映画:プルートのありがた迷惑

「プルートのありがた迷惑」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

プルートのありがた迷惑の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって・公開製作された作品。ミッキー・マウスの愛犬であるプルートが主人公のシリーズ第35作目にあたる作品である。今作ではプルートはミニーとフィガロの飼い犬として登場している。監督を務めたのは、ウォルト・ディズニー・プロダクションに所属していたチャールズ・A・ニコルズ。

あらすじ動画

プルートのありがた迷惑の主な出演者

プルート(ピント・コルヴィグ)、ミニー(ルース・クリフォード)

プルートのありがた迷惑のネタバレあらすじ

【起】– プルートのありがた迷惑のあらすじ1

プルートのありがた迷惑のシーン1

画像引用元:YouTube / プルートのありがた迷惑トレーラー映像

 ミニーがセーターを編んでいます

その様子をプルートとフィガロが見ていました

てっきり二匹は、ミニーが自分で切るセーターを編んでいると思っていましたが、できあがったそのセーターは大きく、穴が4つ開いていますこれは、プルートに着せるものだったのです

服を着せられるのが嫌いなプルートは驚きました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「プルートのありがた迷惑」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