映画:ピカチュウのおばけカーニバル

「ピカチュウのおばけカーニバル」のネタバレあらすじと結末

ピカチュウのおばけカーニバルの紹介:2006年公開の日本短編アニメ映画。おなじみの人気キャラクター、ピカチュウたちが活躍。ANAの機内上映でしか見られなかった「ポケットモンスター」のオリジナルアニメ。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ピカチュウのおばけカーニバルの主な出演者

ピカチュウ/ムウマ/ピカチュウ風船(大谷育江)、ゴマゾウ(林原めぐみ)、ゴンベ/ベロリンガ(佐藤智恵)、ヘイガニ/サボネア/サマヨール(小西克幸)、ゼニガメ(半場友恵)、ニャース(犬山イヌコ)、ソーナンス(うえだゆうじ)、ゴースト/ドガース(石塚運昇)、ゴース/ヨマワル(三木眞一郎)、カラカラ/ジュペッタ(西村ちなみ)、ウソハチ/ヨマワル/ヤミラミ(阪口大助)、ゲンガー/ゴルバット(坂口候一)、カゲボウズ/メタモン(伊東みやこ)、ナレーション(堀内賢雄)

ピカチュウのおばけカーニバルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①カラカラたちはおばけカーニバルをしようとするが、仲間だけなので誰も怖がらない。ピカチュウたちがピクニックへやってきた。カラカラたちはピカチュウらを客として招き、怖がらせようと考える。 ②雨宿りでお屋敷に入ったピカチュウたちは驚くが、ゼニガメが泣き出したので種明かし。お屋敷を破壊しようとするニャースらを撃退し、みんなでカーニバルの成功を祝った。

【起】- ピカチュウのおばけカーニバルのあらすじ1

(この作品は、ポケモンたちを主人公に据えていますので、
人間であるサトシたちは、登場はしても顔は映されません。
あくまで、ポケモンたちが主役のものです)

ポケットモンスター。ちぢめて、ポケモン。
この星のふしぎな、ふしぎな生き物です。
空に、海に、森に、街に…その種類は100、200、300、いや、それ以上かもしれません。
世界中のいたる所で、ポケモンの姿を見ることができます。
人とポケモンは、さまざまな絆を結び、この世界の中で仲良く暮らしていました。
マサラタウンのサトシは、そんなポケモンが大好きな少年です。
オーキド博士から最初のポケモン、ピカチュウをもらい、
マサラタウンをあとにして、ポケモントレーナーとしての修行の旅に出ました。
幾多の試練を乗り越えて、ポケモンリーグのチャンピオンになるために、
最高のポケモンマスターになるために、出会いと別れを繰り返し、
サトシと、仲間たちの旅は続きます…。

(今作品は、人間は全く出てきません)


風車がついている不気味な洋風のお屋敷に、カラカラが入ってきます。
ドガースが煙幕を張り、ゴルバットやゴーストが出てきて、驚かせようとします。
天井にはりついたベロリンガがカラカラを舌で舐めました。
鏡を見たカラカラは、自分と同じ姿のものがちがう動きをするのですが、全然驚きません。
鏡の中の正体は、カラカラに変身したメタモンでした。
ヤミラミが光る目でくらがりから見つめますが、カラカラはそれでも動じません。

なぜカラカラが驚かないかというと…。
カラカラも、このお屋敷の仲間だからです。
今回は、みんなで手分けしてお化けの真似をしてあそぶカーニバルだったのですが、仲間同士のため、全然こわくないのです。

【承】- ピカチュウのおばけカーニバルのあらすじ2

・お屋敷のポケモン…カラカラ、ヤミラミ、ベロリンガ、ジュペッタ、ゲンガー、ボルバット、ムウマ、ゴースト、ゴース、サマヨール、メタモン、ドガース(12匹)

・ピカチュウたち…ピカチュウ、ゴマゾウ、ヘイガニ、ゴンベ、ミズゴロウ、ゼニガメ(のちにウソハチも参加)、6匹(7匹)

・ニャースたち…ニャース、ソーナンス、サボネア(3匹)


…ピカチュウたちは湖を目指し、森の中を歩いていました。ピクニックです。
ピカチュウを先頭にし、ゴマゾウ、ヘイガニ、ボンゲ、ミズゴロウ、ゼニガメの順で歩いています。
ところが坂道がきついので、ゼニガメが疲れてダダをこね始めました。仕方なく、ピカチュウがゼニガメを背負います。
すると今度はゴンベが、早くも空腹を訴えました。
本当は湖の近くでピクニックをする予定だったのですが、仕方なく坂の途中でお弁当を広げ、みんなで食べ始めます。

