫りくるジャネンバにカウンターを浴びせた二人はもう一度フュージョンに臨みます。
しかしジャネンバに邪魔され、なかなか合体できません。そこへ結界を破壊したパイクーハンが助っ人に駆けつけます。
パイクーハンは罵声を浴びせ、ジャネンバを怯ませることに成功しました。ですが一瞬しか止めることはできず、パイクーハンは大ダメージを食らいます。
この間に孫悟空とベジータはフュージョンを成功させ、最強の戦士ゴジータが誕生したのです。
ゴジータの気は地球にまで届くほどでした。父たちの気を察知した孫悟天とトランクスもフュージョンでゴテンクスに変身し、独裁者軍団を一網打尽にします。

ゴジータとジャネンバの対決が始まりました。スーパーサイヤ人3すら苦戦させたジャネンバ相手に、ゴジータは猛攻撃を仕掛けます。
ジャネンバはゴジータ相手に手も足も出ず、渾身の一撃すら通じませんでした。ゴジータは圧倒的強さでジャネンバを追い詰め、エネルギー弾で最後の一撃を加えます。
ジャネンバを形成していた悪の気は見事に浄化され、元のサイケ鬼へと戻ります。あの世とこの世のバランスも元に戻り、復活した悪人たちも地獄へと帰りました。

ゴジータのフュージョンも解け、孫悟空とベジータは元の姿になりました。ベジータは「フュージョンは二度とごめんだ」と言います。孫悟空は「また」と別れを告げ、ベジータは魂だけの存在となり、地獄へと帰っていったのです。

みんなの感想

ライターの感想

孫悟空とベジータのフュージョン、ゴジータがめちゃくちゃかっこいいです。しびれるくらい強くて、作中最強ではないかと思うほど圧倒的です。原作では登場しないキャラなので活躍回数は少なめですが、ゴジータをメインにすえた話をもっと作ってほしいものです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」の商品はこちら