映画:プリンスオブエジプト

「プリンスオブエジプト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

プリンス・オブ・エジプトの紹介:旧約聖書の出エジプト記に記されているヘブライ人のエジプト脱出を描いたアニメーション映画。スティーブン・スピルバーグが率いるドリームワークスが設立以来暖め続けていたプロットを元に、4年の歳月をかけて制作された。ドリームワークス2作目の長編アニメーション作品であり、興行収入2億ドルを越えるヒットを記録。主題歌はホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーのデュエットによる『When You Believe』で、98年度アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞。  

あらすじ動画

プリンスオブエジプトの主な出演者

ヴァル・キルマー(モーゼ)、レイフ・ファインズ(ラムセス)、ミシェル・ファイファー(ツィッポラ)、サンドラ・ブロック(ミリアム)、ジェフ・ゴールドブラム(アロン)、ダニー・グローヴァー(エトロ)

プリンスオブエジプトのネタバレあらすじ

【起】– プリンスオブエジプトのあらすじ1

はるか昔、エジプトでは長年ヘブライの民は奴隷として扱われ、王家の建物を建設する為に過酷な労働を強いられていました。

そんな中でも人々は自分達の神が救いに現れ、約束の地へ導いてくれるのをひたすら待ち望んでいました。

ある日、ヘブライ人の増加と反乱を恐れたエジプト王ファラオは、間引き行うことを決定します。

兵士達が次々とヘブライ人の母親達から赤ん坊を奪っていく混乱の最中、ある母親と二人の子供、ミリアムとアロンの三人は兵士達の目を必死で掻い潜り、まだ赤ん坊である末の息子を助けるべくパピルスの籠に息子を乗せ、ナイル川に流します。

涙を流しながら見送る母親。

船のオールやワニによって危機に晒されながらも、何とか籠は王宮へと辿り着きます。

王宮の水辺には女王とその息子ラムセスがいました。

女王は籠の中の赤ん坊を見つけ、以来モーゼと名付け自分の息子として育てることにします。

そしてエジプトの王子として成長したモーゼとラムセスはやんちゃしてばかり。

二人は父親であるファラオに叱られます。ファラオは長男であるラムセスに王家を継がせたいが為、特に厳しく当たります。

落ち込むラムセスをモーゼは慰めます。

お前がいつも何か悪さを始めて、結局いつもこっちがトラブルを負うことになるとラムセスは文句を言います。

兄さんは考えすぎるところが良くないとあっけらかんと言うモーゼ。

お前は考えなさ過ぎだと言い返すラムセス。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プリンスオブエジプト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×