映画:ピカピカ星空キャンプ

「ピカピカ星空キャンプ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ピカピカ星空キャンプの紹介:2002年公開の日本短編アニメ映画。おなじみの人気キャラクター、ピカチュウたちが活躍。「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」の併映短篇アニメーション。

ピカピカ星空キャンプの主な出演者

ピカチュウ(大谷育江)、ピチュー兄(冬馬由美)、ピチュー弟(こおろぎさとみ)、ニャース(犬山犬子)、ゴマゾウ(林原めぐみ)、コダック(愛河里花子)、ヒノアラシ(上田祐司)、ワニノコ(西村ちなみ)、ソーナノ(桃井はるこ)、バルビート(山口勝平)、ヨマワル(飛田展男)、ウソッキー(藤原啓治)、エアームド(小西克幸)、ナレーション(優香)

ピカピカ星空キャンプのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①汽車に乗って自分の町へ帰ろうとしたピチュー兄弟がトラブルで汽車から落ち、ソーナノとともに飛ばされてしまう。ピカチュウらと再会したピチュー兄弟は、ソーナノの案内で汽車のある場所へ戻ることに、しかしよりみちばかり。 ②ニャースとソーナンスも汽車に乗ろうとするが、道に迷っていた。翌日ピカチュウたちはピチュー兄弟を無事に汽車に乗せ、ニャースたちも汽車に乗れた。

【起】– ピカピカ星空キャンプのあらすじ1

(この作品は、ポケモンたちを主人公に据えていますので、

人間であるサトシたちは、登場はしても顔は映されません。

あくまで、ポケモンたちが主役のものです)

ポケットモンスター。ちぢめて、ポケモン。

この星のふしぎな、ふしぎな生き物です。

空に、海に、森に、街に…その種類は100、200、300、いや、それ以上かもしれません。

世界中のいたる所で、ポケモンの姿を見ることができます。

人とポケモンは、さまざまな絆を結び、この世界の中で仲良く暮らしていました。

マサラタウンのサトシは、そんなポケモンが大好きな少年です。

オーキド博士から最初のポケモン、ピカチュウをもらい、

マサラタウンをあとにして、ポケモントレーナーとしての修行の旅に出ました。

幾多の試練を乗り越えて、ポケモンリーグのチャンピオンになるために、

最高のポケモンマスターになるために、出会いと別れを繰り返し、

サトシと、仲間たちの旅は続きます…。

ピカチュウは、そのサトシに同行して旅をしています。

サトシは、カスミやタケシと一緒に行動していました。

・サトシのポケモン…ピカチュウ、ヒノアラシ

・カスミのポケモン…トゲピー、ワニノコ、コダック、サニーゴ

・タケシのポケモン…ゴマゾウ

(・ロケット団のポケモン…ニャース、ソーナンス)

(・ピチュー兄弟…過去『ピチューとピカチュウ』の時に、ピカチュウたちと出会った兄弟。前髪がギザギザになっているのが兄)

ピチュー兄弟は汽車の上に乗り、自分たちの住む町へ帰ろうとしていました。

ふたりは順調に汽車で移動していたのですが、エアームドがそれを台無しにします。

エアームドは線路横にある柱に停まっていたのですが、汽車が近づいてきたので飛び立ちました。

その拍子に看板がピチュー兄弟にもろに当たり、2人は飛ばされてしまいます。

さらにソーナノのいる枝に当たった兄弟は、ソーナノを巻き込んで3匹で飛んでいきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ピカピカ星空キャンプ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