映画:プルートのありがた迷惑

「プルートのありがた迷惑」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

プルートのありがた迷惑の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって・公開製作された作品。ミッキー・マウスの愛犬であるプルートが主人公のシリーズ第35作目にあたる作品である。今作ではプルートはミニーとフィガロの飼い犬として登場している。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属していたチャールズ・A・ニコルズ。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

プルートのありがた迷惑の主な出演者

プルート(ピント・コルヴィグ)、ミニー(ルース・クリフォード)

プルートのありがた迷惑のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- プルートのありがた迷惑のあらすじ1

プルートのありがた迷惑のシーン1  ミニーがセーターを編んでいます。その様子をプルートとフィガロが見ていました。てっきり二匹は、ミニーが自分で切るセーターを編んでいると思っていましたが、できあがったそのセーターは大きく、穴が4つ開いています。これは、プルートに着せるものだったのです。服を着せられるのが嫌いなプルートは驚きました。

【承】- プルートのありがた迷惑のあらすじ2

プルートのありがた迷惑のシーン2  プルートはセーターを持ってくるミニーから必死に逃げます。ソファーの下に隠れたりと試行錯誤しますが、結局無理矢理着せられてしまいました。プルートはミニーが見ていない隙に脱ごうとしますが、自分だけの力では簡単にはいきません。フィガロはその様子を笑って見ています。プルートは頑張りますが結局ミニーに見つかってしまいました。そしてミニーに玄関から外に出されてしまいました。そこへ、犬仲間がやって来て、セーターを着ている姿を笑われてしまいました。恥ずかしくなったプルートはそのままトボトボと歩きだしました。

【転】- プルートのありがた迷惑のあらすじ3

プルートのありがた迷惑のシーン3  外を歩いているプルート。歩いているうちに木の枝にセーターがひっかかったり、何度か脱げそうになるチャンスはありますが上手くいきません。脱ごうと必死になるうちにプルートは池に落ちてしまいました。水を含んだセーターは縮みだします。そしてその勢いでプルートの顔に縮んだセーターがピタリとはまり、目だけが出ているような状況になりました。プルートはその状態のまま家まで帰りました。

【結】- プルートのありがた迷惑のあらすじ4

プルートのありがた迷惑のシーン2  家ではミニーがホラー小説を読んでいました。ふと、隣に気配を感じて目をやると、ピンク色のモンスターのようなものと目が合いました。驚いて悲鳴を上げるミニー。しかしよく見ると、縮んだセーターのプルートでした。ミニーはプルートの顔からセーターを脱がし、それをじっと見つめます。ミニーは「セーターが縮んじゃった」と小さくなったセーターを持って泣き出しました。プルートは困りますが、あることを思いつき、ミニーに合図をします。プルートが指さした方には、ソファーの上で笑っているフィガロがいました。縮んだセーターはフィガロに丁度良かったのです。ミニーは笑顔になり、フィガロにセーターを着せました。嫌がるフィガロを見てプルートは他人事のように大笑いしたのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

プルートの意地悪な表情が見れたり、現在のディズニー映画ではないような描写が多く、面白いです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください