映画:ニンジャバットマン

「ニンジャバットマン」のネタバレあらすじと結末

ニンジャバットマンの紹介:2018年に公開された日本のアニメ映画です。DCコミックの「バットマン」を原作としており、戦国時代を舞台とした日本ならではの作品に仕上がっています。多数のヒーローやヴィラン達が登場し、戦国時代で大暴れします。ストーリーはバットマンたちが江戸時代にタイムスリップし、過去を支配しようとするジョーカーたちヴィランと戦うというものです。全員戦国風の衣装に変わっているのが特徴的で、まるで特撮作品のような巨大ロボットも登場します。まさに日本だからこそ生まれた新しい「バットマン」だと言えるでしょう。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ニンジャバットマンの主な出演者

バットマン(山寺宏一)、ジョーカー(高木渉)、キャットウーマン(加隈亜衣)、ハーレイ・クイン(釘宮理恵)、ゴリラ・グロッド(子安武人)、ロビン(梶裕貴)、レッドロビン(河西健吾)、ナイトウィング(小野大輔)、レッドフード (石田彰)アルフレッド(大塚芳忠 )

ニンジャバットマンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ニンジャバットマンのあらすじ1

ニンジャバットマンのシーン1 ゴッサムシティのアーカムアサイラムで、バットマンはヴィランのゴリラ・グロッドと戦いを繰り広げていました。
ゴリラ・グロッドは並外れた知能を持っており、なんと時空を移動できる装置を開発していたのです。ゴリラ・グロッドはゴッサムシティにいる悪党を使って実験していました。
戦いの最中、装置が暴走を始め、バットマンとヴィランたちは吸い込まれてしまいます。

気が付くとバットマンはゴッサムシティではない場所にいました。彼はすぐに日本の江戸時代だと見抜きます。
タイムスリップしたバットマンの前に、仮面を被った謎の集団が現れました。仮面の集団はお館様に命令され、バットマンを殺そうとしていたのです。バットマンは彼らをあっさりと退け、逃走を図ります。

バットマンは情報を得るため、大きな城へと向かいます。そこでヴィランのジョーカーとハーレイ・クインに出会いました。
ジョーカーは第六天魔王と謳われており、彼らの戦いが始まります。囲まれたバットマンは分が悪いことを悟り、一旦逃げました。
その道中、バットマンはキャットウーマンと再会を果たします。キャットウーマンはジョーカーが来てから2年の月日が流れていると言いました。
ジョーカーを始めとして、ポイズンアイビーやデスストローク、ペンギン、トゥーフェイス、ベインたちは戦国大名に成り代わり、日本を支配していたのです。

キャットウーマンから話を聞いたバットマンは宣教師に変装し、情報収集に臨みます。やがて彼は執事のアルフレッドと再会しました。

【承】- ニンジャバットマンのあらすじ2

ニンジャバットマンのシーン2 アルフレッドはバットマンが江戸時代に来るだろうと信じており、バットモービルやバットウィングなどの装備を守り続けていたのです。
バットマンは装備を万全に整え、ジョーカーの城へと乗り込みます。
すると突然城が変形を始めました。ジョーカーは城を改造し、変形できるロボットにしていたのです。
城ロボットの攻撃に対し、バットマンはバットモービルで応戦します。
その前に相撲力士と化したヴィランのベインが立ちはだかります。バットマンはバットモービルを装着し、ベインを吹き飛ばしました。
ですが城ロボットのパワーには敵わず、バットモービルは壊れてしまいます。
ピンチに陥るバットマンでしたが、飛騨の蝙蝠衆を仲間にしたナイトウィングとレッドロビンによって助けられました。
サイドキックと合流を果たしたバットマンは、他の仲間とも落ち合います。息子のロビンが、小猿が拾ったという巻物を見せました。

その巻物はゴリラ・グロッドからの招待状だったのです。バットマンは1人で会いに行き、ゴリラ・グロッドの協力を得ることに成功します。

バットマンはゴリラ・グロッドを囮にしました。ゴリラ・グロッドのおかげでジョーカーたちをおびき寄せることができ、バットマンたちの戦いが始まりました。
ゴリラ・グロッドも時空装置を取り戻すため、バットマンと協力して、ジョーカーと戦います。
その結果、ジョーカーとハーレイ・クインが捕まりました。その瞬間、ゴリラ・グロッドが裏切り、ヴィランのトゥーフェイスが襲撃を仕掛けてきます。
混乱の最中、キャットウーマンが元の時代に帰るため、ゴリラ・グロッドに取り引きを持ち掛け、バットマンを裏切ります。
船の上に取り残されたバットマンたちは、ジョーカーの自爆攻撃に巻き込まれました。

