映画:フラ・フラダンス

「フラ・フラダンス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

フラ・フラダンスの紹介:2021年12月3日公開の日本アニメーション映画。福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」のダンシングチーム、通称〔フラガール〕。「ステージから笑顔を届けたい」とフラガールの仕事を選んだ新入たちの奮闘と、彼女たちを支える人々との絆を描くオリジナル長編アニメーション映画。主人公の夏凪日羽(なつなぎひわ)役には俳優・歌手・モデルとして活躍する福原遥、同期の新人ダンサーたちに女優の美山加恋、富田望生、声優の前田佳織里、陶山恵実里。癒し系マネージャー役に山田裕貴、憧れの先輩社員役にディーン・フジオカ。総監督は「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム00」を手掛けた水島精二、監督に「劇場版アイカツスターズ!」の綿田慎也、脚本に「劇場版ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」の吉田玲子、キャラクターデザインに「アイカツ!」のやぐちひろこ。新社会人としての期待や不安、そして友情と成長が、新人ダンサーたちの瑞々しく真っすぐな姿で紡がれる、笑って泣けて元気になるエンタテインメント。

フラ・フラダンスの主な出演者

夏凪日羽(福原遥)、平和人(山田裕貴)、鈴懸涼太(ディーン・フジオカ)、鎌倉環奈(美山加恋)、滝川蘭子(富田望生)、オハナ・カアイフエ(前田佳織里)、白沢しおん(陶山恵実里)、夏凪真理(早見沙織)、塩野崎あやめ(相沢梨紗)、カピリナなずな(上坂すみれ)、夏凪日羽〔幼少期〕(東山奈央)、日羽の父(三木眞一郎)、日羽の母(中村繪里子)、小松菜子(奥野香耶)、七草せり(本泉莉奈)、コージ・レックス(木村昴)、マカナ大野(根谷美智子)、早坂先生(高島雅羅)

フラ・フラダンスのネタバレあらすじ

【起】– フラ・フラダンスのあらすじ1

フラ・フラダンスのシーン1

画像引用元:YouTube / フラ・フラダンストレーラー映像

福島県いわき市。

一面にひまわりが植わっている場所では、夏にひまわりの花が咲いていました。そこに佇む少女は、夏凪日羽(なつなぎ ひわ)です。まだ少女の日羽に、年が離れた姉・真理(まり)が声をかけます。

姉・真理はフラガールでした。今度ソロで踊ると報告した真理は、日羽の前でフラダンスを踊ってみせます。日羽も真理の真似をして踊り、その様子を両親が笑顔で見ていました。

しかし…ひまわりの花がしぼみます…。

現在。

日羽は高校3年生になっています。日羽の実家は美容室「おしゃれサロンなつなぎ」で、両親が経営しています。目覚まし時計で起きた日羽は、母に朝食はいらないと言い置きました。父も母も日羽に声をかけますが、笑顔はありません。電車に乗って登校した日羽は、髪がぼさぼさのままなのを同級生の親友・小松菜子と七草せりにたしなめられます。

高校最終学年の日羽たちは、卒業後の進路に悩んでいました。放課後にコンビニのイートインの場所で話をします。せりは美容師になると宣言し、菜子は大学を受験しようかと話します。日羽は悩んでいましたが、コンビニに貼られたポスターを見ました。子どもの頃、姉の真理を目指してプロダンサーになりたいと自分で言ったのを思い出しました。

コンビニのポスターは、スパリゾートハワイアンズの新人フラガール募集の告知ポスターでした。日羽は姉の真理と同じフラガールになろうかと考えます。

帰宅して自室でフラダンスを踊った日羽は、バランスを崩して転倒しました。音に驚いて両親が部屋にやってきますが、日羽がフラダンスを踊って転んだと聞くと、安心して笑いました。両親の笑った顔を見た日羽は、久しぶりに笑顔を見たと思います。

日羽の姉・真理は、東日本大震災の発生当日に命を落としていました(これが判るのは映画の後半です)。いつも笑顔の姉・真理がいなくなった日羽の家は、火が消えたようでした。

姉の職場について調べていると、部屋にあるフラダンスの人形、スパリゾートハワイアンズのキャラクター・CoCoネェさんが「笑顔よ、笑顔」といきなり声を発したので日羽は驚きます。「ここよ。ここ、ここ~」「アロ~ハ~」と人形が話すので、日羽はすごく焦ります…。

…それから1年後。4月。

日羽は、いわき市常磐にある常磐興産のリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」への就職が決まりました。今日が入社式です。フラダンスを習った経験がなかったものの、日羽がダメ元で受けると採用されました。日羽自身も驚いています。

入社式の会場で、日羽は同期の子たちと会いました。日羽たちはこれから入社とともに常磐音楽舞踊学院に入学をし、フラダンスの授業を2年間教わります。プロのフラガールとして活動もするので忙しい日々を送る予定です。

会場でひとりひとりが自己紹介をします。鎌倉環奈は神奈川出身で、高校でもフラダンス部に入部していました。全国大会で優勝経験もあります。

オハナ・カアイフエはハワイ出身の少女です。地元で見たフラガールのハワイ公演を見て憧れたと話しました。

滝川蘭子は秋田出身です。少し太めの女の子で、元気と笑顔にあふれています。ホラーが苦手で踊るのが好きだと言いました。

次に日羽も自己紹介をしますが、上手に話せません。

山形出身の白沢しおんは緊張する子で、踊りは好きなのですが消極的でした。緊張のため入社式を逃げ出したしおんを、みんなで捕まえます。入社式から前途多難でした。

入社した日羽たちは、早速次の日からダンスを学び始めます。ダンスだけでなくフラのステージの見学もし、先輩の塩野崎あやめやカピリナなずなと会いました。あやめはステージの上では「プアラあやめ」と名乗っていました。ステージ上では現地のことばの名前をもらうのです。「カピリナ」は「絆」、「プアラ」は「太陽の花」という意味でした。日羽の姉・真理は「プアラ真理」と名乗っていました。同期のあやめがプアラの名を引き継いでいると気づきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フラ・フラダンス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×