「ハイキュー!! 才能とセンス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

2017年公開の日本映画。原作は古舘春一の「ハイキュー!!」。監督の満仲勧は「ハイキュー!!劇場総集編版」を全て務めている。声優陣はテレビアニメ版より続投している。 全力を出し切り、インターハイ予選を青葉城西に敗れ、一皮剥けるために合同合宿に参加する烏野。そこには東京の強豪チームが多数参加しており練習試合の中で各々宿題を持ち帰り、個人の技に磨きをかけていく。そんな中、影山まかせで成功している変人速攻に疑問を持った日向は自分が強くならないといけないと決心する。最初こそ反対していた影山だが、及川から助言もあり、スパイカーが打ちやすいサーブという考え方にスイッチしていく。そして新しい二人の速攻が完成し、いよいよ春高の予選、青葉城西との試合を迎える。

あらすじ動画

ハイキュー!! 才能とセンスの主な出演者

日向 翔陽 (村瀬歩)、影山 飛雄(石川界人)、澤村 大地(日野聡)、菅原 孝支(入野自由)、田中 龍之介(林勇)、東峰 旭(細谷佳正)、西谷 夕(岡本信彦)、月島 蛍(内山昂輝)、山口 忠(斉藤壮馬)、縁下 力(増田俊樹)、成田 一仁(西山宏太朗)、木下 久志(相楽信頼)、清水 潔子(名塚佳織)、谷地仁花(諸星すみれ)、武田 一鉄(神谷浩史)、烏養 繋心(田中一成)、及川 徹(浪川大輔)、岩泉 一(吉野裕行)、金田一 勇太郎(古川慎)、国見 英(田丸篤志)、矢巾 秀(河西健吾)、花巻 貴大(櫻井トオル)、松川 一静(祐仙勇)他

ハイキュー!! 才能とセンスのネタバレあらすじ

【起】– ハイキュー!! 才能とセンスのあらすじ1

ハイキュー!! 才能とセンスのシーン1

画像引用元:YouTube / ハイキュー!! 才能とセンストレーラー映像

音駒高校へ合同練習に来ている烏野の一面。黒尾に人数が足りなくないかと指摘され、日向と影山は赤点で補習を受けていると話す大地。

山本は谷地を見て女子マネが増えていることに悶絶している。田中はこれが烏野の実力だとよくわからない自慢をしている。清水はそんな田中と山本を置いて、行こうと谷地を促す。

日向と影山はいつになく真剣に補習を受けている。補習が終わった途端に走って出て行く日向と影山。学校の前には田中の姉の冴子が車で待っている。東京まであっという間に届けてやると言う冴子の激しい運転に揺られて行く。

体育館に入ってくる烏野の面々。黒尾から練習の方法について説明を受ける大地。

谷地は生川高校のサーブを見て泣きそうになっている。更にコンビネーションの匠、森然高校、音駒高校、そして全国で5本の指に入るエース、木兎を有する梟谷高校とそうそうたる面々が揃っている。

練習が進み、烏野は何回も罰のフライングをしている。他チームからも弱くはないけど普通のチームだなと陰口を囁かれている。

そこへ冴子が扉を開けて、日向と影山が入ってくる。日向達が入りなんとか一勝することができる。格好つける日向と影山に赤点組格好つけるんじゃねーと指摘する田中。

9セット目にしてはじめてのペナルティなしかと疲れ果てている烏野の面々。

日向は速攻にすぐについてこられていたことを思い出して、このままじゃいけないと考えている。

夜、部屋話している狐爪と日向と犬岡。新しく入ったリエーフの話をしている。部屋に入ってきた夜久は狐爪が人見知りせず話していることに感激している。

チームとして落ち着いてきていることを話している音駒のコーチ。だが監督はこのままでいいのか強くなるためにきたんだろうと険しい顔。

試合中、遂にリエーフも速攻についてきてブロックされてしまう。日向に普通の速攻を増やして行くことを伝える影山。リエーフは194センチの長身を活かしスパイクにきちんとついてくる。

日向は凹むかと思いきやにやっとしている。

試合中、大地が東峰にあげたボールに日向がついてきてぶつかってしまう。日向の変化を皆が感じている。

日向は影山にギュンの方の速攻の目を瞑るのをやめると宣言するが否定される。日向はそれでも今のままじゃダメだと食い下がる。それでもできないから今の形になっているんだろうと言われ、その場は治める。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハイキュー!! 才能とセンス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×