【転】- ニンジャバットマンのあらすじ3

ニンジャバットマンのシーン3 各地に散ったヴィランたちは、それぞれが時空装置の部品を持っていました。
ゴリラ・グロッドは、各地のヴィランに最終決戦の場所は富士山の麓だと伝えます。最終決戦に向けて、各地のヴィランは城の完成を急いでいました。

一方のバットマンは重傷を負いながらも生き延び、目を覚ましました。
バットマンは江戸時代に来たとき、最新装備を持ってきていませんでした。なので自分には何もないと思い込んでいたのです。
ですがそれは間違いでした。敗北したバットマンは「この体がある。仲間たちがいる。飛騨の蝙蝠衆がいる」と自らを奮起させ、江戸時代ならではの戦い方で勝つことを心に誓います。

別の場所ではレッドフードが、爆発から生き延びたジョーカーとハーレイ・クインを見つけていました。ジョーカーたちは何も覚えてないといい、今は百姓として暮らしています。
レッドフードは言い分を信じず、ジョーカーを殺そうとしました。そこに噂を聞き付けたバットマンもやってきて、今のジョーカーには殺気が感じられないと言い、見逃すことにします。
バットマンはレッドフードと共にその場を去ります。彼らが去った後、ジョーカーは不気味な笑い声を上げました。

それから1カ月後、ゴリラ・グロッドが時空装置の部品を回収するため、自らのいる城を巨大ロボットへと変形させました。
時を同じくして各地に散ったヴィランたちの城も動き始め、富士山の麓で最終決戦を始めようとしていました。
その情報を聞きつけ、最終決戦の準備を整えたバットマンたちも向かいます。

【結】- ニンジャバットマンのあらすじ4

ニンジャバットマンのシーン2 富士山の麓にヴィランたちが集結し、それぞれの城が巨大ロボットに変形しました。そこにバットマンたちも駆け付けます。
彼らは天守閣に乗り込もうと考えました。
するとゴリラ・グロッドが各ヴィランを洗脳し、すべての城を合体させようとし始めたのです。その真の目的は巨大なロボットを造り上げ、戦国時代を猿の王国に変えることでした。

ですがゴリラ・グロッドの前にジョーカーとハーレイ・クインが現れたことで戦況は一変します。ジョーカーは城を乗っ取り、ゴリラ・グロッドとキャットウーマンを突き落としました。
城から落ちそうになっている2人を助けたのはバットマンでした。

その直後、ジョーカーが全ての城を合体させ、キングジョーカーという巨大ロボを生み出します。その猛攻の前にロビンがピンチに陥りました。
ロビンを助けるため、ゴリラ・グロッドが体を張ります。
ゴリラ・グロッドは助けてもらった借りを返すだけと言い、配下の猿を操るための笛を渡しました。
ロビンがその笛を使って猿の大群を呼び出します。その群れは合体し、巨大な猿へと姿を変えました。

キングジョーカーと巨大猿が激突します。バットマンたちはキングジョーカーへの侵入を試みました。キャットウーマンも同行します。
その矢先、キングジョーカーが火を噴き始め、バットマンや巨大猿はまたもや危機的状況に陥ります。
そのとき飛騨の蝙蝠衆が助っ人に駆け付けました。コウモリの群れも巨大化し、なんと猿たちと合体したのです。
コウモリと猿の融合体は巨大なバットマンへと姿を変え、キングジョーカーを吹き飛ばしました。
その隙を突き、バットマンが城の中に入ります。仲間たちも各地のヴィランの城に忍び込み、それぞれの戦いが始まりました。

ついにバットマンとジョーカーの一騎打ちが幕を開けます。キャットウーマンとハーレイ・クインもタイマンを始めました。結果はキャットウーマンの勝ちです。

一方のバットマンとジョーカーは互角の戦いを繰り広げ、一進一退の攻防が続いていました。
ジョーカーが一瞬の隙を突き、バットマンに刀を突き刺します。突然バットマンがコウモリの群れと化し、ジョーカーを追い詰めます。
戦いを制したのはバットマンでした。バットマンは飛騨の蝙蝠衆に別れを告げ、元の時代へと帰ります。

元の時代に帰ったバットマンは執事のアルフレッドと共に市長に会いに行きました。キャットウーマンは江戸時代から持ち帰った品物を売り、1人だけ大金を稼いで、いずこへと去って行きます。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

クライマックスにおける怒涛の展開は熱いです。巨大ロボットや合体猿に蝙蝠、裏切りなど、いろんな要素が詰め込まれています。ジョーカーも最高にヤバいやつでしたし、バットマンのアニメとしては最高の出来ではないでしょうか。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ニンジャバットマン」の商品はこちら