森の中にいたウソハチは、木の実を食べていました。
ピカチュウたちがサンドイッチを食べるのを見たウソハチは、自分ももらおうと嘘泣きを始めます。
空腹すぎて、もう動けないというアピールをしたので、ピカチュウたちはサンドイッチを分けました。
ウソハチは喜んでそれをもらいます。

その様子を上空から見ていたゴルバットは、お屋敷に戻ると仲間たちに言いました。
自分たち仲間同士だと怖くないのならば、ピカチュウたちをお屋敷に呼び、怖がらせようという話になります。

【転】- ピカチュウのおばけカーニバルのあらすじ3

お屋敷のメンバーは早速、ピカチュウたちをお屋敷へ呼ぶために、雨乞いの儀式を始めました。全員が、それぞれ空を見上げながら踊ります。
雨乞いが功を奏したのか、雲ゆきがあやしくなると、やがて雨が降り始めます。


雨に振られたピカチュウたちは、雨宿りのためにお屋敷を目指しました。
合流したウソハチも加わって、7匹はお屋敷に入ってきます。

カラカラたちにとっては、お化けカーニバルの始まりでした。
ムウマとゴースが、ピカチュウたちを怖がらせ始めます。
ところが怖がったゼニガメが大泣きを始めたので、申し訳ないと思った一同は、姿を現わして真相を明かします。
カーニバルをするつもりだったことや、最後にはパーティーを開くつもりだったことを伝え、ゼニガメを泣かせたお詫びに、みんなをパーティーに招待しました。
奥の部屋にはご馳走が用意されてあり、ピカチュウたちは喜んで仲良く食べ始めます。


そこへ…ニャースとソーナンスが、お屋敷を破壊しようとやってきました。
ニャースとソーナンスはサボネアを鉄球代わりにし、クレーン車でお屋敷を壊そうとします。
その様子をお屋敷の中から見たピカチュウは、お屋敷破壊を阻止するために、手を組んで戦うと決めました。

まずメタモンがソーナンスに変身をし、ミラーコートでお屋敷を覆い、破壊を止めます。
雨が降り始めたので、ニャース、ソーナンス、サボネアはお屋敷に雨宿りをしに入りました。

【結】- ピカチュウのおばけカーニバルのあらすじ4

あとは先ほどの、お化けカーニバルの続きをすればいいのです。ニャースやソーナンスたちを怖がらせばいいと、ピカチュウたちは考えました。

お屋敷に入ったソーナンスとサボネアは、ゴースたちが演出するおばけを見ておどろきます。
双方から抱きつかれたニャースは、おばけなどいないと言いますが、それでも怖がらせが続きました。ニャースもそのうちに、怖くなります。
お屋敷には、からくりもありました。
ピカチュウたちは階段を平らにするからくりを仕掛けて、ニャースたちを落とします。

階段から落ちたニャースは、鏡を見ました。
そこには自分の姿があるはずなのに、ちがう動きをするので、ニャースは驚きます。

ゼニガメ、ミズゴロウ、ウソハチ、ゴンベたちもいっしょになって、驚かせようとしました。
しかしゼニガメたちの演出はすぐにばれ、ニャースはゼニガメたちのしわざだと思います。
怖がる必要はないと、ソーナンスとサボネアに言いました。
ゼニガメたちが絶体絶命です。

そこへピカチュウが指示をし、巨大ピカチュウ風船を部屋に仕込みました。
ニャースたちの注目が風船へ向いているあいだに、ゼニガメたちを撤退させます。
風船にくわえ、水を入れた水風船をお屋敷の双方から部屋に膨らませました。
ニャースたちは2つの風船に挟まれ、苦しくなります。
サボネアがトゲを出すと風船は破裂し、水の勢いでニャースたちは飛ばされます。


ニャースたちを撃退したピカチュウたちは、改めてパーティーを再開します。
時間は夜になっていました。花火もあがり、お化けカーニバルは大成功です。
ピカチュウたちはカーニバルの成功を、盛大にお祝いしました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

とっても可愛らしい作品。…でも、あれ、ゼニガメって、こういうキャラクターだったっけ?
トゲピーがいないから、その代理みたいな役柄だったな。
おばけカーニバルということで、ゴーストポケモンが大集合してます。
毎度なんだけど、ニャースサイドがかわいそう…せめて、このショートムービーだけは、ロケット団の垣根を越えて、仲良くしてほしい…。
しかしそういう役回りなんかな、やなかんじ~。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ピカチュウのおばけカーニバル」の商品はこちら